宮古島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宮古島
Miyakojima sky view.jpg
池間島(手前)方向から宮古島を望む
座標 北緯24度48分17秒
東経125度16分52秒
座標: 北緯24度48分17秒 東経125度16分52秒
面積 159.2 km²
海岸線長 117.5 km
最高標高 114.8 m
所在海域 太平洋東シナ海
所属諸島 宮古諸島
所属国・地域 日本の旗 日本沖縄県宮古島市
テンプレートを表示

宮古島(みやこじま)は、沖縄本島から宮古海峡を経て南西に約290km、東経125度、北緯24度に位置し、太平洋東シナ海の間にあるである。南西諸島西部の島嶼宮古列島に属し、先島諸島の一部を成している。面積は159.22km²[1]である。近隣には、池間島大神島伊良部島下地島来間島などがある。

名前の由来[編集]

池間大橋(池間島より宮古島方向を望む)

「宮古(ミヤコ)」という地名は、元は「ミヤク」であったと考えられている。

池間島(字池間・字前里)・狩俣地区(字狩俣)に残された600年以上の歴史を持つアヤグ(宮古方言での詩歌のこと)によると、ミヤクとは「人(自分自身)の住んでいる所(地域・集落)」という意味である。この場合、言葉の由来は言葉の音によって「ミ(自分)」「ヤ(住んでいる)」「ク(場所・村)」の意味に分けられる。

万暦33年(1605年)の『温州府誌』には、1371年に「婆羅公管下密牙古人(ブラコウカンカミヤコジン)」が温州永嘉に漂着したと記述されている。「密牙古」は宮古島のことであり、婆羅公は宮古の保良を拠点とした首長かもしれない、など種々の解釈がなされているが、真相はかならずしも明らかではない[2]。また、明代初期に書かれた元史にも同趣旨の記述があるが、「密牙古」とは書かれていない[3]

16世紀頃から、宮古島に住んでいた人々は、自らの住んでいるところをミヤクまたはヒサラ(またはピサラ、平良。なだらかの意か)と呼ぶようになり、一時期は「ひさら島」とも呼んだ。しかし、ひさら(平良)が荷川取・西仲宗根・東仲宗根・西里・下里の5ヵ村(字)を指す名称として定着するようになると、再び島全体が「みやこ」という名称で呼ばれるようになった。

「みやこ」の漢字表記は中国や琉球王国の史書に記録されたものゆえ、「密牙古」「麻姑」「宮古」と聞き様の変化で多彩な当て字がなされたと考えられる。琉球王朝時代に宮古は麻姑山(まこさん)、太平山(たいへいざん)とも呼ばれた。

地理[編集]

直角三角形のような形をした島で、北を上にした普段地図で見慣れた形だと分かりにくいが、旧下地町方(来間島方)を下にすると「猛禽類がはばたく姿」に見える。南東端に東平安名岬が、北西端に西平安名岬がある。島の北西には池間島があり、北には大神島がある。また、島の西には伊良部島下地島が、南西には来間島が浮かんでいる。池間島及び来間島とは、橋で結ばれている(池間大橋1,425m、来間大橋1,690m)。また、沖合5kmにある伊良部島への伊良部大橋も着工している(2014年(平成26年)度開通予定、本橋部分3,540m)。

主として石灰岩からなる台地の島で、全般に平坦。最高地点のンキャフス嶺(旧城辺町砂川小学校付近)とナカオ嶺(旧城辺町比嘉集落付近)でも標高115mである。古い文献等では島の中央部に聳える野原岳(標高108.6m)が最高地点とされていたが、後の精密な測量により最高地点ではないことがわかっている。川らしい川はないが地下水が豊富であり、上水道の水源として湧水や地下水が利用されている。地下水を堰き止める福里ダム砂川ダムなどの地下ダムが建設された。

島の北側の海域には、「八重干瀬(ヤビジ、ヤエビシ)」と呼ばれる、宮古島の面積の3分の1に及ぶ浅瀬が広がっており、珊瑚が群生する漁場・ダイビングスポットとなっている。大潮の干潮時には海面から露出し、広大な島のようになることがある。八重干瀬沖には、台風の影響でごく稀に、バラス島(珊瑚の死骸が寄せ集められ島になる)が出現する時がある。

宮古島を含め、池間島、大神島、伊良部島、下地島、来間島、多良間島水納島を合わせて、宮古列島と呼んでいる。1995年(平成7年)に不動産登記が行われた無人島フデ岩を含めると、宮古列島の島は9つになる。海を隔てた南西側250kmには八重山列島、さらには台湾がある。

