青島 (愛媛県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青島
Iyo-Aoshima Island Aerial photograph.jpg
青島付近の空中写真。(1981年撮影)
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
座標 北緯33度44分10秒 東経132度29分14秒 / 北緯33.73611度 東経132.48722度 / 33.73611; 132.48722座標: 北緯33度44分10秒 東経132度29分14秒 / 北緯33.73611度 東経132.48722度 / 33.73611; 132.48722
面積 0.49 km²
海岸線長 4.2 km
最高標高 91 m
所在海域 瀬戸内海
所属国・地域 日本愛媛県
テンプレートを表示
長浜から望む青島

青島(あおしま)は瀬戸内海(伊予灘)海上に位置する愛媛県大洲市(旧:喜多郡長浜町)の島。

概要[編集]

長浜港の沖合い13.5kmに位置する有人島。

平地が少なく、わずかな平地に集落が密集している。急斜面に家が建ち並ぶが、廃屋が多い。

もともとは無人島で、寛永年間にの好漁場であることがわかり、1639年に現在の兵庫県赤穂市より与七郎なる人物が一族と共に移り住んだといわれている[1]。現在でも、一本釣建網等の漁業が中心の島である。

最盛期の人口は1942年の889人。世帯数の最高は1960年の135世帯。1955年当時の人口は834人で、1984年の時点で102人、2012年現在は16人[2]。 1984年の時点で25歳以下は皆無となっていた。世帯数は、人口が19人の時点で14世帯であった。

毎年8月には愛媛県無形民俗文化財に指定されている「青島の盆踊り」が行われている[1][2]

この島には自動車も自転車も一台もない。また、食堂、商店、自動販売機もない[3]

学校[編集]

かつては丘の上に小学校、中学校があったがどちらも廃校になっている。現在小学校の建物は公民館として使用された後、簡易宿泊施設となったりしため、比較的きれいだが、その背後にある中学校の建物はツタに覆われ、行くための道も草に覆われて訪問するのは困難である。

  • 長浜町立長浜小学校青島分校(1976年に廃校)
  • 長浜町立青島中学校(1966年長浜中へ統合)

猫の島[編集]

青島には2013年現在、漁師4名を含む50歳代から80歳代の島民15名に対して、猫が100匹以上も生息している。島民の数が50名を割った10年ほど前から逆に猫の数が増え始めたという。2013年9月に青島での猫の生態を撮影した写真がブログなどに転載されたことで一躍注目を集めるようになり、猫好きの観光客が猫目当てに次々と訪れるようになった。「猫好きにはたまらない楽園」とも評されている。なお、住民の半数は猫嫌いではあるものの「でも、なんとなく共存してきた」と語っている[4][5][6][7]

アクセス[編集]

長浜港のあおしま乗船場との間に、1日2往復の定期旅客船の航路がある。

長浜港は伊予長浜駅より徒歩約2分、長浜港から青島港までは35分程度かかる。

関連項目[編集]

  • 田代島 - 同じく「猫の島」として知られる宮城県の島
  • 佐柳島 - 同じく「猫の島」として知られる香川県の島
  • 真鍋島 - 同じく「猫の島」として知られる岡山県の島

脚注[編集]

外部リンク[編集]