肥後国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 西海道 > 肥後国
肥後国
地図 令制国 肥後国.svg
-肥後国
-西海道
別称 肥州(ひしゅう)[1]
所属 西海道
相当領域 熊本県
諸元
国力 大国
距離 遠国
14郡99郷
国内主要施設
肥後国府 1.(推定)熊本県熊本市南区
2.熊本県熊本市中央区
3.(推定)熊本県熊本市西区
肥後国分寺 熊本県熊本市
肥後国分尼寺 熊本県熊本市
一宮 阿蘇神社(熊本県阿蘇市
テンプレートを表示

肥後国(ひごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。

沿革[編集]

元来は肥前国と合わせて火国(肥国、ひのくに)であった。火国の名は、活発な噴火活動を行っている阿蘇山に由来するといわれる。また一説には、肥前・肥後両国の有明海沿岸に広がる干潟に由来するともいう。「肥後国」として初めて文献に現れるのは持統天皇10年(696年)頃であり、7世紀中に肥国を分割して肥前国と肥後国が成立したと推定される。

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府所在地を記した文献は次の通り。

国府は託麻郡、益城郡、飽田郡と変遷したとされる[5]。それぞれ託麻国府は熊本市国府(位置)、益城国府は未詳(諸説)、熊本市二本木の二本木遺跡と推定されている[5]

国分寺・国分尼寺[編集]

  • 肥後国分寺跡 (熊本市出水、位置
    託麻国府に近接。熊野坐神社境内に塔心礎が残る。跡地上の医王山国分寺が法燈を伝承する。

尼寺跡は未詳。

神社[編集]

延喜式内社

延喜式神名帳』には、次に示す大社1座1社・小社3座3社の計4座4社が記載されている(肥後国の式内社一覧参照)。大社1社は次に示すもので、名神大社である。

総社一宮以下

『中世諸国一宮制の基礎的研究』に基づく総社・一宮以下の一覧[6]

以上のほか、郡浦神社宇城市三角町郡浦)が三宮を称する[8]

安国寺利生塔[編集]

  • 安国寺 - 熊本県熊本市横手。
  • 安國寺 - 熊本県宇土市花園町佐野。
  • 安国寺 - 熊本県菊池市豊永。
  • 利生塔 - 如来寺(熊本県宇土市岩古曽町)内に設置。

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

※日付=旧暦

肥後守[編集]

肥後介[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国時代[編集]

戦国大名[編集]

  • 菊池氏:肥後国守護。1504年、22代菊池能運が没すると、急速に没落
  • 阿蘇氏:阿蘇神社大宮司家で鎌倉以来の名門だが、1585年島津氏に降伏
  • 相良氏:最盛期には球磨・八代・葦北を領するが、1581年島津氏に降伏。後に豊臣政権の小大名として復活

豊臣政権の大名[編集]

  • 佐々成政:肥後一国、1587年 - 1588年(肥後国人一揆の鎮圧に失敗し、改易・死罪)
  • 加藤清正:肥後北半国19万5千石(熊本城)、1588年 - 1600年(関ヶ原の戦い後、肥後一国52万石の熊本藩に)
  • 小西行長:肥後南半国20万石(宇土城)、1588年 - 1600年(関ヶ原の戦い後、改易・死罪)
  • 相良頼房:人吉2万石、1587年 - 1600年(関ヶ原の戦い後も本領安堵、人吉藩に)

武家官位としての肥後守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

肥後国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別称「肥州」は、肥前国とあわせて、または単独での呼称。
  2. ^ 『和名類聚抄 20巻』(国立国会図書館より)29コマ参照。
  3. ^ 『拾芥抄 3巻』(国立国会図書館より)59コマ参照。
  4. ^ 『節用集 易林本』(近代デジタルライブラリーより)144コマ。
  5. ^ a b 中世諸国一宮制 2000年, p. 621.
  6. ^ 『中世諸国一宮制の基礎的研究』(岩田書院、2000年)pp. 618-621。
  7. ^ a b 中世諸国一宮制 2000年, p. 620.
  8. ^ 三角町史編纂委員会編纂 『三角町史』 三角町役場、1987年。

参考文献[編集]

  • 『中世諸国一宮制の基礎的研究』 中世諸国一宮制研究会編、岩田書院、2000年ISBN 978-4872941708

関連項目[編集]