天気予報では「宮古島地方」という場合と「宮古島」という場合とがあるが、「宮古島地方」は宮古列島全域のことを指し、「宮古島」は宮古島地方のうち多良間村(多良間島及び水納島)を除く地域を指す。

地質[編集]

宮古島の地質は、上から島尻マージ(赤土)、琉球石灰岩島尻層泥岩からなる。琉球石灰岩は海水準変動沈降により浅い海底となった時にサンゴ礁が発達してできたもので、厚い層をなしており、旧上野村付近で厚さ50メートル、島の北東部においては120メートルに達する。基盤となっている島尻層泥岩は島の北東部にわずかに露出する。琉球石灰岩は多くの空隙を含んでおり、水を通しやすいため、地表を流れる大きな川はない。宮古島周辺で海の透明度が高いのは、河川水を通じて泥などが流入しないためといわれる。島の北西から南東へ数条の活断層が延びており、断層に沿って幅約100メートル、高さ約30メートルの石灰岩からなる堤防状地形が見られる。この地形は断層によって露出した部分が浸食されにくいという琉球石灰岩の性質によってできたものであり、東側が急斜面、西側が緩斜面となっている[4][5][6]

気候[編集]

宮古島市
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
145
 
20
16
 
 
138
 
20
16
 
 
132
 
23
17
 
 
175
 
25
20
 
 
209
 
27
23
 
 
177
 
30
25
 
 
138
 
31
26
 
 
252
 
31
26
 
 
204
 
30
25
 
 
174
 
28
23
 
 
139
 
25
20
 
 
136
 
22
18
気温(°C
総降水量(mm)
出典:宮古島地方気象台平年値

亜熱帯海洋性気候に属する[7][8]。また月別平均気温の平年値(1981年 - 2010年)に基づけば熱帯雨林気候 (Af) に相当する。気象庁の1971年 - 2000年)の平年値では最寒月平均気温が17.7°Cで、18°Cをやや下回り温帯湿潤気候に相当していたが、1981年 - 2010年の平年値で最寒月平均気温が18.0°Cとなり熱帯雨林気候の条件を満たした。

  • 宮古島地方気象台(宮古島市平良字下里)
    • 位置 : 北緯24度47.6分、東経125度16.6分、39.9メートル
    • 年平均気温 23.6°C(1981年 - 2010年累年平均)
    • 最寒月平均気温 18.0°C(1月)
    • 乾燥限界 612mm、年平均降水量 2021.0mm
    • 最少雨月降水量 130.8mm(1月、7月)

生物[編集]

琉球諸島の面積の大きい島の中では、唯一のハブが生息しない島である。これは、標高が低いため、過去の海進の時に水没し、それ以来は他の島と陸続きになる機会がなかったためとされる。しかしながら、ミヤコカナヘビやミヤコサワガニなどの固有の陸生・陸水動物が分布することや、絶滅した大型のシカ類であるミヤコノロジカの化石が発掘されることから、本当に水没したかどうか疑問が持たれている[9][10]

島全体が低い丘陵地で、森林は海岸性のものがわずかにある程度である。固有種は少ないが、カタツムリや植物がいくつか知られている。

宮古島の名を持つ生物に、以下のようなものがある。

歴史[編集]

有史以前[編集]

最終氷期には120mも海水面が低下していた為現在宮古島のある場所は、アジア大陸と陸続きであった。

1979年(昭和54年)、旧上野村字野原にあるピンザ・アブ(宮古方言で「山羊の穴」)と呼ばれる洞穴で、約2万6000年前の化石人骨が発見され、ピンザアブ洞人と命名された。沖縄本島の港川人よりも古く、後頭骨については港川人に共通するもので、更新世の後期には宮古島に人類がいた可能性が指摘されている。

おおよそ1万5千年に氷河期が終わると、現在宮古島がある場所の大半は海に沈んだと推測されている。氷河期が終わった後の地層は、石灰岩が多く含まれている為、サンゴ礁が発達できるほど温暖な気候が続いたと思われる。現在の宮古島は、地質学的に比較的新しい島であり、約1万5千年前から4千年前にでき上がった隆起珊瑚礁の島である。

宮古島の南東側の海岸線にある新石器時代・約2500年前の砂丘遺跡からは、シャコ貝で作られた斧やイモガイで作られたアクセサリーなどが出土する。しかし、その当時どの様な人々が住んでいたかは、人骨等の直接人に関わる考古学上の発見がないため不明である。沖縄本島奄美大島からは、同時代の遺跡からは同様な貝製品は出土せず、台湾などの同時代の遺跡からは貝製品が出土するため、台湾等の南方との交流もあったと考えられている。

