KML

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

KML(ケイエムエル)は、アプリケーション・プログラムにおける三次元地理空間情報の表示を管理するために開発された、XMLベースのマークアップ言語である。2008年4月にKML2.2版は、そのままOpen Geospatial Consortium, Inc (OGC) という地理情報システムオープンソース化を目指す団体の規格にOGC KMLとして取り入れられた[1]

名称の由来[編集]

KMLという名称は、もともとKeyhole Markup Language頭字語として作り出された。しかしこの書き出し語は、OGCに採用された時点で旧称という扱いになった。Keyholeというのは現在Google Earthとして知られているソフトウェアの旧名であり、Google社に合併したKeyhole社内で開発されたことに由来する。このKeyholeは偵察衛星コロナの型名(KH)の由来であったことにちなむ。

KML文書[編集]

KML文書はテキスト形式で、Google EarthGoogle MapsGoogle Mobileで表示する要素(目印、イメージ、ポリゴン、3次元モデル、説明など)を記述する。3次元モデルはCOLLADA形式で記述することができる。各地点は、常に右手系経緯度情報を持つ。それ以外に、“カメラ・ビュー”を構成するのに必要なティルト、カメラの向き、高度など、より詳細なデータを記述することもできる。KMLはGMLと同様の文法構造を持つ[1]。ただしGoogle MapsやGoogle MobileではKMLで記述された情報の一部は表示することができない[2]。Google Maps(およびそのAPI)では公開ウェブサイトに置いたKMLファイルの記述情報を表示できる。

KMLファイルは、.kmlという拡張子を持つテキストファイルであり、しばしばZIPで圧縮された.kmzという拡張子を持つKMZファイルとして頒布される。KMZファイルを解凍すると、"doc.kml"というファイルが一つと、そのファイル中で参照されているオーバーレイ用のイメージ・ファイルやアイコン用のイメージファイルなどが出てくる。

KML文書の例:

 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <kml xmlns="http://earth.google.com/kml/2.0">
 <Placemark>
   <description>New York City</description>
   <name>New York City</name>
   <Point>
     <coordinates>-74.006393,40.714172,0</coordinates>
   </Point>
 </Placemark>
 </kml>

KMLのMIMEタイプはapplication/vnd.google-earth.kml+xmlであり、KMZはapplication/vnd.google-earth.kmzである。

KMLにおける測地規準系[編集]

KMLは、座標の前提となる測地基準系の定義をサポートしていない。したがって、Geomatics(地理情報学?)測地学などの専門的な用途には用いることができない。

パーサー[編集]

KMLおよびKMZをパース(解釈)し地図上に表示する機能がアプリケーションなどに備わっている。

KMLを使用するアプリケーション[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ OGC KML