鷹島 (長崎県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鷹島東岸(神崎免)周辺

鷹島(たかしま)は、九州北西部の伊万里湾口にある。全島が長崎県松浦市2005年12月31日までは北松浦郡鷹島町)に属する。

地理[編集]

概要[編集]

東西約5km、南北約13km。島の南北にほぼ同じ標高の山がある(南部:牧ノ岳 (117m)、北部:宮地岳 (116.6m))。

地盤は第三紀砂岩層を基礎としその上に平均標高約50mの玄武岩溶岩台地が載る。海岸線は多くリアス式海岸をなし、海食崖もみられる。

産業[編集]

主な産業は農業漁業。台地上は比較的平坦で農耕地に利用されている。また、溶岩台地を構成する玄武岩から切り出される石材は「阿翁石」と称され、主に北部九州において墓石として用いられている。

交通[編集]

島へのアクセス[編集]

佐賀県唐津市肥前町との間の日比水道に鷹島肥前大橋が建設され、2009年(平成21年)4月18日に開通した。これによりバスまたは自家用車などを用い、陸路で島へ直接アクセスできるようになった。4月20日からは昭和自動車により唐津市肥前町と鷹島を結ぶ路線バスが運行開始されている。

船便は、松浦市今福港(最寄り駅は松浦鉄道鷹島口駅)から殿浦港(飛島経由)まで、および松浦市御厨港(最寄り駅は松浦鉄道御厨駅)から船唐津・阿翁(青島黒島経由)までの間に、鷹島汽船フェリーが就航している。唐津市肥前町の星賀港と、鷹島の日比港の間を結ぶ松尾フェリーが運行する便もあったが、鷹島肥前大橋開通により廃止された。

島内交通[編集]

旧鷹島町から引き継いだ松浦市営バスが路線バスを運行している。

名所・観光スポット[編集]

  • 鷹島モンゴル村
  • 元寇遺跡
  • 白浜海水浴場
  • 龍面庵:1281年弘安の役で鎮西奉行少弐経資の弟、少弐景資が本陣を構えたところと伝えられている。
  • 対馬小太郎の墓:文永の役の際、対馬から元軍の襲来を大宰府へ報告するという使命を果たし、鷹島襲撃の知らせに少弐景資の配下として奮戦中、自刃した。「我が屍を埋めるに対馬を望むべき丘陵に於いてせよ」と言い残したので、鷹島から対馬を望む地に祭られている。
  • 開田の七人塚(悲墳塚):「ニワトリがいるなら人も住んでいるはずだ」と元軍は山の中を捜し一軒家を発見。8人家族のうち7人が殺され、灰だめに隠れていたお婆さん1人が助かった。以来、開田ではニワトリを飼わないと伝えられている。

元寇終焉の地[編集]

鷹島は2度の元寇と深いかかわりを持つ。文永の役では元軍が鷹島に上陸して住民を虐殺している。

続く、弘安の役では平戸島から鷹島に進出してきた元軍に対して、集結した日本軍が攻撃を仕掛けて海戦となる(鷹島沖海戦)。

『心史』によれば、元軍は鷹島に上陸すると、日本軍の襲来に備えて、塁を築いて防備を固めたとされる。当初、平戸島から太宰府目指して進撃する計画を立てていた元軍であったが、『元史』相威伝によれば、躊躇して進撃できなかったという。このような中、台風が襲来し元軍は大損害を被った。元軍諸将は軍議を開き、継戦か撤退か議論し、最終的に撤退に決する。

諸将は頑丈な船を選び、兵卒を船から無理矢理下ろすと、乗船して兵卒を見捨て逃走した。鷹島に残された約10万の元軍は船を建造して撤退することにする。ところが鷹島に日本軍が襲来し、元軍は2、3万の捕虜を出し壊滅した(鷹島掃蕩戦)。 鷹島には、この鷹島掃蕩戦の激しさを物語るものとして、首除(くびのき)、首崎、血崎、血浦、刀の元、胴代、死浦、地獄谷、遠矢の原、前生死岩、後生死岩、供養の元、伊野利(祈り)の浜などの地名に名残を残している。

この際に沈没した元軍船を巡って水中考古学の立場から調査が行われ、パスパ文字で作成された「管軍総把印」を始め船舶に関する遺物や武器・武具などが多く発見されており、遺物がある南岸一帯(汀線から沖合200m、延長7.5km)は埋蔵文化財包蔵地として登録されている[1]。その一部は「元寇終焉の地」として松浦市立鷹島歴史民俗資料館鷹島埋蔵文化財センターで見ることができる。

また、2011年には琉球大学教授池田榮史によって海底遺跡(鷹島神崎遺跡)の発掘調査が行われ、沈没した軍船の竜骨と外板が初めて発見された[2]

出典[編集]

  1. ^ 長崎県|遺跡大辞典
  2. ^ 鷹島海底遺跡で元の軍船発見!! - 松浦市

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 42 長崎県』角川書店、1987年 ISBN 9784040014203
  • 瀬野精一郎「鷹島」『国史大辞典 15』吉川弘文館、1996年 ISBN 9784642005159
  • 鷹島歴史民俗資料館の展示物

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯33度26分2.5秒 東経129度45分21.2秒 / 北緯33.434028度 東経129.755889度 / 33.434028; 129.755889