およそ12世紀頃から、農耕が盛んになり地域をまとめるリーダーが誕生し、積極的に海に乗り出し交易を行っていた。その当時の人々の多くは、丘陵地に集落を作り住んでいた。約2500年前の砂丘遺跡でシャコ貝製のを残した人々が、時代を経て丘陵地に移り住んだと考える説もある。

宮古島市教育委員会は2012年11月から城辺友利インギャー海岸近くにある友利元島遺跡で発掘調査を行い、11世紀から14世紀にかけて鹿児島県奄美群島徳之島で作られていた 「カムィ焼き」(高さ約11cm、 幅約15cm)も完全な形で発掘し、12世紀から16世紀の層から埋葬された状態の人骨一体を発見し、さらに発掘を進めたところ下層からも人骨一体を発見した。郷土史研究家の下地和宏は「宮古の先史時代と古琉球時代の間にある『千年の空白』を解明する手掛かりになる。」とコメントしている。[11]

古琉球時代[編集]

  • 1317年6月17日 - 中国代初期に書かれた元史や、万暦33年(1605年)の温州府志において、婆羅公管下密牙古人が温州に漂着したことが記される。温州府志の数十年後に書かれた明史では、「婆羅」はボルネオの意味であると説明されている[12]が、「婆羅公」を琉球士族の親雲上と推定し、「密牙古」を宮古島の意味であるとする説がある[13]婆羅は現在の城辺町字保良近辺との説がある[要出典]
  • 1340年頃 - 豪族起こり争闘がおよそ半世紀におよぶ。
  • 1388年 - 宮古の豪族・与那覇勢頭豊見親真佐久(よなはせどとぅゆみゃまさく)が中山国に上がる。
  • 1390年 - 与那覇勢頭が、中山の王(察度)に八重山の使者と共に朝貢を行い臣下の礼をとる。
    • 14世紀から15世紀には、宮古・八重山も琉球の統治下に入ったとする説もある。15世紀ごろの宮古の有力な豪族達は、中山を後見に八重山を統治しようとしていたともされている。
    • 「豊見親(とぅゆみゃ)」の称号は、「名高き領主」の意で宮古の豪族をまとめる人物に与えられた。
  • 1429年 - 与那覇勢頭が朝貢した中山の尚巴志が琉球(第一次尚氏王統)の王となる(琉球国の成立)。
  • 1500年 - 八重山でオヤケアカハチを首領とする「オヤケアカハチの乱」が起きる。
    • 原因は、時の琉球国王であった尚真王が、八重山で行われていた伊里機屋安真理(いりきやあまり)神への信仰と祭礼を禁止する命令を出したことにあるとする説もある。一方で、信仰禁止は1678年であったとの記録も残っている。この反乱の鎮圧に功績をあげた仲宗根豊見親(なかそねとぅゆみゃ)は、琉球国の王である尚真(第二次尚氏王統)によって宮古の頭職に任じられた。また、次男・祭金(まつりかね)も八重山守護職に任じられたが1504年に病死したため、三男の知利真良豊見親(ちりまらとぅゆみゃ)が後任となった。
  • 1522年 - 与那国島で鬼虎が乱を起こしたが仲宗根豊見親に鎮圧される。仲宗根豊見親は琉球を後見として、武力で宮古と八重山を統治下におさめた。
    • 以後、19世紀・琉球処分までの約380年間、仲宗根豊見親の子孫・忠導氏(ちゅうどううじ)。知利真良豊見親の子孫・宮金氏(ンミャガーニうじ)。与那覇勢頭豊見親の子孫・白川氏(しらかわうじ)の3つの氏族が門閥を作り、宮古島の頭職をはじめ多くの官職をその子孫達が占めるようになった。
    • 仲宗根豊見親の死後、宮古島の頭職を仲宗根豊見親の長男・仲屋金盛(なかやかなもり)豊見親が、継承した。しかし、人々の名声は現在の城辺町字友利の豪族で勇知に優れ、善政を行った金志川那喜太知(きんすかーなぎたつ)豊見親に集まった。
  • 1532年 - 金志川への誹謗中傷を信じた仲屋金盛は、金志川那喜太知をだまし討ちに掛け殺す(大嶽城の変)。
    • この変を起因として「豊見親」の称号は、琉球国王の令で廃止される。また、仲屋金盛は自殺を命じられた。このとき琉球より任命された平良大首里大屋子(うぷしゅりうぷやぐ・琉球国王の代官)と下地大首里大屋子の二人が頭職として統治を始める(これをもって、宮古・八重山が実質的な琉球の統治下に入ったともされる)。
  • 1583年 - 稲石刀自が綾錆布を尚永王(琉球国王)に献上し(夫が褒賞を受けた返礼として)宮古上布の端緒となった。
    • 稲石刀自の夫は、下地真栄(ムアテガーラ)と言い明国への進貢船に乗り組み、嵐の中船を修復し国王より報償を受けた。
  • 1597年 - 長眞氏旨屋(ちょうしんうじしや)が、福建より甘藷を持ち帰ったとする伝承がある。

