山内容堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山内 容堂
Yodo Yamauchi.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政10年10月9日1827年11月27日
死没 明治5年6月21日1872年7月26日)
改名 輝衛(幼名)、豊信、忍堂、容堂
別名 鯨海酔侯
墓所 大井公園
官位 従四位下土佐守侍従参預、従四位上
左近衛権少将、議定、内国事務総裁
従二位権中納言、議事体裁取調方総裁
制度寮総裁、学校知事、上局議長
麝香間祗候正二位、贈従一位
主君 徳川家慶家定家茂慶喜
土佐藩
氏族 土佐山内氏
父母 父:山内豊著 母:瀬代(平石氏)
養父:山内豊惇
三条正子烏丸光政女、三条実万養女)
山内豊範豊尹、光子(北白川宮能久親王妃)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)

山内 容堂 / 豊信(やまうち ようどう / とよしげ)は、幕末外様大名土佐藩15代藩主(在任期間:嘉永元年12月27日1849年1月21日) - 安政6年(1859年)2月)。官位は、従四位下・土佐守・侍従、のちに従二位権中納言まで昇進、明治時代には麝香間祗候に列し、生前位階正二位まで昇った。薨去後は従一位贈位された。は豊信。隠居後のは容堂。

土佐藩連枝の山内南家当主・山内豊著(12代藩主・山内豊資の弟)の長男。母は側室平石氏正室烏丸光政の娘・正子(三条実万の養女)。子は山内豊尹(長男)、光子(北白川宮能久親王)、八重子(小松宮依仁親王妃のち秋元興朝継室)。幼名は輝衛。を愛し、自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称した。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価される一方で、当時の志士達からは、幕末の時流に上手く乗ろうとした態度を、「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄された。

経歴[編集]

藩主就任まで[編集]

文政10年(1827年)生まれ。豊信生家である山内南家は石高1,500石の分家で、連枝五家の中での序列は一番下であった。通常、藩主の子は江戸屋敷で生まれ育つが、豊信は分家の出であったため高知城下で生まれ育った。

13代藩主・山内豊熈、その弟で14代藩主・山内豊惇が相次いで急死した。豊惇は藩主在職僅か12日という短さでの急死で山内家は断絶の危機に瀕した。豊惇には実弟(後の16代藩主・山内豊範)がいたがわずか3歳であったため、分家で当時22歳の豊信が候補となった。豊熈の妻・智鏡院(候姫)の実家に当たる島津家などが老中首座であった阿部正弘に働きかけ、豊惇は病気のため隠居したという形をとり、嘉永元年(1848年)12月27日、豊信が藩主に就任した。候姫の格別の推挙と幕閣に働きかけをした上での藩主就任がその後の容堂の倒幕的行動を制限したとも言われる。

藩主時代[編集]

藩主の座に就いた豊信は門閥・旧臣による藩政を嫌い、革新派グループ「新おこぜ組」の中心人物・吉田東洋を起用した。嘉永6年(1853年)東洋を新たに設けた「仕置役(参政職)」に任じ、家老を押しのけて西洋軍備採用・海防強化・財政改革・藩士の長崎遊学・身分制度改革・文武官設立などの藩政改革を断行した。翌、安政元年(1854年)6月、東洋は山内家姻戚に当たる旗本・松下嘉兵衛との間にいさかいをおこし失脚、謹慎の身となった。しかし3年後の安政4年(1857年)東洋を再び起用し、東洋は後に藩の参政となる後藤象二郎福岡孝弟らを起用した。

豊信は福井藩主・松平春嶽宇和島藩主・伊達宗城薩摩藩主・島津斉彬とも交流を持ち幕末の四賢侯と称された。彼らは幕政にも積極的に口を挟み、老中・阿部正弘に幕政改革を訴えた。阿部正弘死去後、大老に就いた井伊直弼将軍継嗣問題で真っ向から対立した。13代将軍徳川家定が病弱で嗣子が無かったため、容堂ほか四賢侯、水戸藩主・徳川斉昭らは次期将軍に一橋慶喜を推していた。一方、井伊は紀州藩主・徳川慶福を推した。井伊は大老の地位を利用し政敵を排除した。いわゆる安政の大獄である。結局、慶福が14代将軍・家茂となることに決まった。容堂はこれに憤慨し、安政6年(1859年)2月、隠居願いを幕府に提出した。この年の10月には斉昭・春嶽・宗城らと共に幕府より謹慎の命が下った。

