種子島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
種子島
Gthumb.svg
画像募集中
種子島の位置(日本内)
種子島
種子島
種子島の位置
座標 北緯30度35分 東経130度59分座標: 北緯30度35分 東経130度59分
面積 444.99 km²
海岸線長 186 km
最高標高 282 m
所在海域 太平洋
所属国・地域 日本の旗 日本鹿児島県
テンプレートを表示
大隅諸島(薩南諸島、北部)

種子島(たねがしま)は、九州鹿児島県に属し、大隅諸島を構成するの1つ。

県内有人離島の中で最も東に位置し、人口(約33,000人)は奄美大島に次いで2番目に多く、面積は444.99km2で、奄美大島屋久島に次いで3番目に大きい。日本では、10番目の面積を持つ[1]標高は最高点でも282mしかなく、海側から見ると殆ど平らにしか見えない。1936mある隣の屋久島と比べると対照的である。中心都市は西之表市

沿革[編集]

西之表市市街地
中種子町市街地

種子島でもっとも古い遺跡は、南種子町横峯遺跡鹿児島県指定史跡)、中種子町立切遺跡・大津保畑遺跡で、約3万5千年前(較正年代)の遺跡である。これらの遺跡は、鹿児島県内で最も古い遺跡である。また、旧石器時代に人類が生活をした数少ない離島の一つでもある。種子島では細石器文化も確認されていて、南種子町銭亀遺跡は、細石器文化が確認された日本列島最南端の遺跡である。 縄文時代の種子島では、九州島南部の縄文文化とほぼ同一の土器様式が確認されている。一方、弥生時代後期から7世紀にかけての種子島では、独自の貝文化が展開した。その種子島独自の貝文化を代表する遺跡として、南種子町広田遺跡(国の史跡)が著名であり、貝製品を中心とする広田遺跡の出土品は、国の重要文化財に指定されている。 8世紀になると、種子島は、律令国家の支配下におかれる。大宝2年(702年)に令制国として隣の屋久島も含めて多禰国(たねのくに)が置かれ、島北部に能満郡、南部に熊毛郡が設けられたのである。

中央より国司も任じられ多禰守として二島を支配した。

しかし多禰国は平安時代前期の天長元年 (824年)に廃止され、能満郡は熊毛郡に統合し大隅国に編入された。 鎌倉時代には見和氏肥後氏が支配し、室町時代以降には種子島氏がこの地を治めた。鉄砲伝来の地で、火縄銃の製作が始められた場所でもあったため、国産の火縄銃は種子島と呼ばれていた。現在は種子島宇宙センターなど宇宙関連施設が多く建てられ、日本に於ける宇宙開発の一翼を担っている。また、最近では多くのサーファーが移住し、マリンスポーツ等も盛んに行われている。戦前より県内外からの移住者が多く、その出身元も多様。島の内陸部にある十六番や二十番という地名は、開拓番号がそのまま集落名になったものである。

地勢[編集]

  • 面積444.99km²(国土地理院データによる)
    神奈川県横浜市とほぼ同じ広さで、全国有人離島第5位(架橋離島除く)
  • 人口約33,000人
    人口の大半は各市町の市街地に集中しており、特に西之表市は市街地のある西海岸側と、反対の東海岸側との人口差が大きい。
  • 南北57.2km・東西5 - 12km・海岸線延長186km・最高点282m
  • 地下に極小規模の油田がある。採算性はない。
  • 砂鉄の産出に古来恵まれていた。
  • 島ほぼ全域が農業水産業に適している事から食料自給率(カロリーベース)が大変高く、1市2町全てで100%を越えている。特に中種子町は832%(県内1位・2005年)と、群を抜いて高い[2]

気候[編集]