江戸時代[編集]

  • 1609年 - 薩摩藩(島津氏)が琉球を武力で侵攻する(琉球征伐)。
  • 1611年 - 祥雲寺(正式名称は龍宝山祥雲寺、臨済宗妙心寺派)が建立される。
  • 1612年 - 琉球が頭職を2人から3人として、宮古八重山を検地する。
  • 1628年 - 島内が平良、砂川、下地の3つの間切に分けられる。
    • この行政区分は明治末期まで続いた。
  • 1637年 - 琉球が人頭税を施行する。
  • 1655年 - 下地恵根が松苗数本を持ち帰り大武山・島尻後に試植する。
  • 1681年 - 下地恵根が約二千本を洲鎌村に植え造林の端緒を拓く。
  • 1696年 - 大地震により祥雲寺の寺院や石垣が崩れる(元禄9年)。
  • 1701年 - 『宮古島旧記』(歴史書)が刊行される。
  • 1706年 - 『御嶽由来記』が記される。
  • 1720年 - 大和井が掘られる[14]
  • 1727年 - 咲田川近くに池田矼(はし)を架橋する[14]
  • 1747年 - 『雍正旧記』(ようぜいきゅうき、歴史書)が刊行される。
  • 1748年 - 『宮古島記事仕次』(みやこじまきじしつぎ、歴史書)が刊行される。
  • 1770年 - 『宮古島在番記』が刊行される。
    • 上地与人白川氏恵 賛。1897年まで書き継がれる。歴代の首里王府派遣在番、三間切頭、大安母、祥雲寺詰僧、詰医者、異国船の寄港・漂着、その他疾病、災害、事件などを記録する。[15]
  • 1771年 - 八重山地震よる大津波(明和の大津波)。宮古地方での死者行方不明2,548人。
  • 1778年 - 大津波の復興祈念として池間島で伝統祭祀「ミャークヅツ」(宮古節)が始まる。
    • 五穀豊穣や子孫繁栄などを祈る。1年間に生まれた子ども達を神々に報告する儀礼などが行われる。池間島から分村した字西原・佐良浜(字池間添・字前里添)でも受け継がれている。

明治~昭和時代前期[編集]

