香宗我部親泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香宗我部 親泰
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文3年(1543年
死没 文禄2年(1593年
改名 弥七郎(幼名)→香宗我部親泰
別名 受領名:内記、安芸守
戒名 瑞松院殿明彭孤仙大居士
墓所 宝鏡寺跡(高知県香南市
主君 長宗我部国親長宗我部元親
氏族 長宗我部氏香宗我部氏
父母 父:長宗我部国親、母:不明
養父:香宗我部親秀
兄弟 元親吉良親貞香宗我部親泰島親益、女(本山茂辰室)、女(池頼和室)、女(波川清宗室)
正室:香宗我部秀通の娘
親氏貞親

香宗我部 親泰(こうそかべ ちかやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将長宗我部氏の家臣。長宗我部国親の三男。

生涯[編集]

天文3年(1543年)、長宗我部氏第20代当主・長宗我部国親の三男として生まれる[1]幼名弥七郎弘治4年(1558年)に父の命によって香宗我部親秀の養子となった[1]永禄12年(1569年)に安芸国虎が滅亡したため、安芸城主となる[1]

その後は兄・元親に従って各地を転戦する[2]。親泰は阿波平定に尽力し、阿波海部城を拠点にして各地を転戦し、天正7年(1579年)に新開道善富岡城を奪取した[2]。親泰は外交にも秀でており、天正3年(1575年)に長宗我部信親烏帽子親織田信長が務め、天正8年(1580年)には渡海して安土城で織田信長と拝謁し、三好康長三好氏との和睦を求めたりしている[2]

天正10年(1582年)6月の本能寺の変後、中富川の戦い十河存保を破り、天正11年(1583年)には阿波木津城を攻略するなど、兄の四国統一に尽力した[3]

信長の死後も柴田勝家徳川家康と通じて四国平定を有利に進めたことは、全て親泰の手腕によるものである。織田氏・徳川氏など諸大名の窓口となっており、親泰宛に書状が送られている。天正13年(1585年)の豊臣秀吉四国征伐では阿波牛岐城を守備したが、木津城が豊臣軍に落とされたため、城を放棄して土佐に帰国した[4]

しかし天正20年(1592年)、文禄の役に赴く途上にあった嫡男・親氏が急死、自身も朝鮮半島に赴く途上の文禄2年(1593年)に長門で兄に先立って急死した[5]享年51。中山田泰吉(香宗我部親秀の弟・秀通[註 1]の子)に跡を継がせる話も出たが、結局跡は次男・貞親が継ぎ、泰吉はその後見となった。吉良親貞同様、その死は長宗我部氏にとって大きな痛手であった[6]

人物像[編集]

親泰は元親の分身として四国各地を転戦し、よく補佐を務めた[5]。親泰の死で元親を補佐・諫言できる者がいなくなり[5]、その後元親は暴走を繰り返して長宗我部家は衰退し、元親の没後には改易となる。歴史に「もし」は許されないが、もし親泰が慶長年間まで存命だったならば、骨肉の争いは避けて長宗我部家も改易される事は無かったかもしれない[7]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 親泰の入嗣に反対したため、親秀に殺害された。

出典[編集]

  1. ^ a b c 川口素生 編『戦国名物家臣列伝』学習研究社、2008年、p.133
  2. ^ a b c 川口素生 編『戦国名物家臣列伝』学習研究社、2008年、p.134
  3. ^ 川口素生 編『戦国名物家臣列伝』学習研究社、2008年、p.135
  4. ^ 山本大『長宗我部元親』130頁
  5. ^ a b c 川口素生 編『戦国名物家臣列伝』学習研究社、2008年、p.136
  6. ^ 山本大『長宗我部元親』162頁
  7. ^ 川口素生 編『戦国名物家臣列伝』学習研究社、2008年、p.137

参考文献[編集]

書籍
史料