佐渡国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐渡国
地図 令制国 佐渡国.svg
-佐渡国
-北陸道
別称 佐州(さしゅう)
渡州(としゅう)
所属 北陸道
相当領域 新潟県佐渡市佐渡島
諸元
国力 中国
距離 遠国
3郡22郷
国内主要施設
佐渡国府 (推定)新潟県佐渡市
佐渡国分寺 新潟県佐渡市(佐渡国分寺跡)
佐渡国分尼寺 (未詳)
一宮 度津神社(新潟県佐渡市)
テンプレートを表示

佐渡国(さどのくに)は、かつて日本の地方行政区分だった令制国の一つ。北陸道に属する。

「佐渡」の名称[編集]

平城宮木簡には「佐度国」と表記されている。

沿革[編集]

国が建てられた時期は不明。初見は文武天皇4年(700年)に遡る。天平15年(743年2月11日越後国に合同した。天平勝宝4年 (752年11月3日に元に復した。

もと雑太郡一郡のみの国であったが、養老5年(721年)に雑太郡、加茂郡羽茂郡の三郡に分けられた。後、明治29年(1896年)に佐渡郡一郡にまとめられた。

近代以降の沿革[編集]

歴史[編集]

佐渡市#歴史の項を参照

国内の施設[編集]

国府[編集]

国府は雑太郡にあった。国仲平野の南辺にあったと推測される。下国府遺跡が官人の住居と推定されているが、政庁はまだ見つかっていない。

国分寺・国分尼寺[編集]

奈良時代に作られた国分寺はいったん放棄された。江戸時代の延宝7年(1679年)に賢教によって真言宗の寺として再建され、平安時代に造られた薬師如来像を今に伝える。元の国分寺の遺跡は今の寺の至近にある。どちらも所在地は佐渡市国分寺である。

神社[編集]

延喜式内社
延喜式神名帳』には、以下に示す小社9座9社が記載されている。大社はない。
総社一宮以下
  • 総社 総社神社 (佐渡市吉岡) - 元は国府の近くにあったものを徳治2年(1307年)に現在地に遷座したと伝えられる。
  • 一宮 度津神社
  • 二宮 大目神社
  • 三宮 引田部神社

[編集]

地域[編集]

[編集]

人物[編集]

国司[編集]

守護[編集]

鎌倉幕府[編集]

室町幕府[編集]

武家官位としての佐渡守[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]