※以降については、平良市#歴史宮古島市#沿革も参照。

  • 1873年7月9日 - ドイツの商船「R・J・ロベルトソン号 (R.J.Robertson) 」(エドヴァルド・ヘルンツハイム (Eduard Heimsheim) 船長)が宮古島南岸付近で台風により座礁し、島民に救助される。
  • 1874年 - 宮古島島民遭難事件に関係して、明治政府が台湾に出兵する。
  • 1879年4月 - 明治政府は、琉球王府側の納得・同意が十分に得られないまま、琉球藩を廃止して沖縄県を設置する。いわゆる琉球処分への抵抗として、同年7月にサンシー事件が起きる。
  • 1893年3月 - ドイツ皇帝のヴィルヘルム1世 (Wilhelm I.) が、独逸商船遭難救助の謝意として軍艦チクローグ号を派遣する。下地玄信がドイツ政府より、鉄十字章を受ける。
  • 1893年 - 中村十作らが、第五回帝国議会に人頭税廃止の請願書を提出する。
  • 1903年 - 人頭税が廃止され、地租改正が行われる。
  • 1905年5月 - 日露戦争時に、ロシア海軍のバルチック艦隊に奥浜牛が遭遇する。久松五勇士により八重山に報が送られ、那覇を経由して大本営に報が届く。
  • 1908年4月1日 - 島嶼町村制施行に伴い、平良・下地・砂川の3間切と多良間島をもって平良村、下地村、城辺村、伊良部村の4村が成立する。
  • 1910年 - 『郷土史』(富盛寛卓 著)が刊行される。
  • 1913年2月14日 - 平良村多良間島(水納島も含む)が多良間村として分村となる。
  • 1918年 - 『宮古の研究』(比嘉重徳 著)が刊行される。
  • 1924年2月1日 - 平良村が町制施行し、平良町(たいらちょう)となる。
  • 1927年2月 - 『宮古史傳(宮古史伝)』(慶世村恒任(きよむら・こうにん) 著)が公刊される。
  • 1929年 - 「8ミリの悪魔」と称されるウリミバエが宮古列島に侵入する。
  • 1934年 - 『海の旅』(篠原鳳作)が詠まれる。
  • 1943年 - 旧 七原の牛の端里(村立て三百年の歴史を持つ集落)が海軍飛行場として軍に強制接収される。
  • 1944年後半 - 基地建設がはじまる。宮古には、およそ3万人の兵力が派遣される。
    • 8月~10月 - 台湾宮崎に学童を含めておよそ1万人が疎開する。
    • 10月10日午前7時30分 - 秋晴れの平良町において、飛行場方面と漲水港が45分にわたり空襲される(海軍飛行場、陸軍中飛行場、陸軍西飛行場から応戦できずに9機が撃破される)。続く午後2時5分に第2波延べ19機による攻撃で、漲水港沖合に停泊中の広田丸(2,211トン)が撃沈される。いわゆる「10・10空襲」からは連日のように襲来が続く。
  • 1945年
    • 2月10日 - 米英軍艦船により初の大規模な艦砲射撃が行われる。
    • 2月28日 - 輸送船が三隻撃沈される。終戦までに宮古近海で撃沈された艦船は10隻に達するが、漲水港や池間漁港内の民間船舶損害などは含まれていない。以後、米英軍に制海権が移り兵站が途切れたことにより、飢餓などに苦しむ『もうひとつの戦争』が始まる。
    • 3月~7月 - 連日のように空襲が繰り返される。4月3日延べ140機、5日延べ200機、8日延べ300機と大空襲が終日続き平良の街は焦土と化して、数千名の命が失われる。関係して、幾多の記憶、記録、財等が消失する。さらには、連日の無差別爆撃によって、平良の街だけでなく全宮古の民家密集地帯が焼失する(4月始めで3万6,460坪が焼失)。
    • 5月4日 - 午前11時すぎに下地村宮国(現在上野村)沖合に集結した艦隊から艦砲射撃が始まる。飛行場を中心に猛烈な艦砲射撃が浴びせられる。
    • 作戦艦船は22隻、艦載機218機。2449回の空爆により爆弾546トン・ロケット弾632発が使用される。
    • 9月15日 - 米軍が宮古島に上陸する[16]
    • 12月13日 - 嘉手納米第10軍司令官を務めるジョーゼフ・ウォーレン・スティルウェル(Josepf Warren Stilwell)大将の立会において降伏文書に署名した先島集団長の納見敏郎中将が野原越司令部宿舎で自決する。陸海軍戦没者3,981名(民間・空軍含まず)。「平和の礎」には、平成14年6月現在、宮古地区3,311人の戦没者名が刻まれている。

戦時記録は、一般戦災ホームページ「宮古島市(旧平良市)における戦災の状況(沖縄県)」、「おきなわ県民カレッジ宮古地区広域学習サービス講座」等より引用。

米国統治時代[編集]

日本への復帰以降[編集]

文化[編集]

パーントゥ(宮古島総合博物館)

宮古島に住んでいる人々のルーツは、日本各地、中国大陸東海岸、太平洋・東南アジア、一部欧州方面からやってきた人々がいると考えられている。その名残か沖縄本島や八重山とも異なる文化が多い。

第2宮古島台風および宮古島の上水道を参照。

神話[編集]

18世紀初頭、宮古の伝説をまとめた『御嶽由来記』において、下記が記された。

宮古島が島の形もなしていない太古、天帝(あめのてだ)が天岩戸柱の端を折り、弥久美神(やぐみのかみ)に授け、「下界の風よからんところに島を造りなせ」と命じ、天の夜虹橋(あめのゆのづはず)から下界の大海原に岩柱を投げさせ、固まったのが今の宮古島となった。天帝は次いで赤土を下し、古意角(こいつの)神に「下界に降りて人の世を建てて守護神となれ」と命じたが、古意角が「我に足らざる片つからだを賜え」、天帝「汝六根五躰を備う、また何の不足かあらん」、古意角「すべてあればあり、陰あれば必ず陽あり」との問答を経て、天帝はようやく古意角の願いを入れ、女神の姑依玉(こいたま)の共を認めた。

