おやすみプンプン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おやすみプンプン
ジャンル 青年漫画
漫画
作者 浅野いにお
出版社 小学館
掲載誌 週刊ヤングサンデー
ビッグコミックスピリッツ
発表号 YS:2007年15号 - 2008年35号
BS:2008年47号 - 2013年49号
発表期間 2007年3月15日 - 2013年11月2日
巻数 全13巻
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

おやすみプンプン』は、浅野いにおによる漫画。2007年から『週刊ヤングサンデー』に、同誌の休刊により、その後2008年から2013年まで『ビッグコミックスピリッツ』に連載された。単行本は全13巻。

概要[編集]

どこにでもあるような街のどこにでもいそうな少年、「プンプン」の人生の波乱を描いた作品。

この作品の大きな特徴に、主人公である「プンプン」やその家族、親戚のみ“落書きのようなヒヨコ”で描かれており、その名前に加え、周りの人物や情景などの高い描写力からは浮いた存在となっている。加えて、作品内でコラージュ的な表現を用いたり、一部の人物に話の進行とは無関係な奇行を描いたりと、実験的なシュルレアリスム表現がみられる。

作家の伊坂幸太郎が単行本の帯に「前衛でありつつ王道を走り抜ける」と寄稿している。

登場人物[編集]

メインキャラクター[編集]

プン山プンプン→小野寺プンプン
本作の主人公。作品内での言葉は独白で語られることが多く、まれにカッコ書きで語られる。落書きのようなヒヨコの姿をしているが、作品内でその事は一切言及されていない。クラスの女子からジョニーズ系と指摘されていたり、南条の描いた似顔絵等により、わずかながら素顔が判明している。小学生の時に両親が離婚し、母方に引き取られたため、姓がプン山から小野寺になる。第一話で引っ越してきた田中に一目惚れするものの中学校になってから徐々に距離を取るようになる。疎遠になってからも彼女の存在に突き動かされ、その後も執念のように彼女を追い続ける。高校を卒業後はフリーターになり、当てもない生活をしていたが、教習所で偶然再会した愛子と行動を共にするようになり、共依存のような関係になる。愛子に暴力をふるう母を殺しかけ、自分が殺害していたと思っていたが、実は愛子が母にとどめを刺す形で殺していたことを告白され途方に暮れる。
プン山プンプンパパ
プンプンの父。家族のことを思い単身赴任を断った結果、リストラにされ無職に。それ以来夫婦はけんかが絶えない。趣味は野球観戦で、読売ジャイアンツのファン。かつてSF少年だったことから宇宙も好きで、プンプンに宇宙について語るシーンが見られる。リーゼントと口ひげが特徴。酒好きで、アルコールが回ると語気を荒げる。自暴自棄になりプンプンを殺害しようとしたプンプンママを殴打し負傷させたことが決定打となり、プンプンママと離婚。その後は福島で夜警をしていたが、現在は同地で介護の仕事をしている。
プン山プンプンママ
プンプンの母。自己中心的でヒステリックな言動が目立つが、その反面寂しがりで涙もろい性格も垣間見える。いじめに遭った過去があり、それが性格形成に寄与している。パーマと口紅が特徴。離婚後は愛人を作ったりもしていた。プンプンとは冷めた親子関係にあったが、父からの手紙を偽って書いていたり、死の間際に彼に愛を伝えるなど、決して疎ましく思ってはいなかったようである。プンプンパパによる頭部の負傷、肺気胸、癌と、物語中で三度入院している。癌により亡くなる。
小野寺雄一
プンプンの叔父で、プンプンママの弟。美大の大学院卒業後、みつぞの陶芸教室にて講師として勤める。元は大船に住んでいたが、プン山家でも事件以来プンプンと暮らすようになる。女性に惹かれる自分自身を軽蔑視する事が多く、人間不信であるが、その理由は自身の暗い過去が関係している。偶然訪れた喫茶店で翠と出会い、後に結婚する。二年後に不倫を働き、罪悪感から自殺を図るも未遂に終わる。独特の人生観を持っており、プンプンに話し聞かせるシーンが見られた。翠とプンプンの情事を知りながらもそれを許し、彼を愛するなど、中学生~高校生時代のプンプンの理解者となる。現在は翠と喫茶店を経営している。
田中愛子
第一話でプンプンのクラスに練馬区から転校して来た少女。プンプンは一目惚れし、彼女もプンプンに好意を抱いていたが、双方はそれを伝えられなかった。その後プンプンとは疎遠になる。中学生編では1学年上の矢口と交際していたが、程なく別れる。高校を卒業してからは、一時期小さな芸能事務所に所属したり、家族の伝で工場でアルバイトをしたりして細々と生活していた。母親は宗教法人コスモさん健康センターの信者で精神に異常を来しており、また父とは幼少期に離婚しており足が不自由なため、彼女を家に置き、身体的かつ精神的な暴力で束縛しながら身の回りのことをさせていた。プンプンと再会した後は共依存的な関係になり、プンプン(実際は愛子自身)が母のへ殺害を行った後、彼と行動を共にする。
大隈翠→小野寺翠
小学生編では第二病院の看護師として登場。プンプンママが入院していた際に、奔放な彼女に手を焼く。中学編では近所の喫茶店でアルバイトをしていたときに雄一と出会い、そのまま交際し、後に結婚する。アルバイトをしていた喫茶店を譲り受け、雄一と経営することになる。雄一が不倫を働き失踪した折、寂しさから一度だけプンプンと関係を持ち、プンプンの初体験の相手となる。
南条幸
高校生編に登場。蟹江美雪の友人で、漫画家志望。早稲田大学中退。プンプンが梓との初デートでOG展を訪れた時に出会う。出典していた作品の感想ノートにプンプンが書いた文章からプンプンの才能を見出し、2年後に偶然再開した際に漫画の原作執筆を依頼する。外国人の母を持つハーフで幼い頃から容姿にコンプレックスを持っていたため、顔を整形している。また、過去に大学時代の同級生と結婚していたが現在は離婚している。姉御肌で言動が尖った部分はあるものの、プンプンとの共同作業を経ていく中で、雄一と並ぶ彼の最大の理解者となっていく。
神様
プンプンが「神様神様チンクルホイ」と唱えると現れる謎の存在。なお、中学に入った頃からは唱えなくても現れる。高校生以降はあまり登場しなくなる。

