伊坂幸太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊坂 幸太郎
(いさか こうたろう)
誕生 1971年5月25日(43歳)
千葉県松戸市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2000年 -
ジャンル 推理小説
代表作 『重力ピエロ』(2003年)
ゴールデンスランバー』(2007年)
主な受賞歴 新潮ミステリー倶楽部賞(2000年)
吉川英治文学新人賞(2004年)
日本推理作家協会賞短編部門(2004年)
本屋大賞(2008年)
山本周五郎賞(2008年)
処女作 オーデュボンの祈り』(2000年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう、1971年5月25日 - )は、日本小説家

経歴

千葉県松戸市出身。千葉県立小金高等学校東北大学法学部に入学。この時期の東北大学には、薬学研究科瀬名秀明文学研究科佐藤賢一、理学部に松崎有理円城塔など、後に小説家として著名になる人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働く[1]かたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。その後作家専業となる。宮城県仙台市在住。

2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、直木賞候補になった2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞した。

2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で直木賞候補となる。また本屋大賞において唯一第1回から第4回まですべてにノミネートされ、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で同賞を受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞した。なお同作で直木賞の選考対象となることを「執筆に専念する」ことを理由に辞退している[2]

受賞歴

作風

  • しばしば、作風が村上春樹に似ていると指摘されるが、本人曰く、直接的な影響は受けてはいないという。むしろ島田荘司から多大な影響を受け、「島田作品はとても好きですね。島田荘司さんがいなかったら、プロの作家になろうなんて思わなかったような気がします」と多数のインタビューにて語っている。
  • 多くの作品間で舞台設定、登場人物や事件などのリンクがある。また、同名でありながら違うキャラクターとして、複数の作品に登場する人物もいる。これは夢枕獏や島田荘司らの作品からの影響である[3]手塚治虫の影響もある、とも)。
  • 初期の作品では勧善懲悪のストーリーが殆どだが、著者14作目の「ゴールデンスランバー」を執筆したあたりからその傾向はあまりない。伊坂曰く「現実の問題っていうのはもっともやもやしていてシンプルなものではない。今までは、そのもやもやをせめて小説の中では払拭したいという気持ちがあったが、世の中は本当はそうじゃないということはちゃんと知っているという事を読者に知ってもらいたかったから」[4]
  • 息子が1人いる。よく口喧嘩をするとのこと[4]
  • 2010年をもって作家生活10周年となる。そのことに関してインタビューをされた時、「この10年間で小説に対するモチベーションがかなり変わった。最初は読者の反応を気にして、執念をもって小説を執筆していたが、最近は小説を書くこと自体が楽しくてしょうがない」と語っている[4]

作品リスト

小説

エッセイ

その他

  • 絆のはなし―伊坂幸太郎×斉藤和義(2007年10月 講談社) - 対談集

アンソロジー

「」内が伊坂幸太郎の作品

ザ・ベスト・ミステリーズ 推理小説年鑑

  • ザ・ベストミステリーズ 2003(2003年7月 講談社)「チルドレン」
    • 【分冊・改題】殺人の教室 ミステリー傑作選(2006年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2004(2004年7月講談社)「死神の精度」
    • 【分冊・改題】孤独な交響曲 ミステリー傑作選(2007年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2005(2005年7月 講談社)「死神と藤田」
    • 【分冊・改題】 仕掛けられた罪 ミステリー傑作選(2008年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2006(2006年7月 講談社)「死神対老女」
    • 【分冊・改題】セブンミステリーズ ミステリー傑作選(2009年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2009(2009年7月 講談社)「検問」
    • 【分冊・改題】Bluff 騙し合いの夜 ミステリー傑作選(2012年4月 講談社文庫)
  • ザ・ベストミステリーズ 2014(2014年5月 講談社)「彗星さんたち」

