津軽信義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津軽信義
時代 江戸時代前期
生誕 元和5年1月1日1619年2月15日
死没 明暦元年11月25日1655年12月22日
改名 平蔵(幼名)、信吉(初名)→信義
戒名 桂光院殿雪峰宗瑞大居士
墓所 青森県弘前市長勝寺報恩寺
東京都世田谷妙寿寺
官位 従五位下、土佐守
幕府 江戸幕府
陸奥国弘前藩藩主
氏族 津軽氏
父母 父:津軽信枚、母:辰姫
兄弟 信義信英信隆佐田信光為盛
大道寺為久為節乾安俊、他
正室:富宇姫(慶林院・松平康久の娘)
側室:久祥院(菊御前・唐牛甚右衛門の娘)
側室:工藤氏、全久院、長泉院、他
信政信経(2男)、信章(3男)、政朝(4男)、
為貞(8男)、為玄(7男)、可足(11男)、
祐興(14男)、正秘(15男)、政順(17男)、
為永(18男)、萬(土井利房正室)、
以津(戸田氏春正室のち五島盛清正室)、
八重(今大路親俊室)、美与(津軽信敏正室)
伊与(家老大道寺繁清室)
他多数

津軽 信義(つがる のぶよし)は、江戸時代大名陸奥国弘前藩の第3代藩主。


生涯[編集]

元和5年(1619年)1月1日、弘前藩の飛び領地上野国大館で第2代藩主・津軽信枚石田三成の三女で豊臣秀吉正室の高台院の養女となった辰姫の長男として生まれる。

元和9年(1623年)、母・辰姫が死去し、江戸の弘前藩邸に引き取られた。寛永8年(1631年)、父・信枚の死去により13歳で家督を相続、異母弟の津軽信英とともに将軍徳川家光に拝謁する。

若年で藩主となったため、譜代の老臣たちと信義の近従たちとの対立を抑えられず、やがて御家騒動にまで発展した(寛永11年(1634年船橋騒動)。これは幕府の助力を得て喧嘩両成敗により、両派から多数の処罰者を出して何とか沈静化したが、このために信義は積極的な藩主権力の強化に臨んだ。

正保4年(1647年)、これに反発する家臣たちの、信義を強制隠居させ、信義の異母弟・信英(母が徳川家康の養女で、旗本として取りたてられていた)を新藩主として擁立する主君押込の陰謀が発覚し、連座者は粛清された(正保の騒動)。

治績においては、強力なリーダーシップを発揮し、治水工事、津軽新田の開発、尾太鉱山の開鉱、牧場の開設など多くの功績を挙げている。また、25男26女(一説では男女合わせ38人)という多くの子女をもうけた。

明暦元年(1655年)11月25日、江戸神田邸にて死去した。享年37。跡を長男の信政が継いだ。暗君とは言われるが、死後、家臣の4人が後を追って殉死している。


辞世[編集]

春の花 秋の紅葉も いかでかは 終の嵐に あハで果つべき

津軽信義使用の駕籠(弘前城)

関連項目[編集]