古意角・姑依玉の両神は、豪勇の盛加神(もりかのかみ)を始めとした八十神百神(やそかむももかむ)を連れて天の夜虹橋を渡り、七色の綾雲に乗って地上に降った。彼らは漲水天久崎(ぴゃるみずあめくざき)の地(漲水御嶽の東側にあった岬、現在は埋め立てられている)に宮居を定め、宗達(むにだる)・嘉玉(かだま)の男女児が生まれた。また、島は赤土ばかりであったので、天帝が再度黒土を下し、宮古島は五穀が実るようになった。

十幾年かが過ぎ、宗達・嘉玉が大きくなった頃、天帝は葉を身にまとった木装神(きそうのかみ)という男神、青草を身にまとった草装神(ふさそうのかみ)なる女神を下した。それぞれ宗達・嘉玉の夫婦となり、東地・西地に住んだ。彼らが住んだこの地は、現在の東仲宗根・西仲宗根という。宗達夫婦は世直真主(たよなおしのまぬす)なる男児を、嘉玉夫婦は素意麻娘(そいまらつかさ)なる女児を産んだ。のち、この二神が夫婦となり、子孫が栄え、宮古島民の祖となったと云う。

アヤグ(綾語)とクイチャー(声合)[編集]

アヤグ若しくはアーグとは、宮古方言を用いた詩歌のことである。宮古島だけのものではないので宮古列島#アヤゴ(アヤグ)も参照のこと。

クイチャーとは、クイチャーアーグの省略のことである。標準語に直訳すると、「アヤグの声に(クイ)合わせ(チャー)」という意味である。アーグ(歌)に合わせた踊りのことで、踊られる地域若しくは、歌の内容によって様々な振り付けがある。

御嶽への信仰[編集]

御嶽は、「うたき」又は「おたけ」と発音する。宮古島では、各村々によって「う」の発音が違うため、両方の発音が存在する。

宮古群島には、約900近い御嶽が存在している。古くから信仰の対象として人々が祭祀を行う聖地は存在していた様であり、それらの聖地は様々な名称で呼ばれていたようである。しかし、15世紀から16世紀に琉球王国の支配が強固になり、琉球王国領内の土着の聖地を御嶽と名付け、体系化し、王家(尚氏)と関連づけ、神女制度を整えた。御嶽とは、琉球の聖地で、本土の神社に相当する。しかし、神社とは全く異なった祭祀儀礼を行う。祭祀集団は地縁血縁で組織され、御嶽の中へは、祭祀を行う時以外入ってはいけないとされている。一般の人々も、神社でそうするようには参拝を行わない。ただし、明治時代から昭和の初期に地域の文化を否定し、日本全国を均一化しようとした運動があり、その中で神社化された御嶽は例外となっている。

御嶽への信仰は、「生命が自然界と人間社会を循環している」との思想に基づくものである。そのため、御嶽の領域内に生えている植物を切ってはならないと言うタブーが存在し、そのため、広い領域を持った御嶽の周辺には、御嶽林(うたきりん)と呼ばれる植生が生育していることがある。各々の御嶽にはさまざまな神々が祀られている。島の創造神・精霊・村の守護神・歴史上の偉人・氏神などである。なお、「島尻のパーントゥ」で有名な「パーントゥ・プナハ」も、神々がパーントゥに姿を変えて、元(ムトゥ・氏神を祭る家)の祭礼に現れるというものである(#外部リンクに列挙した各サイトも参照)。

御嶽への信仰が成り立っていた条件は、琉球王府時代に、その人物が所属する村(字)内での結婚しか認められなかったこと、及び、住居の移動が禁止されていたことによって、より強固な祭祀集団が結成できたことと、「御嶽の中には入ってはいけない」という強力なタブーが存在してきたことにある。近年は、社会的な状況が変わり、これらの条件が無くなってしまい、御嶽への信仰もかつてのようには盛んではない。

稲作の伝来[編集]

柳田國男は民俗学研究の仕上げとなる「海上の道」において、「中国で貨幣とされた宝貝を中国南部から宮古に求めにきた人々が伝え、稲作栽培が島伝いに日本列島を北上し伝えられた」という稲作伝来の黒潮ルートを唱えた。しかし、弥生時代の稲作遺跡が沖縄・奄美などの北部琉球に無く考古学的な確証が得られていなかった。

しかし後に、水田に限定しない稲作が考慮されたことで柳田説が見直される。また、古代九州の島嶼におけるジャポニカ米の存在や古代温帯ジャポニカ米DNA解析における熱帯ジャポニカDNAの類似なども確認されたことで、弥生以前の縄文黒潮ルートによる稲作伝来は有力説のひとつとなっている。

