長宗我部国親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
長宗我部国親
時代 戦国時代
生誕 永正元年(1504年
死没 永禄3年6月15日1560年7月8日
改名 千雄丸(幼名)→国親
別名 受領名信濃守宮内少輔
渾名:野の虎
戒名 瑞王覚世
墓所 高知県南国市北谷の瑞応寺
氏族 長宗我部氏
父母 父:長宗我部兼序、母:不明
兄弟 国親元春国康親吉、女(吉田孝頼室)
正室:祥鳳
元親吉良親貞香宗我部親泰島親益、女(本山茂辰室)、女(池頼和室)、
女(波川清宗室)

長宗我部 国親(ちょうそかべ くにちか)は、土佐国戦国大名。"野の虎"と評される。同国守護を兼ねる管領細川高国より偏諱(「国」の字)を受けて国親と名乗る(三弟の長宗我部国康(くにやす)も同様である)。

生涯[編集]

永正元年(1504年)、長宗我部兼序の嫡男として生まれる[1]

通説では、永正5年(1508年)、父兼序が本山氏などに攻められ居城の岡豊城で自害した際に、国親は落ち延びて[2]一条房家に養育された[3]。永正15年(1518年)、一条房家の仲介により本領の江村・廿枝郷を戻されて岡豊城に復帰し、以後は長宗我部家の再興に尽力した[4]

しかし近年の研究によると、兼序は本山氏などに岡豊城を攻められた際に自害せず土佐国内に亡命しており、永正8年(1511年)に本山氏や山田氏と和睦して岡豊城主に復帰、永正15年頃に息子・国親へ家督を譲っている[5]

国親は吉田周孝を登用して内政や軍備の充実に努めた。 天文13年(1544年)、かつての仇敵本山茂宗の嫡男茂辰と自分の娘を婚姻させた[6]

天文16年(1547年[7]一条氏の支城である大津城を攻めて天竺氏を滅ぼした。次いで大津の南にある介良の横山氏を屈服させ、下田の勇猛で名高い[8]下田駿河守を討って下田城を落とした。さらに細川定輔(十市細川氏)を屈服させ、定輔の次男・池頼定も子の池頼和に娘を与えることで懐柔した。こうして長岡郡南部を制圧した。この勢力拡大で近隣の領主も恐れをなして布師田や一宮の領主も国親に降伏し、土佐郡南西部も制圧することになった。また父を滅ぼした仇敵の山田氏を天文18年(1549年)秋に滅ぼした。また、弘治2年(1556年)には三男の親泰を香宗我部氏に養子として従属化し、土佐国人の従属化を進めていくと同時に高知平野の制圧も成し遂げていった。天文年間末期に剃髪入道し、瑞応覚世と号した[9]

弘治元年(1555年)になって本山茂宗が病死し、娘婿の茂辰が後を継ぐと本山氏を討つべく兵を挙げた[10]。弘治2年(1556年)、国親は本山家臣の秦泉寺氏を服属させ、さらに大高坂氏国沢氏も討った。

『土佐物語』によると、永禄3年(1560年)、岡豊より長宗我部方の兵糧を積んだ船1艘が種崎に向かったが、その途中で潮江より本山方の船2艘が漕ぎ出して襲撃し、兵糧を奪った[11]。このため国親は報復のために本山方の将福原左馬丞を甘言で誘い、その手引きによって長浜城に夜討ちをかけて5月26日長浜城を攻略した[12]。茂辰は朝倉城に2000余の軍を集めて長浜城奪還を目指したが、国親軍1000人の奮戦により5月27日に兵力で勝りながら敗れ、浦戸城も国親の支配下に入った[12]

しかし直後、病を得て6月15日に急死した。享年57[13][12]

死後長宗我部氏は嫡男元親が継ぎ本山茂辰と戦い続け、茂辰が永禄7年(1564年)に病死し、後を継いだ茂辰の子であり国親の孫である親茂は長宗我部氏に臣従している。なお、この親茂と元親の子である信親という2人の孫は奇しくも戸次川の戦いでともに討死している。

人物・逸話[編集]

安芸毛利元就が吉川氏、小早川氏に対して行ったのと同様、土佐国衆の香宗我部氏を養子縁組によって従属化させている。また、家督を継いだ元親も同じように吉良氏を養子縁組により従属化している。長宗我部氏の軍制である「一領具足」は国親の発案と言われる。

家臣[編集]

登場作品[編集]

ゲーム

脚注[編集]

注釈[編集]

引用元[編集]

  1. ^ 『長元物語』では文亀3年(1503年)。『土佐国蟲簡集』では文亀2年(1502年)の出生となっている
  2. ^ 家臣の近藤某という者が国親を守って落ち延びた
  3. ^ 『土佐物語』によると長宗我部文兼とその父である長宗我部能重の時代に一条経嗣の厚恩を受けていたという
  4. ^ 山本大『長宗我部元親』(1987年、吉川弘文館)17頁
  5. ^ 「歴史人」2012年10月№25 戦国武将の全国勢力変遷マップ(KKベストセラーズ)85頁
  6. ^ 国親の富国強兵に危機感を抱きだした茂宗が攻めようとしたため、一条家が仲介したという(『土佐物語』)。ただし異説として茂宗が国親を恐れて婚姻を申し出たとされている(『土佐軍記』)
  7. ^ 年代に関しては異説もある
  8. ^ 『土佐物語』には「数度の高名隠れなき勇猛の士」とある
  9. ^ 『土佐物語』によると剃髪の理由は幼年期に父母を失い、幸運にも御家再興を成し遂げるも常に茨の道で苦しみ、父の追福と仏道帰依の志が強まっていたという
  10. ^ 茂宗の死は本山氏にとって打撃であったという
  11. ^ 宅間『シリーズ藩物語、土佐藩』、P10
  12. ^ a b c 宅間『シリーズ藩物語、土佐藩』、P11
  13. ^ 享年59ともいわれる

参考文献[編集]