岩瀬忠震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岩瀬 忠震
Iwase Tadanari.jpg
時代 江戸時代末期
生誕 文政元年11月21日1818年12月18日
死没 文久元年7月11日1861年8月16日
別名 修理・篤三郎(通称)、善鳴・百里(字)、鴎州・鴎所(
墓所 雑司ヶ谷霊園
官位 従五位下伊賀守肥後守、贈正五位
幕府 江戸幕府目付外国奉行作事奉行
主君 徳川家斉家慶家定家茂
氏族 設楽氏岩瀬氏
父母 父:設楽貞丈、母:林述斎の娘
養父:岩瀬忠正
岩瀬忠正の娘
篤之丞、修理、壮三郎、忠升、他に娘複数

岩瀬 忠震(いわせ ただなり)は、江戸時代後期の幕臣、外交官である。列強との折衝に尽力し、水野忠徳小栗忠順と共に「幕末三俊」と顕彰された[1]。維新後に正五位を贈られた。島崎藤村の「夜明け前」にも登場する。

生涯[編集]

旗本設楽貞丈の三男で、麻田藩青木一貫の曾孫、宇和島藩伊達村年の玄孫であり、男系で伊達政宗の子孫にあたる。母は林述斎林家の大学頭)の娘で、おじに鳥居耀蔵林復斎、従兄弟に堀利煕がいる。岩瀬忠正の養子となり、岩瀬家の家督を継いだ。

嘉永7年(1854年)、老中首座・阿部正弘にその才能を見出されて目付に任じられ、講武所蕃書調所長崎海軍伝習所の開設や軍艦、品川の砲台の築造に尽力した。その後も外国奉行にまで出世し、安政2年(1855年)に来航したロシアプチャーチンと全権として交渉し日露和親条約締結に臨んだ。

安政5年(1858年)にはアメリカ総領事タウンゼント・ハリスと交渉して条約締結に臨み、日米修好通商条約井上清直と共に署名するなど、開国に積極的な外交官であった。ハリスは、「井上、岩瀬の諸全権は綿密に逐条の是非を論究して余を閉口せしめることありき。…懸かる全権を得たりしは日本の幸福なりき。彼の全権等は日本の為に偉功ある人々なりき」と、後に当時の交渉のことを書き残している。

幕府は条約で決められた神奈川に代わり、対岸の横浜村[2]に開港場を設けることとしたが、忠震は条約の文言を重視して神奈川開港を主張した[3]

同年、13代将軍・徳川家定将軍継嗣問題徳川慶喜一橋徳川家当主)を支持する一橋派に属し、大老となった井伊直弼が反対派や一橋派の排斥を行う安政の大獄作事奉行に左遷された。安政6年(1859年)には蟄居を命じられ、江戸向島の岐雲園で書画の生活に専念した。文久元年(1861年)、44歳で失意のうちに病死した。

墓所は東京都豊島区雑司ヶ谷霊園横浜市新城市に顕彰碑がある。

後年[いつ?]、イギリス側で日英修好通商条約の交渉に当たった際の岩瀬の写真が発見された。この写真は、平成20年(2008年)に横浜開港資料館が借り受け、条約の資料とともに公開された[4]

幕府での職歴[編集]

※日付=旧暦

  • 嘉永6年(1853年)10月8日、小姓組番頭白須甲斐守政偆組学問所出役から徒頭(二番組)に異動。修理を称す。
  • 嘉永7年(1854年)1月22日、徒頭から目付・勝手掛・海防掛に異動。
  • 安政2年(1855年
    • 1月18日、下田へ出張。
    • 12月16日、従五位下伊賀守に叙任。
  • 安政4年(1857年
    • 4月15日、長崎へ出張。
    • 9月13日、老中に松平忠固が就任することにより、伊賀守から肥後守に転任。
  • 安政5年(1858年
    • 1月8日、老中堀田正睦の上洛に伴い副役と就る(同役に勘定奉行川路聖謨
    • 5月16日、琉球使節江戸参府に伴い、御用取扱兼帯。
    • 7月8日、目付から外国奉行に異動。
    • 9月5日、外国奉行から作事奉行に異動。
    • 12月20日、宗門改を加役(兼帯)。
  • 安政6年(1859年)8月27日、作事奉行御役御免。

三河岩瀬氏[編集]

三河岩瀬氏は藤原南家の末裔で、鎌倉時代に幕府官僚として活躍し、南北朝時代には、奥州の豪族となった二階堂氏の支族といわれる。岩瀬氏の祖は、15世紀に奥州から三河国に移り、戦国大名今川氏に仕官して、宝飯郡内(現、豊川市)に領地を授かる。また、岩瀬氏安の時代に松平清康に仕え、以後松平徳川のために尽くしたことが『寛政重修諸家譜』に述べられているが、松平・徳川方の史料には家康の父や祖父の頃から岩瀬氏が服属したとする史料は存在しない。東三河の土豪であった牧野氏真木氏、野瀬氏などと共にその周辺に根を張り、今川氏のため、西三河の松平氏と対峙していた勢力であったとみられる(『牛窪記』・『三河国文献集成』など)。もっとも、松平清康が三河国をほぼ統一した享禄4年(1531年)に、吉田城主牧野氏及び、真木氏には清康と戦った史料・伝説が存在するが、牛久保城主牧野氏及び岩瀬氏には清康と合戦したとの史料・伝説は未見である。

三河岩瀬氏の末裔[編集]

室町・戦国期の岩瀬氏の惣領家は、家康の関東移封に随従せずに宝飯郡千両村の郷士となり、明治を迎えている。

大塚城主・岩瀬氏俊の弟・和泉守入道善性が牛久保城主・牧野氏に付属したのが、徳川幕臣・岩瀬氏の祖である(相模国小田原藩重臣・岩瀬家文書、三河国古文書「大塚邨誌」岩瀬系譜など)。この家系の岩瀬氏は吉左衛門を通称として、家康に服属後もしばらくは牧野氏の傘下にあった。『寛政重修諸家譜』によると、永禄7年(1564年)に岩瀬氏は岡崎で家康に謁見して直臣に列したが、その後、当主は2代にわたり戦場で討ち死にしている。岩瀬氏が徳川・松平の家臣となったのは、清康以来説、永禄7年説、天正18年(1590年)説の3つがある。

江戸時代には、はじめ岩瀬吉左衛門家から、各300俵で分家として分出された幕臣(旗本)の末家が2つあった。忠震は分家の出身である。

また、幕臣岩瀬氏の同族異流として、相模国小田原藩大久保氏10万石の1,000石級の重臣となった、吉右衛門を通称する岩瀬氏がある。幕末に小田原藩の番頭席から家老職に抜擢された岩瀬大江進は、官軍の軍監を殺した責任をとるため切腹した。

脚注[編集]

  1. ^ 川崎紫山「幕末三俊」(1897年刊行)における言及、評価。
  2. ^ 岩瀬は江戸の経済を活性化するために、江戸近くに開港場を設けるべきとし、品川が遠浅で不適切なため、横浜を候補とした。それが日米修好通商条約交渉の過程で横浜・神奈川となり、最終的に神奈川となった。少なくとも幕府は神奈川には横浜が含まれるとの認識していたようである。
  3. ^ 佐野真由子著「オールコックの江戸」(中央公論新社2003年)87ページ、ISBN:978-4121017109
  4. ^ 横浜開港資料館平成20年度第1回企画展示・開港150プレリュード6・ハリスと横浜横浜市教育委員会ホームページ

参考文献[編集]

  • 森篤男『横浜開港の恩人岩瀬忠震』横浜歴史研究普及会 1980年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]