隠居~大政奉還[編集]

大政奉還を慶ぶ山内容堂像(山内神社境内)

前藩主の弟・豊範に藩主の座を譲り、隠居の身となった当初、忍堂と号したが、水戸藩の藤田東湖の薦めで容堂と改めた。容堂は、思想が四賢侯に共通する公武合体派であり、単純ではなかった。藩内の勤皇志士を弾圧する一方、朝廷にも奉仕し、また幕府にも良かれという行動を取った。このため幕末の政局に混乱をもたらし、世間では「酔えば勤皇、覚めれば佐幕」と揶揄され、のち政敵となる西郷隆盛から「単純な佐幕派のほうがはるかに始末がいい」とまで言わしめる結果となった。

謹慎中に土佐藩ではクーデターが起こった。桜田門外の変以降、全国的に尊王攘夷が主流となった。土佐藩でも武市瑞山を首領とする土佐勤王党が台頭し、容堂の股肱の臣である公武合体派の吉田東洋と対立。遂に文久2年4月8日1862年5月6日)東洋を暗殺するに至った。その後、瑞山は門閥家老らと結び藩政を掌握した。

文久3年8月18日1863年9月30日)、京都会津藩・薩摩藩による長州藩追い落としのための朝廷軍事クーデター(八月十八日の政変)が強行され、長州側が一触即発の事態を回避したため、これ以後しばらく佐幕派による粛清の猛威が復活した。容堂も謹慎を解かれ、土佐に帰国し、藩政を掌握した。以後、隠居の身ながら藩政に影響を与え続けた。容堂は、まず東洋を暗殺した政敵・土佐勤王党の大弾圧に乗り出し、党員を片っ端から捕縛・投獄した。首領の瑞山は切腹を命じられ、他の党員も死罪などに処せられ、逃れることのできた党員は脱藩し、土佐勤王党は壊滅させられた。同年末、容堂は上京し、朝廷から参預に任ぜられ、国政の諮問機関である参預会議に参加するが、容堂自身は病と称して欠席が多く短期間で崩壊した。

東洋暗殺の直前に脱藩していた土佐の志士たち(坂本龍馬中岡慎太郎土方久元)の仲介によって、慶応2年(1866年)1月22日、 薩長同盟が成立した。これによって時代が明治維新へと大きく動き出した。

慶応3年(1867年)5月、薩摩藩主導で設置された四侯会議に参加するが、幕府権力の削減を図る薩摩藩の主導を嫌い欠席を続ける。結局この会議は短期間で崩壊。しかし、同5月21日には、薩摩藩士の小松帯刀の京都邸において、中岡慎太郎の仲介により土佐藩の乾退助谷干城と、薩摩藩の西郷隆盛、吉井友実らが武力討幕を議して、薩土密約を締結し、翌22日に乾退助によって密約の内容が容堂に報告され、大坂でアルミニー銃300挺の購入を許可している。容堂は乾退助を伴って、6月初旬に土佐に帰国した。

しかるに、容堂や乾退助と入れ違いに上洛した、坂本龍馬、後藤象二郎らによって薩土密約から約一ケ月後にあたる、6月22日、京都の小松帯刀邸にて、大久保利通、西郷隆盛と土佐藩の後藤象二郎、福岡孝弟、寺村左膳真辺栄三郎が議して、武力討幕ではなく大政奉還による王政復古を目標に掲げ薩土盟約を締結した。しかし、薩土盟約は約2ケ月半で早々に瓦解し、乾退助と西郷隆盛が結んだ薩土密約が次第に重視せられ、土佐藩全体が徐々に討幕路線に近付いていくことになる。

容堂は自身を藩主にまで押し上げてくれた幕府を擁護し続けたが、倒幕へと傾いた時代を止めることは出来なかった。幕府が委託されている政権を朝廷に返還する案および「船中八策」を坂本龍馬より聞いていた後藤象二郎は、これらを自分の案として容堂に進言した。容堂はこれを妙案と考え、老中・板倉勝静らを通して15代将軍・徳川慶喜に建白した。これにより慶応3年10月14日1867年11月9日)、慶喜は朝廷に政権を返還した。