芋の伝来[編集]

1594年に長眞氏旨屋(ちょうしんうじしや。琉球王国の官吏であり、後の役職は砂川親雲上)もしくは、ウプザ・ガーラ(標準語に直訳すれば「大座のカシラ」、字松原出身の船頭)という人物が、沖縄本島より宮古島への航海中、嵐に遭い、の福州(福建省)まで漂流し、1597年にそこから金藷という品種の甘藷(サツマイモ)を持ち帰ったという伝承がある。真実であれば、宮古島が現在の日本国の領域内で最も早く甘藷が伝来した場所になる。

これは、沖縄本島読谷村に野国総監が甘藷を伝えたよりも7年も早い。109年後の1706年には、宮古島・蔵元より琉球王府に報告された『御嶽由来記』という書物に記されている。しかし、『御嶽由来記』は宮古島の神話伝説を記述した本であり、明国・福州にルソンより甘藷が伝来したのは、旨屋が福建省に漂着したのと同じ1594年のことであるから、その真実性を疑問視されている。またこの甘藷が、宮古島を経由して他の地域へ伝わったということは、伝わっていない。

ちなみに、長眞氏旨屋(字松原・字久貝では、ウプザ・ガーラ)に対して、宮古島の人々は、ンムヌシュウ(宮古方言で芋の主、甘藷神)として、芋報礼(ンムプーリ)という感謝祭を昭和の中頃まで捧げていた。しかし、宮古島でのサツマイモの栽培が廃れると、次第にこのンムプーリも盛大には行われなくなった。

宮古上布[編集]

1583年に稲石刀自(いないしとぅじ)が創製。一反織るのに数ケ月かかる上布の最高級品。「東の越後、西の宮古」と呼ばれ越後上布と並び日本を代表する織物。国の重要無形文化財。明治初期以前は人頭税として琉球王府に貢租。琉球から薩摩に貢納された後、薩摩上布として全国に販売・流通されていた。

ドイツ商船遭難事件とその後の交流[編集]

1873年7月9日、宮古島南岸の上野村沖で、ドイツ商船「R・J・ロベルトソン号」(エドヴァルド・ヘルンツハイム船長)が台風のため座礁した。この船は中国の福建でを積み、オーストラリアアデレードへ向かう途中だった。

船はマスト2本が折れ、船員2名が死亡、ボート2艘も流失し、干潟に乗り上げた状態で座礁。近海を航行していたイギリス船が座礁を目撃し、小船を出して救出しようとしたが、高波のため断念した。ほぼ同じ時期に島の役人も座礁を発見し、船を出そうとしたものの、夜間で高波のため断念、島民は沿岸に篝火を焚いて、座礁船に残る乗組員を励まし続けた。

翌朝、まだ高い波の中、小船2艘を出し、船に残っていた1艘と合わせた3艘のボートに生存者8名(ドイツ人6名、うち女性1名、中国人2名)を救出した。

役人は役場を宿泊所として提供、自らはその周りに仮小屋を立てて過ごした。当時の島民の主食はキビだったが、遭難者にはや鶏肉を与え、看護し続けた。

34日間を宮古島で過ごした後、彼らは台湾基隆へ渡り、イギリスの汽船で中国へ、中国から祖国ドイツに帰ることができた。船長がこの一連の遭難話を「ドイツ商船 R.Jロベルトソン号宮古島漂着記」と題して新聞に公表したところ、大反響を呼び、時の皇帝ヴィルヘルム1世が知るところとなった。その博愛精神に感動した皇帝は3年後の1876年、軍艦チクローブドイツ語版号を派遣し、皇帝の誕生日でもある3月22日に感謝の石碑を建立した。中央政財界に進出し海外と交流のあった下地玄信が、ドイツ政府より友好の証として鉄十字を受賞している。

日独間が同盟関係を結んでいた1936年には、外務省や日独親善団体、宮古教育部会の協力のもと、遭難現場近くの宮国ンナト浜に「獨逸商船遭難の地」の碑が建てられた。また、翌1937年には、文部省が全国から募集した「知らせたい美しい話」で、この史実が1等に選ばれ、小学校修身教科書に載り、「博愛」という題で全国の子供たちに紹介されることになった。

1996年、遭難地近くに「うえのドイツ文化村」という施設が建設されたが、2000年主要国首脳会議沖縄で開催されており、ドイツ首相のゲアハルト・シュレーダーが親善訪問した。

交通[編集]

