仁右衛門島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁右衛門島
仁右衛門島 006.jpg
座標 北緯35度4分36秒 東経140度6分16秒 / 北緯35.07667度 東経140.10444度 / 35.07667; 140.10444座標: 北緯35度4分36秒 東経140度6分16秒 / 北緯35.07667度 東経140.10444度 / 35.07667; 140.10444
面積 約0.03 km²
海岸線長 約4 km
所在海域 太平洋
所属国・地域 日本
テンプレートを表示
平野仁右衛門家
仁右衛門島南西側の海岸

仁右衛門島(にえもんじま)は、太平洋にある。全島砂岩よりなる。千葉県鴨川市太海の沖合約200mにあり、周囲約4kmの千葉県でもっとも大きなで個人所有。源頼朝日蓮伝説で知られる。千葉県指定名勝新日本百景にも選ばれている。

島主である平野仁右衛門の名に因み、この名前になったといわれている。夏涼しく冬暖かい風光明媚な自然の楽園金銀針茄子(キンギンハリナス)という珍しい植物もみられる。島の南側は荒々しい海岸線がみられ、自然の防波堤の役割も果たしている。

伝説[編集]

代々島主は平野仁右衛門を名乗り、現在の島主が推定で38代目。治承4年(1180年)、石橋山の戦いに敗れた源頼朝安房に逃れた際、平野仁右衛門に助けられ、この島で平家軍から一時身を隠し、巻き返しを図ったと言い伝えられる。現在に至るまで平野仁右衛門一族がこの島を守り伝えている。島の東部には日蓮上人が朝日を拝したと伝えられる神楽岩や石橋山の戦に敗れた源頼朝が、夜襲を避けて潜伏したとされる洞窟があり、正一位福女稲荷大明神が祀られている[1]。しかし、この伝承は資料に乏しく、『仇討ち事件と房総のアワビ漁』(北総ふるさと文庫)[2]よると、花房藩の資料に平野家は江戸時代に和泉の国から太海の地にやってきたという記述があり、事実は判然とせず、あくまでも伝説である。現在の平野家家屋は、宝永元年(1704年)に建て直されたとされたもので、観光客に公開されている。

植生[編集]

地理[編集]

  • 鴨川市太海浜445 
  • 面積約0.03km²
  • 標高 不明

観光名所[編集]

  • 神楽岩
  • 島主(平野家)住居
  • 芭蕉塚
  • 亀岩
  • 源頼朝のかくれ穴

交通[編集]

渡船
渡船
亀岩展望所から見た太海漁港
亀岩展望所から見た太海漁港

JR内房線太海駅より徒歩12分、太海漁港の乗船場より手漕ぎの渡し舟[3]で約5分。1350円、中学生1050円、5歳~小学生950円(往復乗船料、島の観覧料)。午前8時半から午後5時まで随時運行。

なお浅瀬で距離も近いので泳いで上陸もできるが、保安の監視がいて入島には同様の料金がかかる。観光バスの観光客の場合は、太海フラワーセンターの駐車場に駐車し徒歩で渡船場へ。

その他[編集]

太海はつげ義春の漫画「ねじ式」の舞台となった場所としても有名。漫画の一シーンに描かれた場所が残されている。周辺には観光施設として太海フラワーセンターがある。

脚注[編集]

  1. ^ a b 千葉県教育委員会・鴨川市教育委員会 平成7年11月20日現地看板
  2. ^ 仇討ち事件と房総のアワビ漁 飯高秀二著 北総ふるさと文庫 2006.9
  3. ^ NHKのフィラー番組「さわやかウインドー」の「南房総初冬散歩」に映像が出てくる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]