種子島時尭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
種子島時尭
Tanegashima Tokitaka.JPG
種子島時尭公像(西之表市
時代 戦国時代
生誕 享禄元年(1528年
死没 天正7年10月2日1579年10月21日
改名 犬楠丸(幼名)、直時、時尭、可釣(法号
別名 左兵衛尉、左近衛将監
戒名 法惟院日勝大居士
墓所 鹿児島県西之表市西之表の御坊墓
鹿児島県西之表市西之表の御拝塔墓地
官位 従五位下弾正忠
主君 島津貴久義久
氏族 種子島氏
父母 父:種子島恵時、母:島津忠興の女
兄弟 時尭時式、日法
正室:にし島津忠良の女)、
側室:禰寝尊重の女、黒木道統の女
女(伊集院忠棟室)、円信院殿(妙蓮夫人:島津義久室)、時次久時
西之表市御坊墓地(種子島氏最初の墓地)にある時尭の墓(中央)

種子島 時尭(たねがしま ときたか)は、戦国時代の武将。島津氏の家臣。種子島氏第14代領主(島主)。

生涯[編集]

享禄元年(1528年)、種子島氏第13代領主・種子島恵時の子として誕生。

鉄炮記』によると、天文12年(1543年)、ポルトガル商人が乗った船が種子島に漂着した。好奇心旺盛な数え年16歳の時尭は、この時鉄砲の威力を見て即座に2000両の大金を支払い2挺を購入。鍛冶職人八板金兵衛に命じて、鉄砲を分解させて調べさせ、鉄砲製造に成功した(もう一丁は島津氏を通して、室町幕府将軍足利義晴に献上)。これにちなんで、鉄砲は種子島銃とも呼ばれ、戦国時代に大きな影響を及ぼす事になった。なお文書には、この時のやり取りで主に時尭の名が見られることから、これ以前に父・恵時から実質的な家督継承が行われていたようである。

また時尭は、島津忠良の娘を娶り、弘治元年(1555年)には島津貴久に従い大隅国攻めに参加した。正室との間には2人の娘を儲けた。特に次女の妙蓮夫人(円信院殿)は、貴久の嫡男・義久に後妻として嫁いだ。その一方で、島津氏と争っていた禰寝氏からも姫を密かに迎えて側室にし、男子が生まれたのをひた隠しにしていたが、これを知り怒った時尭夫人は、娘2人を連れて種子島を出て鹿児島に帰ってしまったという(その後、夫人は肝付兼盛に再嫁する)。この禰寝氏の娘との間に生まれたのが長男の時次で、次男の久時は黒木氏の娘との間に生まれた子である。

永禄3年(1560年)に家督を長男の時次に譲るが、永禄5年(1562年)に7歳で早世したため家督に復した。後に次男の久時が家督を継いだ。

天正7年(1579年)、死去。享年52。

関連項目[編集]