  • 空港
  • 港湾
    • 平良港 - 伊良部島、多良間島など周辺の島々への定期旅客航路や、各島および那覇・石垣・本土などへの定期貨物航路が就航している。
    • 島尻漁港 - 大神島に渡るための定期旅客航路が就航している。

防衛[編集]

航空自衛隊のレーダーサイト基地である宮古島分屯基地が置かれ、南西諸島に接近する航空機を監視している。

沖縄本島と宮古島の間にある290km(158.9海里)の宮古海峡は排他的経済水域にあり、東シナ海と太平洋を隔てる要衝(チョークポイント)である。なかでも西太平洋への進出を目指す中国海軍にとって、宮古海峡は最短で太平洋に進出できる出口として重要視しているとされ[17] 、宮古島を含む境界線上の島々は第一列島線と表現され、海洋戦略上重要な概念になっている。

近年の中国は海洋利権拡張ために、尖閣諸島や南沙諸島、西沙諸島といった離島の領有権を主張し、これらを軍事的、政治的な圧力によって取得しようという姿勢をあらわにしているとされるが、沖縄県そのものに対しても、かつて琉球王国が明朝と清朝の冊封国であった事を根拠に、自国に併合(琉球回収)したり、勢力圏下におこうという言説が見られる。これに対して宮古島でも、このような中国の軍国主義姿勢を脅威を感じる人々がいる[18]一方、平和・護憲運動の観点から自衛隊配備反対を唱える人々もいる[19]

放送[編集]

島内に宮古島中継局(民放AMラジオのみ伊良部島)があり、テレビ・ラジオとも同中継局から受信している。このほか、ケーブルテレビ宮古テレビがあり、島内のほか、宮古群島ほぼ全域(小島を除く)で受信可能である。

2002年コミュニティーFMFMみやこが開局し、島内のほか伊良部島でも受信可能である。同局は、中継局のないFM沖縄の番組の一部も同時ネットしている。

観光[編集]

ダイバーには洞窟潜水で有名。

名勝・旧跡・観光スポット[編集]

砂山ビーチ

主な関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国土地理院 沖縄の島面積
  2. ^ 高良倉吉「琉球の時代」pp.52、筑摩書房、1980
  3. ^ 元史 巻26 仁宗3 延祐4年10月の条
  4. ^ 目崎茂和『南島の地形 沖縄の風景を読む』pp.106、沖縄出版、1988年
  5. ^ 町田洋他編『日本の地形 7 九州・南西諸島』pp.256、東京大学出版会、2001年、ISBN 4-13-064717-2
  6. ^ 平良市史編さん委員会編『平良市史第1巻通史編1先史-近代編』pp.9、平良市役所、1979年
  7. ^ 佐々木喜一(2005) (PDF) 宮古島サトウキビ畑における蒸発散量, 農業氣象 61(1), 77-81.
  8. ^ 宮古島地方の気候特性 - 宮古島地方気象台
  9. ^ サワガニの新種確認/覆る?宮古島水没説 - 琉球新報(2001年12月12日付)
  10. ^ 太田英利・高橋亮雄「琉球列島及び周辺島嶼の陸生脊椎動物相 -特徴とその成り立ち-」『美ら島の自然史 サンゴ礁島嶼系の生物多様性』琉球大学21世紀COEプログラム編集委員会編、東海大学出版会発行、2006年、2-15頁、ISBN 4-486-01731-5
  11. ^ 宮古の先史時代解明に手掛かり - 友利元島遺跡調査 - 宮古新報(2013年1月17付)
  12. ^ 明史 巻323 列伝第211外国4
  13. ^ 藤田豊八『東西交渉史の研究  南海篇』PP.410、荻原星文館、1943年
  14. ^ a b 『雍正旧記』より。
  15. ^ 仲宗根 將二(宮古郷土史研究会 会長、平良市史編さん委員会 委員長)『国内最古の石橋 池田矼(橋)』
  16. ^ 『沖縄宮古島戦記』 藤井正道 著
  17. ^ 宮古海峡を堂々と通過した中国海軍の真意 阿部純一 - Japan Business Press (2010年4月20日号掲載)
  18. ^ 『中国軍事情勢を紹介 未来を考える会 宮古で「国防勉強会」』(宮古毎日新聞、2012年8月25付) ※宮古島の未来を考える会(宮城隆会長)が主催。
  19. ^ 「自衛隊配備に反対」/5・15行進 - 宮古毎日新聞(2012年5月13日付)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 宮古島市(公式サイト)
  • 宮古島 - DOR39(沖縄県、ディスカバー沖縄しま観光振興事業)