玉井詩織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
たまい しおり
玉井 詩織
生年月日 1995年6月4日(19歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県 (生誕地は鹿児島県種子島
身長 160 cm
血液型 A型
事務所 スターダストプロモーション
公式サイト 事務所公式 > プロフィール
グループ公式 > プロフィール
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

玉井 詩織(たまい しおり、1995年6月4日 - )は、ももいろクローバーZのメンバー、女優である。愛称は、しおりん

神奈川県出身(鹿児島県種子島生誕)。スターダストプロモーション所属。

人物[編集]

  • 小学校4年生の時、現在の事務所にスカウトされ芸能界入り。
  • 趣味は音楽・映画鑑賞、料理、お菓子作り[1][2]。手先が器用であり、描いた絵がNHKハート展に展示されたこともある[3]
  • 特技は遠くから投げられるマシュマロを口でキャッチすること、どこでもすぐに眠れること[1][2]
  • 好きな映画は『20世紀少年[2]
  • 映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』を見た事がきっかけで、大原櫻子のファンになった[4]
  • 好きな教科は英語、嫌いな教科は数学と社会[2]
  • 兄がいる。「イロハ」という名前のティーカッププードルを飼っている[5]
  • 名前の由来はサザンオールスターズの「栞のテーマ」であり、字画を考えて「詩織」となった[2]
  • 本人いわく長所は「いつも元気なところ」、短所は「優柔不断なところ」「一人では行動できないところ」であった[1][2]

ももいろクローバーZとしての活動[編集]

  • イメージカラーはイエロー
  • キャッチフレーズは「泣き虫で甘えん坊な、みんなの妹」。「ももクロの若大将」という呼ばれ方をされたこともあった[6]
  • トークなどでは脇役ながら安定した立ち回りをすることが多く、「スーパーサブ」と呼ばれることがある[7]
  • ライブでは煽りを担当することが多い。「いいかお前らー!」から始まり、その後の内容は毎回変わる。またパフォーマンスとして、共演者をビンタすることがある。
  • メンバー随一の食いしん坊(本人曰く、早食いや大食いというより、純粋に食べるのが好きとのこと[8])。テレ朝動画ももクロChan』にて、2011年の目標として「わんこそばを100杯食べる」という発表をした。その後ロケで挑戦し93杯(時間無制限)を記録。2012年2月11日には、岩手県花巻市で開催されたわんこそば全日本大会個人の部に一般で参加。直前に控室でご当地ハンバーガーを食べてしまい、記録は62杯(制限時間5分)となり女子の部個人で8人中7位であった。
  • 渡辺麻友に憧れて髪形をツインテールにしていたことがあり(『サマーダイブ2011 極楽門からこんにちは』からはショートヘア)、そのことを知ったスタイリストの米村弘光が、渡辺の衣装を黄色にアレンジしたものを作ったことがある。
  • ひとりが苦手であり、移動先のホテルなどでは一人で眠れずリーダー百田の部屋に泊まり込むこともある。このことは、ももたまい(百田夏菜子&玉井詩織)名義の「シングルベッドはせまいのです」という曲の中で歌われている。

女優としての活動[編集]

子役として、CMなどへの出演歴がある。現在も、北川景子柴咲コウ竹内結子らを擁する女優事務所スターダストプロモーションに所属しており、ももいろクローバーZの活動と並行して、かねてから演技レッスンを重ねてきている。

Nuvola apps kaboodle.svg 映像外部リンク
Nuvola apps kaboodle.svg 『幕が上がる』映画予告編 - YouTube

2015年には、踊る大捜査線シリーズで知られる本広克行監督の指名で、他のメンバー4人とともに映画『幕が上がる』に出演する(加えて、2014年日経トレンディにおいて「今年のヒット人」に選ばれた俳優・ムロツヨシや、同年のベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した黒木華らがキャストを務める。2月28日公開)[9]

ソロ活動[編集]

コラボ商品[編集]

バラエティ等[編集]

ドラマ[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]

書籍[編集]

  • DiaDaisy(2010年、小学館) - 専属モデル
  • ショーボー vol.3(2006年)
  • De☆View 2010年9月号
  • Chu-Boh Vol.42(2011年) - 表紙写真も
  • Quick Japan Vol.97(2011年)
  • ケトル VOL.09(2012年)
  • このマンガがすごい! 2012 - 『あの人が選ぶ』のコーナー
  • UTB+ vol.8(2012年)
  • smart 2012年2月号
  • smart 2012年11月号
  • Quick Japan Vol.107(2013年)
  • Graduation-高校卒業-(2014年) - 表紙写真も
  • smart 2014年4月号
  • Quick Japan Vol.114(2014年) - 表紙写真も
  • ROLa 2014年9月号 - 特集「おいしい『肉』」で寺門ジモンとの「肉バカ対談」を掲載

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公式サイト プロフィール”. スターダストプロモーション. 2012年10月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 『「ももクロ夏のバカ騒ぎSummer Dive 2012 Tour」公式ツアーパンフレット』、SDP、2012年6月17日
  3. ^ ももクロ・玉井詩織や川越達也シェフらのアート作品も……「NHKハート展」開催”. RBB TODAY. 2013年11月2日閲覧。
  4. ^ 玉井詩織に聞く大原櫻子の魅力”. 音楽ナタリー. 2014年12月13日閲覧。
  5. ^ いらっしゃい*\(^o^)/*”. ももいろクローバーZ 玉井詩織 オフィシャルブログ 「楽しおりん生活」」. 2013年6月15日閲覧。
  6. ^ インタビュー ももいろクローバーZ×吉田豪”. CD Journal. 2012年12月27日閲覧。
  7. ^ テレ朝動画『ももクロchan #181』
  8. ^ 佐々木敦規 on Twitter”. 2012年12月27日閲覧。
  9. ^ “本編完成にあわせてポスタービジュアルお披露目”. 映画.com. http://eiga.com/news/20141226/11/ 2015年1月16日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 「5号連続特集 ももいろクローバーZ パーソナルインタビュー 第2回 玉井詩織」、『Quick Japan』Vol.97、太田出版2011年8月22日
  • 「玉井詩織 底なしの17歳 ロングインタビュー」、『Quick Japan』Vol.107、太田出版、2013年4月11日
  • 「113ページ全力特集 玉井詩織 Unknown self」、『Quick Japan』Vol.114、太田出版、2014年6月12日

外部リンク[編集]