サブキャラクター[編集]

太田ミヨ
プンプンのクラスのアイドル的存在。彼女が転校するシーンから本作が始まるが、それといった役はない。プンプンは彼女に片思いをしていた。
晴見俊太郎
プンプンのクラスメイト。メガネをかけている。通称ハルミン。夏休み明けに隣町に転校していく。高校生編に再登場し、プンプンママと親しくなる。初めて彼女が出来るが、自転車の2人乗りで事故を起こし、彼女の顔に傷を作ってしまい、そのことを気にしていた。
清水
プンプンのクラスメイト。本人にはうんこ神という、空想ともとれる存在が見える。おっとりして、抜けている性格。幼少期に交通事故で母親を失くすが、その際の関の言葉を信じており、母の他界を受け入れられていない。関と行動を共にし、依存とも取れる言動をするが、徐々にそりが合わなくなる。星川に出会い、彼に入れ込んでいき、「チューペット」という渾名を付けられる。
小松
プンプンのクラスメイト。小学生編ではあまり描写はなかったものの、中学生編になると、プンプンを誘いバドミントン部に入部した。初心者であったが急激に実力を付け、一年生ながらシングルスのメンバーに選ばれ、地区大会の決勝戦で矢口と対戦する。勝負に関して独自の哲学を持っており、他を寄せ付けない雰囲気を醸していた。
関真澄
プンプンのクラスメイト。家は弁当屋で、父は得意先の味噌工場の女社長と関係を持っていた。複雑な家庭環境に育ったためか、大人びた言動をする冷めた性格の一匹狼。小学生編では煙草を吸う描写がある。中学校を卒業してからは定職に就かず、交際相手の父が経営する廃品回収業のアルバイトをしながら生活している。清水とは幼稚園からの知り合いで、清水の母が交通事故に遭って以来、彼と行動を共にしているが、清水が星川に傾倒しかけていることを気にしている。
森先生
プンプンのクラスの担任。一見爽やかな好青年だが奇行な言動が目立つ。
湯上
雄一の知人。ほとんどの台詞は「ウィッ!」という奇声である。弁護士をしており、不倫を働き慰謝料を請求されていた雄一の相談を受けることになり、短期間ながら雄一と共に行動していた。翠に好意を寄せており、それについて雄一と話すシーンで、唯一「ウィッ!」以外の台詞を発する。
志村卓巳
役者。
コスモさん
宗教のキャラクター。手足はなく、巨大な唇が特徴的。
うんこ神
清水には見える神。
清本さん
霊媒師。
沼田裕美
プンプンのクラスメイト。杉並区から引っ越してくる。のちにペガサス合奏団の一員となり星川に「まんこ姫」というコードネームを与えられる。
矢口先輩
バドミントン部の1年先輩。田中愛子と一時付き合っていた。
蟹江梓
高校生編に登場。プンプンのクラスメイト。人付き合いが苦手で同じ境遇のプンプンと意気投合し、デートまでこぎつけるが、プンプンの暴走によって恋愛関係にまでは至らなかった。
蟹江美雪
蟹江梓の姉で南条幸の友人。妹とは似つかぬふくよかな体型が特徴。
三村雪之進
高校生編に登場。プンプンのクラスメイト。プンプンとは対極の明るく軽い性格だが大学進学後も友人としての付き合いを続けている。プンプンの事は「オノッティー」と呼んでいる。後にゲス美と結婚。
蛇塚ゲス美
社会人編に登場。三村の彼女。
宍戸平六
不動産屋。高校生編で関と清水に自らが所有する物件の掃除を依頼した際に初登場。その後、社会人編でプンプンにアパート(前居住者が部屋で死亡した訳あり物件)を格安で提供する。極度のお人好しで、プンプンの資格取得を斡旋するなど世話を焼いていた。しかし、お人好しが災いして万引きの冤罪をかけられ、店員に取り押さえられた際に脊髄を損傷し、半身不随の身となってしまう。
星川俊樹(ペガサス)
ペガサス合奏団のリーダー。プンプンを巡るメインストーリーには殆ど絡まないが本作の狂言回しとして度々登場し、意味不明な言動や奇天烈な行動を繰り返す。父はコスモさん健康センターの創設者。

