関口新心流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関口新心流柔術図・文化9年 (1812年) に安井金比羅宮へ奉納された秘術図とされる絵馬から復元

関口新心流(せきぐちしんしんりゅう)は、江戸時代初期に関口氏心(せきぐちうじむね)が開いた柔術流派である。

概要[編集]

柔術と併せ剣術居合術も伝承し、この三術で一武道体系を築く流派で、幕末まで紀州徳川家御流儀のひとつであった。

関口流新心流と俗称されることもある。

流名の由来[編集]

氏心が「日々、新たなる心で工夫を成し」柔(やわら)を大成したことに因み、関口新心流としたと伝えられる。藩によっては関口真心流と表記する場合もある。

歴史[編集]

関口氏は今川氏庶流であったが、松平元康(徳川家康)の正室 築山殿が関口氏出身であったこと、桶狭間の戦い以後の今川氏の没落、今川氏真との確執により、松平氏(徳川氏)に仕えることとなる。氏心の父・関口外記氏幸は家康の嫡子松平信康の家臣であったが、信康の死後は浪々の身になったとされる[1]

流祖[編集]

氏心 (隠居剃髪後の号から、「柔心・じゅうしん」とも呼ぶ)は幼少の頃より武芸で身をたてることを決意し、諸国修行のうち居合の始祖とされる林崎甚助から[2]居合術、三浦義辰から組討術[3]、長崎にてもろこしの拳法[4]などを修行し、自らの工夫をこらし柔を大成したと伝えられる。

当初は信昌の孫、松平忠隆加納藩主)に仕えたが、忠隆の死後は本多氏「本多政朝姫路藩主)、本多政勝郡山藩主)」に仕えたが出奔、大久保忠職明石藩主)預かりとなったのち、徳川頼宣紀州藩主)に客分として召し出された。

系譜[編集]

柔心の跡を継ぎ、長男・関口氏業(うじなり・氏行とも表記、号は「魯伯・ろはく」)が継承するが、武士の俸禄は自力で得るものとして諸国修行に出る。江戸にて、真田幸道松代藩主)、渋川義方渋川流流祖)らに教授したとされる。数々の奇行が伝聞されている氏業だが、文武に通じた識者であったため、紀州に帰参後は寺社奉行などの要職についた。

3代は、次男・関口氏英(うじひで・号は了性)、4代は三男・関口氏暁(うじあき・号は蟻楼)、5代以降は次男・氏英の子孫が代々継承している。

江戸時代に関口家の歴代当主が御流儀指南として仕えた紀州藩のほか、全国的に普及して三大流派のひとつとされた流派であり、現在も関口家が和歌山県で伝承し、現宗家(13代)は、関口芳夫(和歌山市在住)[5]が受け継いでいる。

2006年平成18年)3月16日、和歌山市指定無形文化財[6] に指定された。続いて、2010年(平成22年)3月16日に、「関口新心流柔術・居合術・剣術」として和歌山県指定無形文化財に指定された[7]

また紀州以外でも同流の分派が連綿と継承されている。

関口新心流第4代・関口氏暁の系統である岡山藩に伝わったとされる関口流富田派が、柔術棒術居合などを伝える総合武術として和歌山三重大阪を中心に、北海道など各地に支部を持ち伝承されている。  

逸話[編集]

氏心はあるとき、屋根から落ちた猫が空中で反転し無事に着地したのを見て、人間にも出来るはずと工夫し受身を創案したという伝説がある。

頼宣は家中武芸者の実力に関し、一切の妥協を許さないところがあり、時折、その実力を自ら試したという。頼宣はあるとき、城内の庭園で氏心に親しく話しかけ、安心させたところを後ろから小姓に突かせた。瞬時に転身をした氏心に、逆に小姓が池に落ち怪我をしたため、氏心に感服し二度と試すことはなかったという。

渋川流[編集]

もっとも有名な関口新心流の分派に関口八郎左衛門氏業(1630年-1716年)の高弟、渋川伴五郎がいる。彼は延宝8年(1680年)に皆伝を受けた後、関口氏業の江戸行きに従い、師と共に関口流の教伝に腐心していた。

渋川の晩年の門人弓場弾右衛門政賢の代より渋川流を称している。

関口流抜刀術[編集]

江戸の昔から熊本に伝承されて来た関口流抜刀術は、肥後藩御鉄砲頭の井澤十郎左衛門長秀(1686年-1730年)が、関口新心流の師範であった渋川伴五郎義方(1652年-1704年)より学んだ居合を肥後藩士に伝えた系統である。

井澤の尽力により肥後に伝播した関口流抜刀術は、維新後も熊本の地で連綿とその道統を守り続け、大正〜昭和に活躍した第14代師範の青木規矩男が県外の皆伝弟子3名に相伝を出して道統を託している。

山東と大石の二師から関口流抜刀術を学んだ青木は、時代時代に二天一流共々流儀研究の成果と修行の補完に付加伝を加えていて、古伝である座居合の所作と名称、付加伝の本数及び内容(懐剣、立合抜刀、奥之形)が異なっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 剃髪し出家したとも、築山殿の娘 加納姫(亀姫)が奥平信昌に嫁いだ時に侍従したともいう。『蒲原町史』によれば、関口・瀬名各系譜を考証した上で、関口外記氏幸およびその父兼興は「北条ニ任フ」とされ、徳川家に仕官した事を裏付ける同時代の記録はない。『新編武蔵風土記稿』によれば、関口外記は後北条氏の家臣として武蔵国橘樹郡子安郷を知行した。
  2. ^ 一説には孫弟子とも伝えられる。
  3. ^ 義辰が陳元贇から中国拳法を伝授されたのは寛永頃とされる。
  4. ^ 元和頃に陳元贇から伝授されたとの説もある。現代では、武道史研究家の高橋賢が「陳元贇が武術を伝えたとするのは後世の虚構」とする説を唱えている。当時、中国人より武技を授かった伝説で権威付けをした流派は他にもあり、高名な文人である陳元贇の名を使ったとも考えられている。また、当時の陳元贇が書き記したものや、そのほかの記録に一切武術に関する事が無い。陳元贇と拳法、柔術の関係が言及されるのは後世の文献のみである。それらの文献では、陳元贇は故郷で「人を捕らうる術」を見聞きした、と三浪人に語った事になっており、教授したわけではなく、中国で見聞きした事を語った可能性が高い。
  5. ^ 日本古武術協会 加盟流派一覧
  6. ^ ニュース和歌山 / 2006年3月29日(水)号の紙面から
  7. ^ 和歌山県教育委員会 県指定文化財・無形文化財

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]