その他

  • ああ、腹立つ(2004年10月 新潮文庫)「映画館は平和だ」 - エッセイ
  • 事件を追いかけろ サプライズの花束編(2004年12月 光文社カッパ・ノベルス / 2009年4月 光文社文庫)「バンク」
  • I LOVE YOU(2005年7月 祥伝社 / 2007年9月 祥伝社文庫)「透明ポーラーベア」
  • Re-born はじまりの一歩(2008年3月 実業之日本社 / 2010年12月 実業之日本社文庫)「残り全部バケーション」
  • 蝦蟇倉市事件1(2010年1月 東京創元社ミステリ・フロンティア)「浜田青年ホントスカ」
  • NOVA 5 書き下ろし日本SFコレクション(2011年8月 河出文庫)「密使」
  • Happy Box(2012年3月 PHP研究所)「weather」
  • しあわせなミステリー(2012年4月 宝島社)「Bee」 - 兜シリーズ第2作
    • 【改題】ほっこりミステリー(2014年3月 宝島社文庫)
  • あの日、君と Boys(2012年5月 集英社文庫)「逆ソクラテス」
  • 最後の恋 MEN'S つまり、自分史上最高の恋。(2012年5月 新潮文庫)「僕の舟」
  • 奇想博物館 最新ベスト・ミステリー(2013年12月 光文社)「小さな兵隊」
  • Wonderful Story(2014年10月 PHP研究所)「イヌゲンソーゴ」

単行本未収録作品

  • 悪党たちが目にしみる(第13回サントリーミステリー大賞佳作受賞作、のちに全文改稿され『陽気なギャングが地球を回す』として出版)
  • 書店にまつわる小噺あるいは、教訓の得られない例話(『キノベス!2003』)
  • 定規(『アヒルと鴨のコインロッカー』ネットサイン本通販特別付録)
  • ギア(『エソラ』vol.3 2006/4)
  • ブギ(『エソラ』vol.4 2007/7)
  • マリアビートル・イントロダクション(『野性時代』2007年11月号)
  • 首折り男の周辺(『Story Seller』2008 Spring)
  • 合コンの話(『Story Seller vol.2』2009 Spring)
  • ギブ(『エソラ』vol.7 2009/4)
  • ついてないから笑う(『ダ・ヴィンチ』2010年3月号)
  • 濡れ衣の話(『小説新潮』2010年7月号)
  • クリスマスを探偵と(『文藝別冊 伊坂幸太郎』)
  • 相談役の話(『幽』vol.14)
  • 小説新潮の話(『小説新潮』2011年1月号)
  • 僕の舟(『小説新潮』2011年12月号)
  • AX(『野性時代』2012年1月号) - 兜シリーズ第1作
  • 月曜日から逃げろ(『yomyom』vol.27)
  • 人間らしく(『新潮』2013年1月号)

メディア・ミックス

映画

ドラマ

舞台

ラジオドラマ

いずれもNHK-FM青春アドベンチャーにて

  • オーデュボンの祈り (演出:濱田裕之・出水有三)
    • 2004年4月12日 - 16日、19日 - 23日(全10回)放送
    • 2007年4月30日 - 5月4日、5月7日 - 11日放送(再放送)
  • 死神の精度 (演出:川野秀昭)
    • 2006年10月30日 - 11月3日放送(全5回)
  • 終末のフール(演出:川野秀昭)
    • 2010年2月1日 - 5日、8日 - 12日(全10回)放送

漫画

関連項目

脚注

  1. ^ 会社が法学部卒業生の募集要項を出していたことから著作権関連の仕事と思って入社したが、入ったらプログラムを組む仕事であり、現場で技術を身につけた。
  2. ^ asahi.com (2008年7月8日). “伊坂幸太郎さん、直木賞選考対象から辞退”. 2011年2月11日閲覧。
  3. ^ yom yom vol.7 『僕を作った五人の作家、十冊の本』 新潮社、2008年。JAN 4910090190788。
  4. ^ a b c 活字倶楽部 '09秋号

外部リンク