幕内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幕内(まくのうち、まくうち)は、大相撲番付における階級の1つである。

概要[編集]

2004年1月場所以降、幕内力士の定員は42人と定められている。

幕内力士は番付において、上から横綱大関関脇小結前頭と区分けされている。その中で、一般に大関・関脇・小結を総称して三役と呼ぶ。また前頭の力士を三役力士と区別する際には平幕と呼ぶ。力士たちを指して漠然と幕内と表現している場合は、番付が安定しており別格の横綱・大関を除いて、番付が幕内で頻繁に入れ替わる関脇・小結・前頭の集団を総称している場合も多い。

幕内最高優勝を果たした力士は、千秋楽の全取組終了後に行われる表彰式にて天皇賜杯と優勝旗を授与される。加えて優勝額が贈呈され、次の東京場所初日に国技館に掲額される。また、横綱・大関以外の成績優秀者には三賞が贈られる。

十両力士が幕内に昇進することを入幕(にゅうまく)と呼ぶ。このうち初めて入幕することを新入幕、二度目以降の入幕を返り入幕(かえりにゅうまく)と呼び区別することもある。入幕・十両への陥落についての基準は各々の成績や幕内力士の引退者数に左右されるため一定していない。

幕内を通算20場所務めた力士、幕内と十両を通算して30場所以上務めた力士、および1場所以上三役を経験した力士は年寄襲名の資格を得る。

幕内上位[編集]

正式な区分ではないが、概ね前頭四枚目、五枚目以上(横綱・大関の人数にもよる)を幕内上位と呼ぶ場合がある。これは取組編成上、この番付を境にして互いに対戦することが少なく、同じ幕内でも事実上、二部リーグ制のようになることからである。前頭四枚目程度でも、横綱・大関等上位総当たりとなるが、前頭六枚目だとほとんど上位との取組がない、という場合が多い。

そのため、力をつけていく途上の力士は幕内(下位)に定着した後、初めて幕内上位に昇進した場所では、一二敗以上などの大負けをして跳ね返される例が多い。それと比較すると、新小結では既に、前頭上位の地位で上位総当り戦で勝ち越せる実力を身につけているため、そこまで極端な大負けをする例は多くない。見方によっては幕内上位と下位では、三役と平幕の間以上の差があるとも言える。

記録[編集]

幕内連続在位記録[編集]

四股名 連続在位場所数  期間  内訳
魁皇博之 106場所 1993年11月場所-2011年7月場所 大関65場所・関脇21場所・小結11場所・平幕9場所
高見山大五郎 97場所 1968年1月場所-1984年1月場所↓ 関脇8場所・小結19場所・平幕70場所
寺尾常史 90場所 1985年7月場所-2000年5月場所↓ 関脇7場所・小結6場所・平幕77場所
安芸乃島勝巳 1988年7月場所-2003年5月場所 関脇12場所・小結15場所・平幕63場所
琴ノ若晴將 89場所 1991年3月場所-2005年11月場所 関脇2場所・小結7場所・平幕80場所
  • ↓は十両に陥落、無印は引退。
  • 四股名は幕内で最後に名乗ったもの。期間中に寺尾は「寺尾節男」から、安芸乃島は「安芸ノ島」から改名している。
  • 魁皇の在位期間中には大相撲八百長問題による本場所中止1場所がある。

スピード入幕記録[編集]

前相撲からの記録[編集]

四股名 所要場所数 前相撲 序ノ口 序二段 三段目 幕下 十両 初土俵 新入幕
常幸龍貴之 9場所 1場所 1場所 1場所 1場所 2場所 3場所 2011年5月場所 2012年11月場所
琴欧州勝紀 11場所 1場所 1場所 1場所 2場所 4場所 2場所 2002年11月場所 2004年9月場所
阿覧欧虎 1場所 1場所 1場所 2場所 4場所 2場所 2007年1月場所 2008年11月場所
板井圭介 12場所 1場所 1場所 1場所 1場所 2場所 6場所 1978年9月場所 1980年9月場所
小錦八十吉 (6代) 1場所 1場所 1場所 2場所 3場所 4場所 1982年7月場所 1984年7月場所
栃東大裕 1場所 2場所 1場所 1場所 4場所 3場所 1994年11月場所 1996年11月場所
朝青龍明徳 1場所 1場所 1場所 1場所 6場所 2場所 1999年1月場所 2001年1月場所
時天空慶晃 1場所 1場所 1場所 1場所 6場所 2場所 2002年7月場所 2004年7月場所
嘉風雅継 1場所 1場所 1場所 2場所 4場所 3場所 2004年1月場所 2006年1月場所
把瑠都凱斗 1場所 1場所 1場所 2場所 4場所 3場所 2004年5月場所 2006年5月場所
境澤賢一 1場所 1場所 1場所 1場所 4場所 4場所 2006年3月場所 2008年3月場所
山本山龍太 1場所 1場所 1場所 2場所 5場所 2場所 2007年1月場所 2009年1月場所
  • 年6場所制以降。
  • 四股名は新入幕時のもの。常幸龍は幕下まで「佐久間山」、栃東は幕下まで「志賀」、嘉風は幕下まで「大西」。琴欧州はのちに「琴欧洲」。
  • 把瑠都は十両2場所目を全休、1場所幕下に陥落している。

幕下60枚目格付け出しからの記録[編集]

四股名 所要場所数 幕下 十両 初土俵 新入幕
長岡末弘 4場所 2場所 2場所 1978年3月場所 1978年11月場所
武双山正士 2場所 2場所 1993年1月場所 1993年9月場所
雅山哲士 2場所 2場所 1998年7月場所 1999年3月場所
大輝煌正人 5場所 4場所 1場所 1990年3月場所 1991年1月場所
輪島博 6場所 2場所 4場所 1970年1月場所 1971年1月場所
出島武春 3場所 3場所 1996年3月場所 1997年3月場所
  • 四股名は新入幕時のもの。長岡はのちに4代目「朝潮太郎」、大輝煌は幕下まで「林」のちに「輝ノ海」、武双山は幕下まで「尾曽武人」、雅山は幕下まで「竹内雅人」、輪島はのちに「輪島大士」。

スロー入幕記録[編集]

四股名 所要場所数 前相撲 序ノ口 序二段 三段目 幕下 十両 初土俵 新入幕
星岩涛祐二 115場所 1場所 1場所 17場所 25場所 50場所 21場所 1970年5月場所 1989年7月場所
旭南海丈一郎 105場所 1場所 3場所 17場所 19場所 35場所 30場所 1993年3月場所 2010年9月場所
芳東洋 93場所 1場所 1場所 3場所 15場所 69場所 4場所 1996年1月場所 2011年9月場所
琴春日桂吾 91場所 1場所 1場所 14場所 24場所 42場所 9場所 1993年3月場所 2008年5月場所
琴椿克之 89場所 1場所 1場所 15場所 15場所 48場所 9場所 1976年3月場所 1991年1月場所
  • 四股名は新入幕時のもの。星岩涛は「野口」で初土俵、「開聞嶽」「星兜」などへの改名歴がある。旭南海は序二段時代に「健博一」から改名、のちに十両に降格して「旭南海廣光」。琴春日は三段目時代に「琴の山」から改名。琴椿は初土俵場所のみ「渡嘉敷」。
  • 芳東には十両時代に大相撲八百長問題による本場所の中止1場所がある。

関連項目[編集]