しかし、その後明治政府樹立までの動きは、終始、薩摩・長州勢に主導権を握られた。同年の12月9日1868年1月3日)開かれた小御所会議に於いて、薩摩・尾張・越前・芸州の各藩代表が集まり、容堂も泥酔状態ながら遅参して会議に参加した。容堂は、自分自身直接会議に参加して認めていた王政復古の大号令を、それまでの自分の持論であった列侯会議路線すなわち徳川宗家温存路線と根本的に反するが故に、岩倉具視ら一部公卿による陰謀と決め付け、大政奉還の功労者である徳川慶喜がこの会議に呼ばれていないのは不当であるなどと主張した。また、岩倉、大久保が徳川慶喜に対して辞官納地を決定したことについては、薩摩・土佐・尾州・芸州が土地をそのまま保有しておきながら、なぜ徳川宗家に対してだけは土地を返納させねばならないのかなどと徳川宗家擁護を行い、先ほど天皇を中心とする公議政体の政府を会議で決定したことに対して、徳川氏を中心とする列侯会議の政府を要求した。松平春嶽が同調したが、ただでさえ気に入らないことがあると大声で喚き散らす悪癖があり、その上に酒乱状態の容堂は「2、3の公卿が幼沖の天子を擁し、権威をほしいままにしようとしている」などと発言してしまった。堪りかねた岩倉から「今日の挙は、すべて宸断(天皇の決断)によって行なわれたものであるぞ」「大失言であるぞ」「天子を捉まえて幼沖とは何事か」「土州、土州、返答せよ」と容堂は面前で大叱責されてしまった[1] [2] [3]が、泥酔状態の容堂にまともな返答ができるはずもなく、会議は容堂を無視して天皇を中心とする公議政体派すなわち討幕強行派のペースで進んだ[1] [2]

慶応4年(1868年)1月3日、 旧幕府側の発砲で鳥羽・伏見の戦いが勃発すると、容堂は自分が土佐藩兵約百名を上京させたにもかかわらず、土佐藩兵はこれに加わるなと厳命した。しかし、在京の土佐藩兵らは、容堂の制止を振り切り、薩土密約に基づいて自発的に官軍側に就いて戦闘に参加。同1月7日、西郷から「討幕の合戦近し」という密書を受け取り、さらに開戦したことを谷干城から報告を受けた土佐に在国中の板垣退助は、薩土密約に基づいて迅衝隊を率いて上洛した。容堂は、京都を進発する前夜の2月13日、東山道へ出発する板垣率いる土佐迅衝隊に寒いので自愛するよう言葉を与えた。

維新後[編集]

山内容堂

明治維新後は内国事務総裁に就任したが、かつて家臣や領民であったような身分の者と馴染む事ができず、明治2年(1869年)に辞職。しかし木戸孝允とは仲が良く、自邸に招いては明治政府の将来などについて語り合ったという。本邸は新たに東京箱崎の元田安徳川家別邸を買収して居住した。

隠居生活は当時、別荘地として知られた橋場(東京都台東区)の別邸(綾瀬草堂)で、妾を十数人も囲い、酒と女と作詩に明け暮れる豪奢な晩年を送った。また、連日で両国柳橋などの酒楼にて豪遊し、ついに家産が傾きかけたものの、容堂は「昔から大名が倒産した例しがない。俺が先鞭をつけてやろう」と豪語し、家令の諌めを聞かなかったという。また、武市瑞山を殺してしまったために土佐藩内に薩長に対抗できる人物を欠いて新政府の実権を奪われたと考え、これを悔やんだともいう。明治5年(1872年)、積年の飲酒が元で脳溢血に倒れ、46歳(数え年)の生涯を閉じた。墓所は土佐藩下屋敷があった大井公園(品川区東大井4丁目)にある。

官職位階履歴[編集]

