筑後国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
筑後国
地図 令制国 筑後国.svg
-筑後国
-西海道
別称 筑州(ちくしゅう)[1]
所属 西海道
相当領域 福岡県南部
諸元
国力 上国
距離 遠国
10郡54郷
国内主要施設
筑後国府 福岡県久留米市(筑後国府跡)
筑後国分寺 福岡県久留米市
筑後国分尼寺 (推定)福岡県久留米市
一宮 高良大社(福岡県久留米市)
テンプレートを表示

筑後国(ちくごのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。西海道に属する。

沿革[編集]

筑紫つくしのくに)の分割によって、筑前国とともに7世紀末までに成立した。

戦国時代は、筑後の守護大友氏であり、その勢力下にあったが、実際に筑後を支配し統括したのは筑後十五城と呼ばれた大名分の国人領主たちであり、筑後南部(下筑後地域)は蒲池氏田尻氏黒木氏が、筑後北部(上筑後地域)その他は星野氏草野氏問註所氏その他の大身が割拠した。

江戸時代は、筑後北部は有馬氏(摂津有馬氏)の久留米藩、筑後南部のうち柳川市みやま市など大半は立花氏柳河藩大牟田市は柳河藩と親類関係にある三池藩であった。

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は御井郡(三井郡)にあった。国府の位置は、江戸時代に久留米藩の学者である矢野一貞によって、三井郡合川村に推定された。1961年(昭和36年)に、九州大学考古学研究室によって初めて阿弥陀遺跡の発掘調査が行われ、瓦や礎石列・築地跡か見つかったことから、国庁の存在が確実になった。その後の発掘調査で、国庁は現在の久留米市内を転々としたことが判明している。

I期国庁
古宮・田代遺跡。7世紀後半に造営された。深い溝を設けるなど軍事的な色彩が濃い。
II期国庁
8世紀半ばに阿弥陀遺跡へ移転。礎石を有し、工房や国司館を備えている。藤原純友の乱によって破壊。
III期国庁
10世紀前半に朝妻遺跡へ移転。大宰府政庁(Ⅲ期)よりさらに大規模な平面プランをもっていた。
IV期国庁
11世紀後半に横道遺跡へ移転された。以降、文献上には12世紀後半まで記述が残る。

1996年(平成8年)に、筑後国府跡として国史跡に指定された。現在、阿弥陀遺跡に石柱と解説パネルがある。また、横道遺跡は久留米市立南筑高等学校校内にあたり、当時の建物の柱列が復元されている。

国分寺・国分尼寺[編集]

筑後国分寺跡
福岡県久留米市宮ノ陣町宮瀬。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、大社2座2社・小社2座2社の計4座4社が記載されている。大社2社は以下に示すもので、いずれも名神大社である。
  • 三井郡 高良玉垂命神社 (現 高良大社、久留米市)
  • 三井郡 豊比咩神社 - 久留米市内に論社4社。
総社一宮
  • 総社 味水御井神社 - 古くから高良大社摂社であり、実質的には高良大社が総社の機能も持っていたと見られる。
  • 一宮 高良大社

二宮以下は存在しない。

安国寺利生塔[編集]

  • 安国寺 - 福岡県久留米市山川神代。
  • 利生塔 - 今は廃寺の淨土寺(福岡県大川市酒見)内に設置。

筑後十五城[編集]

地域[編集]

[編集]

10郡(延喜式)

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

筑後守[編集]

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけては筑前守および筑後守を同様に扱われた。

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

戦国時代[編集]

戦国大名[編集]

  • 蒲池氏:大友氏の下で柳川城を本城とし、筑後筆頭大名と言われた。大友氏没落後、龍造寺隆信に敗れ、大名としては滅亡。
  • 大友氏:豊後を本拠とし、筑後守護も兼ねる。筑後においては龍造寺氏との戦いに敗れ衰退。
  • 龍造寺隆信:本拠は肥前。1581年蒲池氏を滅ぼしたが、隆信は1584年に沖田畷の戦いで戦死、肥前に後退した。

豊臣政権の領主[編集]

武家官位としての筑後守[編集]

江戸時代以前[編集]

江戸時代[編集]

筑後国の合戦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 別称「筑州」は、筑前国とあわせて、または単独での呼称。

関連項目[編集]