祖霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

祖霊(それい・みおやのみたま)とは、先祖のこと[1]

概要[編集]

祖霊とは死者の霊のうち、死霊とはならず、死後世界へ旅立った精霊(しょうりょう・しょうろう)のうち、直系子孫が居るもの[要出典]

柳田國男は、傍系の子孫や縁故者が弔いをされるものなどが祖霊と呼ばれている[要出典]とした。

柳田國男は、神道の死生観では、人は死後、インドの仏教のように転生したり、日本の仏教のように地獄極楽へ行ったり、キリスト教のような遠い死者の世界に行ったりするのではなく、生者の世界のすぐ近く(山中や海上の他界)にいて、お盆正月に子孫の元に帰ってくると考える[要出典]、と解釈した。




家系と祖霊[編集]

祖先の霊から共同体の神へ

精霊は祖霊にさらにに昇化する[要出典]とする考え方もあり、そのような祖霊は祖神(そじん)や氏神(うじがみ)として氏族集落などの共同体で祀られることになる。沖縄地方では7代で神になるとされていた[要出典]

弔うことによりすべての霊は御霊となる

柳田國男は、日本の民間信仰(古神道)では、死んでから一定年数以内の供養の対象となる霊は「死霊」と呼び、祖霊と区別する。死霊は供養を重ねるごとに個性を失い、死後一定年数(50年、33年、30年など地域により異なる)後に行われる「祀り上げ」によって、完全に個性を失って祖霊の一部となる[要出典]、とする。

家系による祖霊崇拝の在り方

祖先の霊を祀るために墓所や縁故の場所に小祠を設けたものを霊社、祖先の代々を合せた霊社を祖霊社と言った。その崇祀は子孫に限られ、他者を排する傾向があった[要出典]伊勢神宮の古代の私幣禁断には天皇家の祖霊を祀る場所としての排他の論理がある[要出典]という。

脚注[編集]

  1. ^ 『広辞苑 第五版』

関連項目[編集]