黒島 (鹿児島県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黒島 (鹿児島県)
Kuroshima of Kagoshima.jpg
東方上空より撮影。右が大里集落、左が片泊集落。
座標 北緯30度50分5.6秒
東経129度57分20.7秒
面積 15.37 km²
海岸線長 71.7 km
最高標高 621.9 m
最高峰 櫓岳
所属諸島 大隅諸島
所属国・地域 日本の旗 日本
テンプレートを表示
大隅諸島

黒島(くろしま)は、薩南諸島北部に位置するである。郵便番号は890-0902。人口は199人、世帯数は106世帯(2010年2月1日現在)[1]大隅諸島には、含まれるとする説と含まれないとする説とがある。

地名(行政区画)としての「黒島」の呼称は鹿児島県鹿児島郡三島村大字となっており、全島がこれに該当する。

概要[編集]

面積は15.37平方キロ、199人の島民が住んでいる。東岸の大里と西岸の片泊の二つの集落から構成される。

竹島硫黄島とあわせ、鹿児島郡三島村を構成する。

太平洋戦争末期には、鹿児島などから出撃した特別攻撃隊が時として緊急避難することがあった。

島全体が樹木で覆われており、沖から見ると黒ずんで見えることから黒島の名が付いたという。壇ノ浦の戦いに敗れた平家一族が築いたと伝わる平家城跡があり、島民は平家落人の子孫といわれ、民俗芸能「なぎなた踊り」、「矢踊り」などが伝わる。また旧暦の6月23日に島内の15歳から16歳までの女性がの掃除をして歌と踊りを奉納する射場どんと呼ばれる行事があるが、別名「処女ためしの神」とも呼ばれており、祠にある13段の階段を「私こそが処女なり」と思う者だけが最上段に登ることができ、男性と交わりの少ない者ほど上段に進めるという奇祭である。

2010年2月12日、黒島(大里地区)に初めて消防車が配備された(日本損害保険協会寄贈)。それまで片泊と大里の両地区にある消防団分団では可搬ポンプ(小型動力ポンプ)しかなかったが、今回の配備によって三島村は「火災に効果的に対処できるようになった」としている[2]

文化財[編集]

海岸線から山頂まで、特異な植物相が見られ、「薩摩黒島の森林植物群落」の名称で国の天然記念物に指定されている。

教育機関[編集]

参考文献[編集]

中央公論社』にっぽん 島の旅5 沖縄・薩南の島々 1984年5月18日 第1刷 p36、p134 ISBN 978-4124024555

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 各種統計情報 - 三島村HP 2010年11月21日閲覧。大字の人口は大里、片泊地区の合計となる。
  2. ^ 黒島に初の消防車(2010/02/20 南日本新聞)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]