木城町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きじょうちょう
木城町
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 宮崎県
児湯郡
団体コード 45404-4
面積 146.02 km²
総人口 5,173
推計人口、2014年3月1日)
人口密度 35.4人/km²
隣接自治体 西都市日向市
児湯郡川南町高鍋町都農町
東臼杵郡美郷町
町の木 カシ
町の花 コスモス
町の鳥 あお鳩
木城町役場
所在地 884-0101
宮崎県児湯郡木城町大字高城1227番地1号
北緯32度9分50.2秒東経131度28分24.5秒
木城町庁舎(木城町役場)
外部リンク 木城町

木城町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

木城町(きじょうちょう)は、宮崎県の中央部にある児湯郡に属する。

地理[編集]

石河内地区
中央を小丸川が流れ、左側に日向新しき村がある。

宮崎県の中東部、日向灘寄りに位置するが、日向灘には面していない内陸の町である。町の中央部を南北に小丸川が流れ、複数の発電用ダムが建設されている。

隣接市町村[編集]

歴史[編集]

戦国時代[編集]

島津家の一族である新納氏は、南北朝時代に島津時久が当時の地名である新納院の地頭となってこの地に高城を築いたことにちなんで称したものである。以後は高城をめぐって激しい戦いが繰り広げられた。高城の支配は畠山氏伊東氏島津氏秋月氏と入れ替わり、一国一城令で廃城となった。高城は豊臣秀吉九州征伐でも落とせなかった城として知られる。新納院は江戸時代にはそのまま高鍋藩の領地として踏襲されている。

近現代[編集]

  • 1889年(明治22年)5月1日 - 町村制施行により、児湯郡木城村が発足。村名は椎木村と高城村の合併により生まれた合成地名
  • 1962年(昭和37年)4月1日 - 東米良村の中之又地区を編入。
  • 1973年(昭和48年)4月1日 - 町制施行。木城町となる。
  • 1978年(昭和53年)5月 - 町の花と町の鳥を制定する。
  • 1996年(平成8年)3月 - 木城えほんの郷を開設。
  • 2004年(平成16年)4月 - 町内全域を対象としたFTTHによるインターネットサービスを開始。

町政[編集]

  • 町長:田口晃史(2003年4月28日就任、2期目)
  • 副町長:三隅英二

国政・県政[編集]

国政[編集]

衆議院小選挙区選挙では宮崎2区(延岡・日向・西都・児湯郡・西臼杵郡・東臼杵郡)に属する。近年選出の議員は以下のとおり。

なお道休誠一郎民主党)が比例で復活当選している。

宮崎県議会[編集]

本町と都農町川南町新富町高鍋町で選挙区(西米良村を除く児湯郡)をなす。定数は3人。近年選出の議員は以下のとおり。

  • 2007年4月
    • 坂口博美(自民)
    • 図師博規(無所属)
    • 松村悟郎(自民)

経済[編集]

産業[編集]

  • 主な産業
  • 産業人口

主な企業[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography45404.svg
木城町と全国の年齢別人口分布(2005年) 木城町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 木城町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
木城町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 6,031人
1975年 5,575人
1980年 5,857人
1985年 6,101人
1990年 5,871人
1995年 5,727人
2000年 5,759人
2005年 5,531人
2010年 5,177人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

中学校[編集]

町立

小学校[編集]

町立
  • 木城小学校
  • 石河内小学校
  • 中之又小学校(創立136年の歴史を経て2008年度で閉校。2009年3月26日に終了式・閉校式が開催された。TBSの番組『ワンステップ!』で取り上げられる)

交通[編集]

空港[編集]

鉄道[編集]

  • 町内にはない。最寄り鉄道駅は高鍋駅。かつては高鍋駅から当町を結ぶ高鍋鉄道の計画があった。

バス路線[編集]

一般路線バス[編集]

廃止代替バス[編集]

道路[編集]

県道(主要地方道のみ)

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

木城町出身の著名人[編集]

  • 図師博規 宮崎県議会議員。2010年1月4日まで「愛みやざき」所属。現在「日日新」所属。

木城町にゆかりのある人物[編集]

外部リンク[編集]