土佐国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 南海道 > 土佐国
土佐国
地図 令制国 土佐国.svg
-土佐国
-南海道
別称 土州(どしゅう)
所属 南海道
相当領域 高知県
諸元
国力 中国
距離 遠国
7郡43郷
国内主要施設
土佐国府 (推定)高知県南国市(土佐国衙跡)
土佐国分寺 高知県南国市(土佐国分寺跡
土佐国分尼寺 (未詳)
一宮 土佐神社(高知県高知市
テンプレートを表示

土佐国(とさのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。南海道に属する。

「土佐」の名称[編集]

古くは「都佐」と書かれた。また、平安時代までしばしば「土左」とも書かれた。

沿革[編集]

  1. 7世紀都佐(とさ)国造と波多国造の領域をあわせて建てられた。
  2. 1876年明治9年)2月25日伊豫国宇和郡沖ノ島、姫島、鵜来島を幡多郡へ編入する。

歴史[編集]

「土佐」(土左)の記述は『日本書紀』に見え、天武4年3月(675年)の条項に「土左大神以神刀一口、進于天皇」とある。また天武13年(684年)には「土左国田苑五十余万頃、没為海」、「土左国司言、大潮高騰、海水飄蕩、由是運調船多放失焉」と白鳳地震における地変や津波により調を運ぶ船が流失したことを国司が報告する記事があり、律令制が敷かれ国司が派遣されていたことを示すものである[1]

古くは流刑地の一つであった。『日本書紀』の天武5年9月(676年)の条項に「筑紫大宰三位屋垣王、有罪、流于土左」と見える。平安時代末期、源義朝の五男で頼朝の同母弟 希義が流されて、兄の挙兵の折に自らも立ち、鎮圧されている。またこの他にも紀夏井藤原師長土御門天皇尊良親王流人として土佐の土を踏んでいる。鎌倉時代に入ると摂関家一条家が幡多郡に幡多荘を置き、戦国時代まで同家の支配が続くことになる。

室町時代細川氏守護を務め、後には室町幕府管領を輩出した京兆家の当主が守護を兼ねる国となったが、戦国期には土佐七雄(土佐七豪族とも)である本山氏安芸氏一条氏吉良氏津野氏長宗我部氏香宗我部氏大平氏などの勢力が拮抗したが、長宗我部元親が土佐を統一し、やがて四国の大半を支配下に治める。その後、長宗我部氏は豊臣秀吉の四国征伐によって土佐一国のみを安堵される。

元親の四男盛親関ヶ原の戦いで西軍に与したことから改易され、山内一豊の入部以降、江戸時代を通じて山内氏が土佐一国を支配した。主に在地武士は郷士として遇されたものの、旧来の山内家臣で構成される上士階級との対立が長く続き、この構造は明治維新までしこりを残した。幕末期には、四賢侯の一人と賞された藩主山内容堂をはじめ、土佐勤王党で知られる武市半平太坂本龍馬中岡慎太郎望月亀弥太岡田以蔵等の志士を輩出している。明治後、高知県となった。

国内の施設[編集]

国府[編集]

長岡郡に所在した。現在の南国市比江で遺跡が発掘されている。紀貫之が国司を勤め、『土佐日記』において在任期間の事柄が記されている。

土佐国府については、1977年昭和52年)~1990年平成2年)間に、計25次の発掘調査が行われたが、まだ国府中心部の様相や全体的な官衙配置を確定するまでには至っていない。南国市比江付近にあったことは間違いないと見られている。

国分寺・国分尼寺[編集]

元々の国分寺は、現在四国八十八カ所第29番霊場になっている国分寺(真言宗智山派)と同じ場所にあった。東大寺式伽藍配置であったと推定されている。推定規模は一辺約150メートルと考えられている。国分寺の下層から郡司などの豪族館などの古い施設が発掘されている。平安時代後半に金堂などが焼失し、その後は衰退した。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、以下に示す大社1座1社・小社20座20社の計21座21社が記載されている。大社1社は名神大社ではない。
  • 安藝郡
    • 室津神社
    • 多気神社
    • 坂本神社
  • 香美郡
    • 天忍穂別神社
    • 小松神社
    • 深淵神社
    • 大川上美良布神社
  • 長岡郡
    • 豊岡上天神社
    • 朝峯神社
    • 殖田神社
    • 小野神社
    • 石土神社
  • 土佐郡
  • 吾川郡
    • 天石門別安国玉主天神社
総社一宮以下

安国寺利生塔[編集]

  • 利生塔 - 最御崎寺(室戸市室戸岬町)。安国寺も最御崎寺であったとする説がある

地域[編集]

[編集]

江戸時代の藩[編集]

人物[編集]

国司[編集]

土佐守[編集]

土佐介[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

国人[編集]

安藝郡
  • 安芸氏 - 東部の有力大名で一条氏と結んで伸張したが、長宗我部氏との抗争に敗れた。
香美郡
  • 香宗我部氏 - 一条忠頼家臣の中原秋家が宗我・深淵郷の地頭となり、忠頼の暗殺後にその子・秋通を養子としたのに始まる。安芸氏との抗争で劣勢に陥り、長宗我部氏から養子を迎え入れて吸収された。
  • 山田氏 - 山田郷。一条忠頼家臣の中原秋家の後裔。土佐七雄に数えられることもある有力豪族だったが、長宗我部国親に滅ぼされた。
長岡郡
  • 本山氏 - 本山郷。本姓は八木氏で紀貫之土佐日記にも其の名が見える。長岡郡北部を基盤とし、細川政権崩壊後にいち早く南下して土佐中央部に進出したが長宗我部氏との抗争に敗れた。
  • 長宗我部氏 - 宗我部郷。秦氏。兼序の代に明応の政変で覇権を握った細川政元の下で権勢を振るったが、永正の錯乱により政元が死ぬと滅ぼされた。しかし、子国親の代に復興し、孫元親の代で戦国大名化して四国を統一した。
  • 豊永氏 - 小笠原氏族。阿波国境豊永郷に割拠した。阿波三好・大西らと同族だが、出身は熊本県玉名郡豊永とも肥前松浦とも云う。本山氏、ついで長宗我部氏に服属したが、土豪の中では珍しく土佐藩でも上士として同郷を治め続けた[2]
土佐郡
吾川郡
  • 吉良氏 - 源頼朝の同母弟希義の後裔という。弘岡城主。土佐南学の祖南村梅軒は宣経に仕え学を講じている。吉良氏は名族故に断絶後、本山氏・長宗我部氏が相次いでその名跡を継いだ。
  • 片岡氏 - 法巌城主。七雄に匹敵する領地を持ったが早くから長宗我部氏に協力した。
高岡郡
  • 大平氏 - 本姓近藤氏。蓮池城主。細川氏の実質的な土佐守護代として働き京でも活動、一条氏の下向にも協力した。永正の錯乱後も一定の役割を果たしたが、その一条氏に滅ぼされた。讃岐に同氏族有り。
  • 津野氏 - 津野荘の地頭。姫野々城主。天正十五年(1543年)戦国大名化した一条氏に降伏。
幡多郡

戦国大名[編集]

織豊大名[編集]

  • 長宗我部氏

武家官位としての土佐守[編集]

江戸期以前[編集]

江戸時代[編集]

土佐国の合戦[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 高知市 『高知市史 上巻第一篇 古代・中世』 1958年
  2. ^ 真言宗智山派 土佐 定福寺

関連項目[編集]

外部リンク[編集]