  • 年間平均気温19℃・最高気温33℃前後・最低気温1℃前後・年間降水量2000 - 2500mm
  • 冬季の日照時間は短い。冬の平均気温も12度前後と温暖で、冬型になっても気温が高いので雨となることが多く、が降ることは非常に稀である。
  • 夏 - 秋季にかけては台風の影響をとても受けやすいところである。
種子島(1981-2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 24.4
(75.9)
25.6
(78.1)
26.9
(80.4)
28.1
(82.6)
30.6
(87.1)
32.7
(90.9)
34.9
(94.8)
35.9
(96.6)
34.1
(93.4)
31.0
(87.8)
28.8
(83.8)
27.2
(81)
35.9
(96.6)
平均最高気温 °C (°F) 14.1
(57.4)
14.9
(58.8)
17.4
(63.3)
20.8
(69.4)
23.7
(74.7)
27.2
(81)
30.1
(86.2)
30.6
(87.1)
28.9
(84)
24.8
(76.6)
20.6
(69.1)
16.6
(61.9)
22.5
(72.5)
日平均気温 °C (°F) 11.5
(52.7)
12.0
(53.6)
14.4
(57.9)
17.8
(64)
20.9
(69.6)
24.0
(75.2)
27.4
(81.3)
27.9
(82.2)
26.0
(78.8)
21.9
(71.4)
17.9
(64.2)
13.7
(56.7)
19.6
(67.3)
平均最低気温 °C (°F) 8.5
(47.3)
8.7
(47.7)
10.9
(51.6)
14.5
(58.1)
18.0
(64.4)
21.4
(70.5)
25.1
(77.2)
25.4
(77.7)
23.4
(74.1)
19.3
(66.7)
14.7
(58.5)
10.4
(50.7)
16.7
(62.1)
最低気温記録 °C (°F) 0.0
(32)
−0.6
(30.9)
2.1
(35.8)
4.5
(40.1)
11.2
(52.2)
15.2
(59.4)
17.5
(63.5)
20.6
(69.1)
14.9
(58.8)
10.3
(50.5)
4.5
(40.1)
2.6
(36.7)
−0.6
(30.9)
降水量 mm (inch) 89.2
(3.512)
113.0
(4.449)
173.6
(6.835)
210.7
(8.295)
231.7
(9.122)
455.4
(17.929)
217.6
(8.567)
199.5
(7.854)
273.3
(10.76)
166.5
(6.555)
132.1
(5.201)
82.3
(3.24)
2,345
(92.323)
 % 湿度 64 67 70 72 76 82 80 77 77 71 68 65 73
平均月間日照時間 102.5 113.3 126.7 150.6 152.6 144.9 229.3 219.5 164.0 156.0 133.3 111.3 1,804.2
出典 1: 気象庁[3]
出典 2: 気象庁[4]

自治体[編集]

種子島を構成する1市2町は揃って、1986年(昭和61年)10月18日に大阪府堺市と友好都市提携を結んだ。いわゆる「鉄砲つながり」で、「堺まつり」、「種子島鉄砲まつり」に相互参加している。

行政機関[編集]

国の機関[編集]

種子島宇宙センター
種子島合同庁舎

県の機関[編集]

熊毛支庁本館
  • 熊毛支庁(西之表市)
  • 西之表保健所(西之表市)
  • 熊毛教育事務所(西之表市)
  • 鹿児島県農業試験場熊毛支場(西之表市)
  • 西之表農業改良普及所(西之表市)
  • 鹿児島中央家畜保健衛生所熊毛支所(中種子町)
  • 種子島警察署(西之表市)

市町の機関[編集]

  • 西之表市役所
  • 中種子町役場
  • 南種子町役場
  • 熊毛地区消防組合
    西之表消防署
    中種子分遣所
    南種子分遣所

郵便局[編集]

  • 種子島郵便局(西之表市) - 郵便事業鹿児島支店 種子島集配センター併設
  • 古田郵便局(西之表市) - 郵便事業鹿児島支店 古田集配センター併設
  • 中種子郵便局(中種子町) - 郵便事業鹿児島支店 中種子集配センター併設
  • その他の郵便局(郵便局株式会社単独店舗) --- 西之表市4局・中種子町3局・南種子町5局
  • 簡易郵便局 --- 西之表市6局・中種子町4局・南種子町3局

学校[編集]

西之表市[編集]

中種子町[編集]

  • 小学校 --- 7校
    中種子町立星原小学校
    中種子町立納官小学校
    中種子町立増田小学校
    中種子町立野間小学校
    中種子町立油久小学校
    中種子町立南界小学校
    中種子町立岩岡小学校
  • 中学校 --- 1校
    中種子町立中種子中学校
  • 養護学校
    鹿児島県立中種子養護学校
  • 高等学校
    鹿児島県立種子島中央高等学校
  • 大学
    玉川大学学術研究所種子島施設
  • 熊毛姶良自動車学校

南種子町[編集]

  • 小学校 --- 8校
  • 中学校 --- 1校

交通[編集]

種子島 - 鹿児島間には高速船フェリー、航空機がそれぞれ運航され、1日あたりの総輸送人員は片道約3,000人におよぶ。

※航路の詳細や運航時刻などは、各社の項目または公式サイトなどを参照。

航路[編集]

