宗家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宗家(そうけ)は、ある一族、一門において正嫡(嫡流)の家系。またその家系の当主。本家

日本ではこれから転じて、能楽などの伝統芸能や古武道などで家元の言いかえとして用いられる称号として用いられる。もとは観世流観世銕之丞家に対して家元家を宗家と呼んだところからおこったもの。宗家位、宗家号とも。流派の経営、普及活動及び一門の統率、門下生の教育を旨とする。流派により宗家自ら師範となる場合、弟子に門下生の指導を委ねる場合とがある。

宗家と嫡家[編集]

いわゆる嫡流家柄家系を宗家というが、嫡流でありながら何らかの事情で一族を統率するいわゆる嫡宗権を失った血筋を嫡家といった。これに対して、庶流であっても嫡流に代わり一族の統率権を得た家系を宗家または本家といって区別した。

武術と宗家[編集]

日本の武術流派では、明治以前には宗家と言う言葉は使用されておらず(天神真楊流のように例外的に家元の呼称が用いられた流派はある)、各地の門弟を統率するような存在は無かった。通常弟子が師匠から免許や指南免許等を得た時点で、独自に門弟を指導し、免許を発行する権利(免許発行権)も与えられるのが普通であった。

通常の全伝学習の証としての免許皆伝と、弟子を取り立てて教授する事を師匠が許す指南免許を区別する流派も存在した。指南免許の位置付けは免許皆伝の前の段階とする流派と免許皆伝の後とする流派があり、前者は流派における師範代的な印可であり、後者は免許皆伝を得ても指南免許を得なければ正当な教授資格者とは認められず、教授者の同地域内における飽和を防ぐ意味合いがあったと考えられる。極端な話としては皆伝巻を晩年に宗家や師範家に返伝すると言う風習のある流派もあったと言われている。

そのため各地に多くの流派や分派がうまれた。明治以降は武術も全国組織化する事が多くなり、流派の師範が全国の門弟たちを統率できるようになり、宗家制が取り入られる事が多くなった。

関連項目[編集]