書籍情報[編集]

浅野いにお 『おやすみプンプン』 小学館出版〈ヤングサンデーコミックス〉 全13巻

  1. 2007年8月3日発売、ISBN 978-4-09-151218-5
  2. 2007年12月28日発売、ISBN 978-4-09-151259-8
    第2巻ストラップ付き限定版、ISBN 978-4-09-159058-9
  3. 2008年6月5日発売、ISBN 978-4-09-151333-5
    第3巻特製プンプンTシャツ付き限定版、ISBN 978-4-09-159061-9
  4. 2009年1月30日発売、ISBN 978-4-09-151413-4
  5. 2009年6月30日発売、ISBN 978-4-09-151430-1
  6. 2009年12月26日発売、ISBN 978-4-09-151479-0
    第6巻初回限定スペシャル版 Aタイプ、ISBN 978-4-09-159069-5
    第6巻初回限定スペシャル版 Bタイプ、ISBN 978-4-09-159070-1
  7. 2010年9月30日発売、ISBN 978-4-09-151499-8
    第7巻特製フィギュア付色鉛筆7体セット付き、ISBN 978-4-09-159028-2
  8. 2011年2月26日発売、ISBN 978-4-09-151510-0
  9. 2011年10月28日発売、ISBN 978-4-09-151529-2
    第9巻初回限定プラス・アンコミック 特製プンプンTシャツ付き、ISBN 978-4-09-159106-7
  10. 2012年4月27日発売、ISBN 978-4-09-151537-7
    第10巻初回限定プラス・アンコミック 特製プンプン伊達メガネ付き、ISBN 978-4-09-159116-6
  11. 2012年11月30日発売、ISBN 978-4-09-151543-8
    第11巻初回限定プラス・アンコミック 田中愛子美麗イラストブックカバー 小野寺プンプン型ブックマーク(しおり)付き、ISBN 978-4-09-159130-2
  12. 2013年6月28日発売、ISBN 978-4-09-151549-0
    第12巻初回限定プラス・アンコミック 田中愛子フルカラーTシャツ付き、ISBN 978-4-09-159149-4
  13. 2013年12月27日発売、ISBN 978-4-09-151555-1
    第13巻初回限定プラス・アンコミック 特製腕時計付き、ISBN 978-4-09-159170-8

外部リンク[編集]