NHK津放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
NHK津放送局
NHK logo.svg
NHK Tsu Broadcasting Station 20100108.jpg
所在地 514-8531
三重県津市丸之内養正町4番8号
公式サイト
総合テレビ
放送対象地域 三重県
コールサイン JONP-DTV
デジタル親局 津 28ch (キーID3)
Eテレ
放送対象地域 名古屋放送局管轄
デジタル親局 津 ※44ch (キーID 2)
ラジオ第1
放送対象地域 同上
ラジオ第2
放送対象地域 同上
FM
コールサイン JONP-FM
親局 津 81.8MHz
特記事項:
※印は、名古屋局の中継局。
テンプレートを表示

NHK津放送局(エヌエイチケイつほうそうきょく)は、三重県放送対象地域とする日本放送協会(NHK)の地方放送局総合テレビFM放送で県域放送を行っている。

沿革[編集]

  • 1940年(昭和15年)9月1日 - 名古屋中央放送局津出張所開設(この日を開局日としている)。受信機相談および料金業務などを行う。[1]
  • 1942年(昭和17年)10月15日 - 上野臨時放送所を設置(呼出符号なし)。電波管制による措置として、100Wで県下初の第一放送の電波を発射。[1]
  • 1945年(昭和20年)10月26日 - 上野臨時放送所、上野中継放送所に改称。
  • 1946年(昭和21年)9月1日 - 上野中継放送所に呼出符号JOCK4割り当て。
  • 1948年(昭和23年)5月1日 - 津出張所、津支局に改称。
  • 1948年(昭和23年)7月1日 - 上野中継放送所の呼出符号JOCTに変更。
  • 1950年(昭和25年)3月3日 - 津市大門町に局舎を新築、落成式を挙行。[2]
  • 1951年(昭和26年)7月1日 - 津支局、津放送局に改称(送信施設なし)。[1]
  • 1970年(昭和45年)4月6日 - FMラジオ放送(呼出符号JONP-FM)開局。[3]
  • 1973年(昭和48年)3月6日 - 津市丸之内養正町に新築された津放送会館に移転。
  • 1973年(昭和48年)4月2日 - 県域ローカルのテレビ放送を開始。[4]
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 三重テレビと共に地上デジタル放送開始。特別番組を共同制作。愛知・岐阜両県でも放送。
  • 2011年(平成23年)7月24日 - アナログ放送終了。翌日午前0時までに完全停波。

チャンネル・周波数[編集]

  • 太字は親局、それ以外はすべて中継局。

デジタルテレビ[編集]

NHK総合のリモコンキーID
総合テレビ (リモコンキーID:3
Eテレ (リモコンキーID:2

FM放送[編集]

ラジオ第1放送[編集]

ラジオ第2放送[編集]

アナログテレビ(2011年7月24日運用終了)[編集]

総合テレビ
Eテレ

補足[編集]

  • リモコンキーIDはEテレは全国共通の2を使うが、総合に関しては1ではなく3を使用している。理由としては、「親局のアナログ1chが民放(三重県愛知県岐阜県東海3県では東海テレビ放送)であり、そのような地域は全て当該民放がリモコンキーID「1」を選択していることが挙げられこの場合、NHK総合は「3」となっている。
  • このため、京都府・奈良県・和歌山県で津局を受信する場合は枝番が付かないが、愛知県・岐阜県・滋賀県で津局を受信する場合は031・032の後に-1のように枝番が付く(愛知県ではNHK名古屋総合に、岐阜県ではNHK岐阜総合に、滋賀県ではびわ湖放送に「3」が割り当てられているため)。
  • Eテレとラジオ第1放送、第2放送は中京広域圏扱いとして名古屋放送局からカバー・中継されている[5]。ただし、伊賀地方のラジオ第2は、大阪放送局の放送エリアとなっている。

報道室[編集]

  • 四日市
  • 伊勢
  • 尾鷲

主な津放送局制作番組[編集]

いずれも祝日は放送休止となる。

  • みえーるくん情報(平日 11:50~12:00)
※NHK名古屋放送局では『東海北陸フレッシュ便 さらさらサラダ』を引き続き放送(平日 11:30~12:00)。
※11:54~11:57は、東京発の全国の気象情報を内包して放送。
※NHK名古屋放送局では『ほっとイブニング』を引き続き放送(平日 18:10~18:59)。ただし、18:52~18:55の気象情報のみNHK名古屋と同一内容を放送(全国の気象情報はネットしない)。
※NHK名古屋放送局では『ニュース845』(20:45~21:00)を引き続き放送。但し、祝日は、東海・北陸地方向けの「ニュース845」を放送。
  • 本音で!みえ投句 みえDE川柳(FM 最終金曜日 18:00〜18:50)
  • ニュース・気象情報・お知らせ(FM 平日 18:50~19:00)
※土日祝日・年末年始は、名古屋局からの放送となる。

過去の津放送局制作番組[編集]

アナウンサー・キャスター[編集]

アナウンサー[編集]

キャスター[編集]

気象予報士[編集]

参考文献[編集]

  • 『津市史 第五巻』1969年3月15日発行、執筆者:西田重嗣、発行者:角永清(津市長)、発行所:津市役所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『津市史 第五巻』p514
  2. ^ 「自慢の装備「郷土放送局」NHK津支局きょう落成式」伊勢新聞 1950年3月3日付 2面
  3. ^ 伊勢新聞 1970年4月1日付 8面 新聞広告
  4. ^ 「来月二日から放送 NHKの県域TV」朝日新聞 1973年3月12日付 13面 三重版
  5. ^ Eテレ・ラジオ第2は、静岡県と、福井県石川県富山県北陸3県も名古屋局の中継局扱いとなる。
  6. ^ 伊勢新聞 (2012年5月15日). “答志島舞台にBSドラマ NHK津放送局が制作、9月放送”. 47NEWS. 2012年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]