肥後ずいき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

肥後ずいき(ひごずいき、肥後随喜肥後芋茎)は熊本県に産するハスイモの茎を干したものである[1]。食用(芋茎)としても用いられるが、ここでは性具としての利用について記述する。肥後細川藩徳川将軍家への献上品に定め、参勤交代の土産物として持参したとされる[2]大奥などで使用され、現在では熊本土産として購入することができる。

概要[編集]

  • 製法・原理・効能
ハスイモの葉柄の皮をむいて乾燥させたものである。これは食用にもなるが、芋そのものは固くて食用にはならない。これに含まれる成分サポニンが男女の生殖器、とりわけ女性のに刺激をもたらし性的快感を与える。また、この有効成分により陰茎に流入する血流が増加し、陰茎も一時的に増大する。腐敗させなければ、製品から有効成分がなくなってしまうまで何回か使用できる。
  • 製品種類
紐状にしたままのものや、皮を編み上げ張形として使えるようにしたもの、あるいは陰茎にかぶせるキャップ状に編み上げられたもの等がある。
  • 「ずいき」の名称は、夢窓疎石の「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」という歌に由来するとされる。これは「白露」を精液暗喩として、肥後ずいきの効能を詠んだ猥歌であるとの解釈が可能である。

使用方法[編集]

水または湯に浸して柔らかくしてから使用する。紐状の肥後ずいきは陰茎に巻きつけ、キャップ状に編み上げられたものは陰茎にかぶせて性交する。また、編み上げられて作られていた肥後ずいきが解けても、陰茎に巻き付けて使用することができる。ただし、コンドームを使用すると男性側には有効成分が作用せず、快感が増えることはない。

また、成分を抽出したもので、独特のムズムズ感を誘発するジェルやクリームも発売されている[3]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ひご‐ずいき goo辞書
  2. ^ 肥後ずいき専門店【熊本の民芸品こけし】
  3. ^ 「 芋茎はズイキと読むアダルトグッズ販売 」 ラブスマイル