 ※日付=旧暦

  • 嘉永元年(1848年)12月27日、藩主となる。
  • 嘉永2年(1849年)、兵庫助を称する。
  • 嘉永3年(1850年)12月16日、従四位下土佐守に叙任。
  • 嘉永5年(1852年)12月16日、侍従兼任。
  • 元治元年1864年)4月18日、従四位上に昇叙し、左近衛権少将に転任。土佐守如元。
  • 慶応3年(1867年)12月9日、維新政府(以下「政府」とする)議定に就任。
  • 慶応4年(1868年
    • 1月14日、内国事務総裁兼任。
    • 1月21日、内国事務総裁依願免職。
    • 閏4月21日、議定解任。
    • 6月3日、従二位権中納言に昇叙転任し、政府議政官の上局たる議定に就任。
    • 改元して明治元年9月19日、議事体裁取調方総裁を兼任。
    • 12月13日、学校知事も兼任。  
  • 明治2年(1869年
    • 4月17日、制度寮総裁を兼任。議事体裁取調方総裁を止む。
    • 4月20日、学校知事を辞任。
    • 5月7日、制度寮総裁解任し、上局議長に就任。
    • 5月15日、議定辞任に伴い上局議長を止む。
    • 5月17日、学校知事就任。
    • 7月9日、学校知事依願退職し、麝香間祗候となる。
    • 9月26日、正二位に昇叙。  
  • 明治5年(1872年
    • 6月21日、薨去。
    • 6月28日、贈従一位

人物[編集]

  • 僅か26歳にして門閥・旧臣による政治体制を憂い、吉田東洋を見出して「参政職」に置き、家老らの反発をさえぎって、西洋軍備採用・海防強化・財政改革・藩士の長崎遊学・身分制度改革・文武官設立による学問奨励などの藩政改革を断行した。しかしながら、自らを「鯨海酔候」と称すなど世捨て人のようなところがあって、酒を欠かさず飲んで情が入っての意見の変化が多い。
  • 武芸に秀でて、軍学北条流弓術吉田流馬術大坪流槍術以心流剣術無外流居合術は14歳で長谷川流を学び18歳で目録を得た。特に居合の腕前は凄まじく、板垣退助に「七日七夜の間休みなしの稽古を続けた。数人の家来がこれに参加したものだが、あまりの烈(はげ)しさにみな倒れて、最後まで公のお相手をしたものは、わずか二人か、三人にすぎなかった」(史談会速記録)といわしめている。
  • 漢詩を箕浦万次郎・文章は松岡毅軒に学んだ。
  • 豊信は自分を戒める為に「忍堂」という額を部屋に飾っていたが、勉強熱心で維新派の面々などと交流することが多く、ある時、水戸派の代表的な学者の藤田東湖がこの額をみて、「指導者は、ただ忍ぶだけではいけません。多くの衆の意見を容れる(いれる)ことが大切でしょう。それこそ人君の徳と申せましょう」という言葉に、深く同意し、「容堂」と改めた。
  • 山内豊範が毛利敬親の養女と結婚していたために長州藩関係者とは行き来があった。このために周布政之助から暴言を吐かれたこともあった。
  • 豊信自身の隠居部屋の欄間に「酔擁美人楼」という額偏を掲げていたが、大名間ではかなり評判で、毛利敬親に関する記録「涙余集」や松平慶永の「逸事史補」でこの額偏に触れている。ちなみに毛利敬親はこの額偏を見た話をした近侍に対して「24万石の大名なのだから美酒でも佳人でも好きなだけ得られるではないか。そういう身分にありながら、あえてこの額偏を掲げているのは自ら豪傑をよそおうものだ」と微笑して言ったという(萩市史・第一巻)。
  • 英国外交官ミットフォードは、「容堂公は五十年ばかり前の英国の政治家に似て、放縦な道楽者であった」と回顧録に記している[4]。「五十年ばかり前」とは、土佐藩が会津藩から接収した京都の土佐藩邸で容堂に面会した1868年3月8日慶應4年2月15日)から50年前であろう。

関連作品[編集]

書籍
テレビドラマ
 歌謡

脚注[編集]

  1. ^ a b 城多董 『岩倉公実記』
  2. ^ a b 『再夢紀事・丁卯日記』
  3. ^ 徳富蘇峰 『近世日本国民史 明治三傑』 講談社版、1981年5月、413頁
  4. ^ A.B.ミットフォード『英国外交官の見た幕末維新』長岡祥三(訳)、講談社<講談社学術文庫1349>、1998年、140ページ。原著は1915年刊。

関連項目[編集]