答志島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
答志島
Tōshijima 01.jpg
答志島・和具港。観光旅館が立ち並ぶ。右上に見えるのは菅島
座標 北緯34度31分13秒
東経136度52分39.4秒
座標: 北緯34度31分13秒 東経136度52分39.4秒
面積 6.98 km²
海岸線長 26.3 km
最高標高 167.2 m
所在海域 伊勢湾
所属国・地域

日本の旗 日本三重県鳥羽市答志町・桃取町)

答志島の位置(三重県内)
答志島
答志島 (三重県)
テンプレートを表示

答志島(とうしじま)は、三重県鳥羽市にある離島

東西約6キロメートル、南北約1.5キロメートル。面積約7平方キロメートルで、鳥羽湾および三重県内では最大。鳥羽市の無形民俗文化財に指定されている寝屋子制度が残る。

地理[編集]

  • 岬:築上岬・観音崎・テンマ崎・平手崎・島ヶ崎・ブト崎・大崎
  • 湾:刈谷湾

歴史[編集]

古くは『万葉集』にて、持統天皇伊勢行幸にあたって都に残った柿本人麻呂により、

  • 釧着く答志(手節)の崎に今日もかも大宮人の玉藻刈るらむ(巻一・41)

とよまれた地である。平城京跡から発見された和銅5年(712年)木簡にも『志摩国志摩郡手節里』、養老7年(723年)木簡に『志摩国答志郡和具』の文字がみえる。『和名抄』でも、答志郷・和具郷との名もみられる。

答志には志摩国の国衙があったとされ、その跡と思われる大畑遺跡が発見されている。

沿革[編集]

集落[編集]

  • 島の北東部に答志(とうし)、南東部に和具(わぐ)、北西部に桃取(ももとり)がある。
  • 住所表記上は答志と和具が答志町(郵便番号517-0002)、桃取が桃取町(郵便番号:〒517-0003)になる。

交通[編集]

和具港

鳥羽港の佐田浜桟橋から、鳥羽市営定期船で北東部の答志集落まで約30分、和具まで25分。桃取まで約15分。

運賃は2006年10月現在、それぞれ答志・和具が530円と桃取まで430円。

島内交通[編集]

主な産業[編集]

九鬼水軍[編集]

答志島は、中世の九鬼水軍の根拠地であり、九鬼嘉隆終焉の地。

嘉隆は、信長、秀吉に仕えて志摩地方一円に名をはせる。しかし関ヶ原の戦いでは情勢の見きわめに悩み、家名存続のため嘉隆が大坂の豊臣方に、子の守隆は家康の東軍について戦うことになる。敗れた嘉隆はこの地にのがれ、ついに自刃する。嘉隆の遺言により、自ら築城した鳥羽城を望む岬の頂きに首塚、その麓に胴塚が残されている。

教育[編集]

島内には以下の学校がある。

小学校[編集]

  • 鳥羽市立答志小学校
  • 鳥羽市立桃取小学校

中学校[編集]

答志島を舞台とした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 倉科カナが三重・答志島から全国へ元気を届ける! - ニュースウォーカー”. 角川マガジンズ (2012年9月28日). 2012年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月24日閲覧。
  2. ^ 鳥羽・答志島が舞台の地域発ドラマ「ヤアになる日」-NHK BSで放送へ”. 伊勢志摩経済新聞 (2012年9月6日). 2012年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年11月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『日本の神々 第6巻 伊勢・志摩・伊賀・紀伊≪新装復刊≫』(2000年7月5日発行、編者:谷川健一、発行:白水社ISBN 4560025061
  • 国土地理院発行2万5千分の1地形図「二見」(平成19年更新、平成19年8月1日発行)
  • 国土地理院発行2万5千分の1地形図「答志」(平成16年更新、平成17年6月1日発行)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]