護身術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

護身術(ごしんじゅつ)とは、暴漢などから自分や他人の生命・身体を守るための知識や技術、方法などの総称。広義には危険に近づかない知識や技術なども含まれるが、狭義では暴漢撃退法のみを指す。ただし、武道武術格闘技などの専門家が護身術の指導も行っている場合も「相手を打ち倒すこと」ではなく「自分が安全に逃れる方法」を指導することを重視しており、いわゆる格闘技逮捕術のような制圧や逮捕を目的とした術技ではない。

概説[編集]

護身術は、相手を打ち負かすことが目的ではなく、あくまでも自分(もしくは他人)の生命・身体を守る事が最優先事項とされる。そのため、相手を倒すことを前提としている格闘技のテクニックやセオリーとは、似ている部分もあるが、違う部分も多い。

格闘技とは違い、相手にダメージを与えるよりも自分にダメージが無いことが重要視されるために相手の間合いに踏み込まず、自分に有利な間合いで戦い、常に「逃げる」ことを念頭においておくことが重要である。加害者を取り押さえ現行犯逮捕することは民間人にも認められた権利だが、それは二の次で良い。

護身術では、実践的な技術以前の問題として、日頃から危険な状況に身を置かないようにする心構えと行動が第一としている。つまり「夜間に出歩かない」「人通りの多い場所を歩く」「治安の悪い場所は避ける」といった危険な状態に陥ることを避けるにはどうすれば良いか?を考えることが重要である。

「危険な人物と向かい合ってどうするか」などという最悪の場合を「どうすれば回避できるか」を考えるべきであって、それに対する対処方法などは「使わないで済むのが最上」である。また後述するように、いよいよ危機的状況が回避できなくなった場合でも、次善策として「最小限の被害にとどめ安全に窮地を脱する方法」として、相手が要求する金銭を与えてしまうことも含み、また「とにかく危機から逃れること」を最優先として一種の攻撃的手段に訴える場合もあるが、そういった手段の知識や実際の技能も、護身術の範疇には含まれている。

欧米での護身術[編集]

欧米では、護身術に対する考え方が日本のそれとは大きく異なる。日本に於いては、護身術を語る場合に、上記のような技術的な話題に終始する。しかし、欧米においては、性暴力に対応するためには、肉体的な強さよりも心理的な強さが重要である、という考え方が一般的である。そのため、欧米で評価されている、キッドパワーウェンドーモデル・マギングなどの護身術では、肉体的な強さよりも、心理的な強さを重視している。具体的には、セルフエスティーム、バウンダリー、アサーティブネスなどを強化するプログラムを指導している。[1]

具体的な護身方法の例[編集]

格闘技の修練などは、ある意味で護身術に通じるものがある。しかし相手が拳銃を所持していたともなると、達人ほどの修練を積んだ人でも対処が難しい。その意味で、格闘技はあくまでもケースバイケースである。

日本の外務省の海外安全情報ページや、日本人向けの日本国外旅行用パンフレットには「○○地区には近づかないこと」などという表記が見られる。これは強盗に襲われたりする危険があるためで、これに従うのも広義の護身術である。中には、「財布とは別に、奪われても困らない程度の金銭を入れた財布を、上着の外ポケットなどに入れておくこと」と案内するガイドブックもある。なお上着の内ポケットや、ズボンの後ろポケットに財布を入れておくと、強盗に襲われた際に助かりたい一心で財布を取り出そうとしたところ、強盗が「相手が抵抗するために武器を出そうとしている」と誤解していきなり発砲する危険があるという。こういった配慮・情報も、命が助かることを前提とした護身術ならではといえよう。

狭義の護身術としては、「相手に手首を捕まれた」「後ろから羽交い絞めにされた」「路地などに追い詰められた」といった状況において、どのような体さばきでそれを振り払い逃れるかといった訓練がみられる。この中では先に挙げた急所攻撃など、非力な者が相手に一時的な苦痛を与えてその状況を脱する方法も様々なものが見られ、思い切り向こうずねを蹴飛ばしたりハイヒールかかとで相手の足を踏みつけるといったような方法も提案されている。「護身術教室」などでは、そういった状況をロールプレイすることが多い。

また、昨今においては相手の攻撃そのものを封鎖するために襲撃者に密着する近接格闘術を取り入れたクラヴ・マガ功朗法などもある。

最近は痴漢冤罪が多発しているので周りの無駄な正義感を振りかざす連中に対しては殺人への発展技として使える。ただし女の証言だけで犯罪者にされてしまうので その言葉に対する防御法もかねてその女にも使う必要がある。

護身術の問題点[編集]

  • 日本では、防犯グッズであっても、人の生命を害したり、人の身体に重大な害を与えるような攻撃性のある器具を正当な理由がなく持ち歩けば軽犯罪法1条2号に違反する。これらの器具には例えばスタンガン・特殊警棒が該当する。防犯ブザーや警笛など、攻撃性のない防犯器具はそもそも軽犯罪法1条2号には該当しない。催涙スプレーに関しては、護身用として携帯し軽犯罪法違反で起訴されたが最高裁で無罪とされた判例がある(催涙スプレー#携帯での注意参照)。
  • 武道格闘技の有段者・経験者が、暴漢を撃退し、けがを負わせた場合、暴漢の武装の有無、そのときの状況、怪我の程度などにより一概に言うことはできないが、過剰防衛として扱われる可能性がある。格闘の専門家の肉体は武器であるという認識があるためである(勘違い騎士道事件参照)。

脚注[編集]

  1. ^ 護身術について - パラベラム

関連項目[編集]

参考文献・関連資料[編集]

  • 照尾暢浩『子どもを守る護身術』(出版芸術社、2007年)
  • 久保正樹『護身全書』(KKベストセラーズ、1997年)
  • カヅキ・オオツカ『海外旅行者のための護身術』(データハウス、2003年)
  • 窪田孝行『クボタン護身術』(並木書房、1994年)
  • 『実践的護身術』(社団法人全国警備業協会、2004年)

外部リンク[編集]