水鴎流

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「水鷗流」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

水鴎流(すいおうりゅう)は、武術流派の一つ。正式には水鴎流居合剣法(すいおうりゅういあいけんぽう)という。

概要[編集]

戦国時代末期に三間与一左衛門景延(みま よいちざえもん かげのぶ:1577年-1665年)が創始した武術で、静岡県に現存する。

居合剣法(居合)(48本)を中心に、剣法(15本)、薙刀術(40本)、杖術(42本)、小具足(10本)を含み、第9代の福原景利が正木流万力鎖術より編み出した正木流鎖鎌術(16本)をも併伝している。流儀の特長としては、実際に相手を立てて稽古することを重視している。

宗家は第15代 勝瀬善光景弘。静岡市清水区の碧雲館道場で指導に当たる。

なお、漫画『子連れ狼』の主人公・拝一刀が学んだ剣術流派として知られているが、これは偶然の一致である。作中では水の中(主に川や池)での立ち合いで無類の強さを発揮するものであり、登場する剣技は一部を除き全て創作である。

外部リンク[編集]