獅子島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 鹿児島県 > 出水郡 > 長島町 > 獅子島
獅子島
座標 北緯32度16分44.1秒
東経130度14分25.5秒
面積 17.01 km²
最高標高 393 m
所在海域 八代海
所属国・地域 日本の旗 日本鹿児島県出水郡
テンプレートを表示
片側(かたそば)の風景

獅子島(ししじま)は、鹿児島県出水郡長島町を構成するの一つであり、鹿児島県の有人離島では最北に位置し、また県の最北端でもある。人口は約1,050人。

また、行政区画としての「獅子島」は鹿児島県出水郡長島町の大字となっており、獅子島の全域がこれに該当する。

概要[編集]

獅子島には約1億年前頃の白亜紀層(御所浦層群)をはじめ、古第三紀始新世までの地層がみられ、アンモナイトや三角貝、首長竜などの化石が見つかっている。

室町時代の後期頃までの獅子島は、「東仲島」と呼ばれ肥後国(現熊本県)に属していたが、当時の領主「獅子谷七郎」が、1565年(永禄8年)島津氏との戦に敗れ、以後その支配の下薩摩国(現鹿児島県)に属するようになった。その後、前領主の姓をとって、獅子島に島名が変更された。

島は、雲仙天草国立公園にも入っており、「薩摩松島」などとも呼ばれる。また周囲は、リアス式海岸となっており、複雑な地形で釣りのポイントが多い。スキューバダイビングもできる。

漁業はその地形を生かし、ブリ・タイ・ヒラメなどが養殖される。また農業では、甘夏みかん、バレイショなどが栽培される。

毎年4月に、獅子島招魂祭が開かれる。招魂碑のある島の最高峰「七郎山」に登り、獅子谷七郎とその家臣達を供養し、島の繁栄を祈願する。

教育[編集]

中学校
小学校

交通[編集]

鹿児島県側から
  • 山坂汽船の「フェリー海竜
    獅子島片側港~(20分)~長島町諸浦港
  • 波戸汽船の旅客船「すずかぜ」
    獅子島御所ノ浦港獅子島片側港諸浦島葛輪港~伊唐島伊唐港~長島宮ノ浦港~出水市米ノ津港(2時間30分)
  • 山坂汽船の旅客船「ニューしんせいあづま」
    獅子島幣串港~伊唐島伊唐港~長島宮ノ浦港(40分)
熊本県側から

この他、島内交通として、獅子島乗合バスが運行されている。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]