鹿児島への航路はいわさきグループ鹿児島商船など)および市丸グループ(コスモライン)が就航しており、屋久島への航路は両グループに加え屋久島町が就航している。高速船については前記2社が競合していたが、2009年10月から一部の便において両グループの共同運航(コードシェア)が開始[5]されたのち、2012年4月からは両グループの共同運航会社である種子屋久高速船に全便が移管された。

高速船

各社ともボーイング929(ジェットフォイル)による運航。

  • トッピー & ロケット(種子屋久高速船)
    • 種子島 - 屋久島・指宿・鹿児島
※2012年3月31日までは、鹿児島商船の「トッピー」および、コスモライン「ロケット」(2005年7月29日就航)がそれぞれ運航され競合していた。
フェリー
  • はいびすかす(鹿児島商船・新屋敷商事)
    • 屋久島 - 種子島 - 鹿児島
  • プリンセスわかさ(コスモライン)
    • 種子島 - 鹿児島
  • フェリー太陽(屋久島町

かつて運航されていた主な航路[編集]

  • フェリー出島(九州商船) ※2004年12月11日撤退。
    • 種子島 - 鹿児島
【凡例】 (M) : 屋久島・宮之浦港、 (K) : 鹿児島港、 (KW) : 鹿児島湾内

航空[編集]

※かつては大阪(伊丹)や屋久島との直行便があったが、現在は就航していない。

路線バス[編集]

2005年(平成17年)より、県内の路面電車路線バス会社で共通使用できるICカードが、島内の路線バスにも導入された。

海港[編集]

空港[編集]

道路[編集]

国道

  • 国道58号
    沖縄県の本土復帰に伴い、1975年(昭和50年)県道西之表南種子線が国道に昇格。
    現在の西之表南種子線は東海岸側を通る県道75号。

県道

  • 鹿児島県道75号 西之表南種子線
  • 鹿児島県道76号 野間十三番西之表線
  • 鹿児島県道581号 伊関国上西之表港線
  • 鹿児島県道583号 新種子島空港線
  • 鹿児島県道586号 茎永上中線
  • 鹿児島県道588号 野間島間港線
  • 鹿児島県道589号 種子島空港線
  • 鹿児島県道591号 国上安納線
    近年改良が進み、比較的走りやすくなった。特に県道76号は拡張・直線化が進み、国道の補完道路としての役割が大きい。

観光[編集]

お祭り

  • ロケット祭り(南種子町)8月
  • よいらーいき祭り(中種子町)8月
  • 種子島鉄砲まつり(西之表市)8月
  • 農林漁業祭(中種子町)11月

文化施設

神社仏閣

  • 宝満神社
  • 熊野神社

自然

温泉

  • 種子島温泉

出身有名人[編集]

その他[編集]

地上波放送[編集]

  • 種子島のテレビ放送開始は比較的早く、1957年(昭和32年)には既に南種子中継局が建てられている。だが、当初は島内全ての地域が良好に受信出来た訳ではなく、特に西之表市の東海岸側は受信が困難であった。その後、西之表市に種子島中継局が建てられると、島内の視聴環境は飛躍的に改善した。
    なお南種子中継局は、トカラ列島奄美群島電波を中継する重要な役割も果たしている。
    地上デジタル放送については、南種子中継局が2008年(平成20年)4月から、種子島中継局が同年12月から開始されている。

通信[編集]

固定電話

  • 西日本電信電話(NTT西日本)
    市外局番・0997(鹿児島地区および県内各離島への通話は、特例により隣接扱い)
    島外及び携帯電話で種子島地方の気象情報等を聞く際には、市外局番は0997ではなく09972となる。

携帯電話

インターネット

  • ISDN --- 全域で利用可能
  • ADSL --- ほぼ全域で利用可能
  • フレッツ光 --- 西之表市の一部地域(市内局番22・23・24・25・28の一部)

関連文献[編集]

  • 司馬遼太郎『熊野・古座街道・種子島みち』街道をゆく8.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台(編) 平成19年 理科年表 p.565 ISBN 4621077635
  2. ^ 「食料自給率、中種子832% 05年度鹿児島県内」『南日本新聞』 2008年1月1日朝刊。南日本新聞による独自集計である。第1部1面に調査方法が、第3部6面に鹿児島県内各市町村の食料自給率が掲載されている。
  3. ^ 種子島 1981-2010年”. 気象庁. 2013年1月29日閲覧。
  4. ^ 種子島 観測史上1~10位の値”. 気象庁. 2013年1月29日閲覧。
  5. ^ 鹿児島-種子島高速船 岩崎と市丸一部共同運航へ : 南日本新聞エリアニュース” (2009年8月28日). 2009年9月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]