大築海島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大築海島
Ozukumi island, ckk-83-1 c20 9.jpg
大築海島(1983年)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成)
座標 北緯34度32分30秒 東経136度54分40秒 / 北緯34.54167度 東経136.91111度 / 34.54167; 136.91111
面積 0.2 km²
海岸線長 0.636 km
最高標高 83 m
所在海域 伊勢湾
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示

大築海島(おおづくみじま)は三重県鳥羽市にある無人島(離島)である。答志島を北上した所にある。

概要[編集]

小築海島(こづくみじま)の近くに位置している。島には大蛇がいると言われ、モリで殺された大蛇が近隣の菅島に流れ込んで「しろんご」と呼ばれるようになった。近年では地元民により動物がいる事が発見された。

大築海島では毎年7月に祭りがあり、賑っている。また周辺ではエビタコなどの大漁地となっている。

歴史[編集]

和名抄』によれば、江浦草(読みはつくも、フトイを指す)が自生していたことから転じて「つくみ」の名が付いた。当初は都久毛島と呼ばれていたという。貝塚および弥生時代中後期の竪穴式住居の跡や土器などが出土している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]