土井氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土井氏家紋「六つ水車」

土井氏(どいし)は、日本姓氏のひとつ。著名なのは、土井利勝に始まる江戸時代大名一族である。以下これにつき詳述する。

創業期[編集]

土井氏一族発蹟地(愛知県岡崎市土井町)

土井氏は、江戸時代に徳川幕府に提出した資料によれば、清和源氏土岐氏の庶流とされ、土岐五郎光定(光貞)の次男孫太郎定親から始まり、師親貞秀と続き、途中不詳ながら戦国期に(早乙女)利重、(土居)利昌、利勝へとつながる。これは当時家系を名流に求めるのが常であったので、真偽は疑わしい。

土井氏の直接の始祖である土井利勝も出生と育ちが複雑である。徳川家康の母於大の方の実兄水野信元の庶子として天正元年(1573年)に浜松で生まれ、のちに土井利昌(正利)の養子になったとされる。家康とは母方の従兄弟であった。ただし異説もあり、利昌の娘(後玉等院)に産ませた家康の隠し子で、水野信元の養子となり、信元が暗殺されると利昌の養子にされたとも言われる。

養父である土井利昌は、甚三郎または早乙女小左衛門と称し、家康に仕えて慶長3年(1598年)9月11日に没した。

利勝は早くから家康と秀忠の近くで仕え、慶長7年(1602年)12月28日下総小見川1万石を与えられ、その後2万石に加増。慶長15年(1610年)1月に下総佐倉3万2000石、寛永10年(1633年)4月7日に下総古河16万石となった。

幕府内でも順調に出世し、慶長15年(1610年)8月3日(一説には元和9年(1623年)9月)には老中、寛永15年(1638年)11月7日には大老に就任する。

土井氏の諸家系[編集]

正保元年(1644年)7月10日に利勝が没すると、その遺領は4人の子(利隆、利長、利房、利直)に分与された。さらに利隆没後も分与があった。以下にその家系を示す。なお、利勝の血統は男系は絶たれ、女系が続いている。

古河土井家(利勝直系、宗家)[編集]

宗家らしく、幕閣の重臣を輩出した。利勝の大老は別格として、2代利隆が若年寄、8代利里が京都所司代、10代利厚と11代利位が老中となった。

  1. 利勝(としかつ) 下総古河16万石。
  2. 利隆(としたか) 利勝の子。分与後下総古河13万5000石。
  3. 利重(とししげ) 利隆の子。分与後下総古河10万石。
  4. 利久(としひさ) 利重の弟。下総古河10万石→没後除封(無嗣)。
  5. 利益(とします) 利重の弟。下総古河7万石再興→志摩鳥羽7万石→肥前唐津7万石。
  6. 利実(としざね) 利益の子。肥前唐津7万石。
  7. 利延(としのぶ) 利直系3代利清の子。肥前唐津7万石。
  8. 利里(としさと) 利延弟。肥前唐津7万石→下総古河7万石。
  9. 利見(としちか) 大給松平乗佑の子。下総古河7万石。
  10. 利厚(としあつ) 桜井松平忠名の子。加増により下総古河8万石。
  11. 利位(としつら) 利長系5代利徳の子。下総古河8万石。
  12. 利亨(としなり) 酒井忠藎の子。下総古河8万石。
  13. 利則(としのり) 藤堂高秭の子。下総古河8万石。
  14. 利与(としとも) 利則の子。下総古河8万石→廃藩。

三河土井家(利長系)[編集]

早くから利勝の血統が断絶し、養子相続が続いた。2代利意が寺社奉行、11代利善が寺社奉行と陸軍奉行を勤めている。

  1. 利長(としなが) 利勝の子。利隆より下野国内1万石分与。利隆の子利重より1万石分与→三河西尾2万3000石。
  2. 利意(としもと) 稲葉正則の子。三河西尾2万3000石。
  3. 利庸(としつね) 三浦便次の子。三河西尾2万3000石。
  4. 利信(としのぶ) 利庸の子。三河西尾2万3000石→三河刈谷2万3000石。
  5. 利徳(としなり) 伊達宗村の子。三河刈谷2万3000石。
  6. 利制(としのり) 利徳の子。三河刈谷2万3000石。(寛政一揆の処罰で一部を福島藩と領地替え)
  7. 利謙(としかた) 利制の弟。三河刈谷2万3000石。
  8. 利以(としもち) 利制の弟。三河刈谷2万3000石。
  9. 利行(としひら) 利以の子。三河刈谷2万3000石。
  10. 利祐(としすけ) 堀田正衡の子。三河刈谷2万3000石。
  11. 利善(としよし) 井上正甫の子。三河刈谷2万3000石。
  12. 利教(としのり) 建部政醇の子。三河刈谷2万3000石。
  13. 忠直(ただなお) 藤井松平忠固の子。三河刈谷2万3000石→廃藩。

越前土井家(利房系)[編集]

初代利房は兄の利長より優遇が目立ち、石高も多く、老中も勤めている。7代利忠は藩政改革、財政再建を行い、藩校明倫館を設立して洋学を奨励、藩経営の商店「大野屋」の設立や、蝦夷地開拓に興味を持ったことで有名。

  1. 利房(としふさ) 利勝の子。利隆より下野国内1万石分与。利隆の子利重より1万石分与。越前大野4万石。
  2. 利知(としとも) 利房の子。越前大野4万石。
  3. 利寛(としひろ) 利知の子。越前大野4万石。
  4. 利貞(としさだ) 利寛の子。越前大野4万石。
  5. 利義(としのり) 井伊直幸の子。越前大野4万石。
  6. 利器(としかた) 久世広明の子。越前大野4万石。
  7. 利忠(としただ) 利義の子。越前大野4万石。
  8. 利恒(としつね) 利忠の子。越前大野4万石→廃藩。

下総土井家(利直系)[編集]

  1. 利直(としなお) 利勝の子。利隆より下総国内5000石分与。利隆の子利重より5000石分与され、下総大輪1万石。
  2. 利良(としよし) 利房の子。相続が利直の子一学でないのは筋違いとして5000石に減知。以降旗本として存続。
  3. 利清(としきよ) 利良の子。

常陸土井家(利益系)[編集]

  1. 利益(とします) 利隆の子。兄利重より常陸・下総国内1万石分与。のち下総古河藩相続。

系図[編集]

太線は実子、細線は養子。

利勝
 ┣━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━┓
利隆       利長                利房    利直
 ┣━━┳━━┓  |                 ┣━━┓  ┃
利重 利益 利久 利意                利知 利良 一学
    ┃     |                 ┃  ┃
   利実    利庸                利寛 利清
    ┃     ┃                 ┃  ┣━━┓
   利武    利信                利貞 利延 利里
          ├──┐              |     ├──┬──┐
         利置 利徳             利義    利剛 利建 利見
             ┣━━┳━━┳━━━━━┓  ┝━━┓        |
            利制 利謙 利位    利以 利器 利忠       利厚
                   ├──┐  ┃     ┃        ┃
                  利順 利亨 利行    利恒       利広
                      |  |
                     利則 利祐
                      ┃  |
                     利与 利善
                         |
                        利教

発蹟地の石碑[編集]

土井氏発祥の地は三河国額田郡土井村といわれ、現在の愛知県岡崎市土井町蔵屋敷の社口神社に、「土井氏一族発蹟地」という石碑がある。

関連項目[編集]