大政絢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おおまさ あや
大政 絢
プロフィール
愛称 大政ちゃん・アヤマサ
生年月日 1991年2月4日
現年齢 23歳
出身地 日本の旗 日本北海道滝川市
血液型 O型
公称サイズ(2012年6月時点)
身長 / 体重 164 cm / 45 kg
BMI 16.7
スリーサイズ 83 - 58 - 85 cm
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2005年
ジャンル ファッション
他の活動 女優タレント
モデル: テンプレート - カテゴリ

大政 絢(おおまさ あや、1991年2月4日 - )は、日本女優ファッションモデル北海道滝川市出身。スターダストプロモーション所属。

来歴

デビュー前はアクターズスタジオ札幌校でレッスンを受けデビュー準備をしていた。 その後『CANDy』モデルを経て2007年に『Seventeen』に初登場。専属モデルとなる。

BS-i制作のショートドラマ『TOKYOかしましガールズ』で初ドラマにして主演デビュー。きっかけは中学3年生の時に、宮崎あおい堀北真希夏帆など、多くの女優を発掘したBS-iのプロデューサー丹羽多聞アンドリウと出会い、見い出されたからである。この際、丹羽は「次の『ケータイ刑事』はこの子だ」と確信したという。さらに北海道から東京への転校を事務所に依頼するほどであった。[1]その後も『恋する日曜日』シリーズや『ケータイ刑事 銭形シリーズ』6代目(銭形海)、『東京少女 大政絢』など、多数の作品で主演を飾った。

2010年1月期のTBS系金曜ドラマドラマ『ヤマトナデシコ七変化♥』でヒロイン・中原スナコ役に抜擢され、第13回2009年度日刊スポーツ・ドラマグランプリにて助演女優賞を受賞。

同年12月号をもって『Seventeen』を卒業。オバモ(高校を卒業したモデル)として人気を誇っていた。同時に2011年1月号(2010年11月20日発売)から『non-no』の専属モデルへ。

2011年4月14日、自身バラエティ番組初MCとなる『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ)の4代目MCに抜擢され、約1年半MCを務めた。

人物

  • 両親、姉、弟の5人家族。
  • 「ココ」と名付けたチワワを飼っている。
  • 共演者やモデル仲間から天然と評されることがある。
  • 座右の銘は「為せば成る」。

出演

映画

テレビドラマ

ラジオドラマ

  • Voice of11PM」(ニッポン放送
    • 『大人になるって?』(2008年10月13日-17日)
    • 『チームメイト』(2009年1月5日-9日)
    • 『さよなら階段』(2009年3月9日-13日)

インターネットドラマ

  • 「Pocky 4 Sisters!」(2008年12月、グリコ
  • ミューズを務める「Heather」のショートムービー「Heather LOVE Short Movies」(2012年10月20日-11月24日、Heather

携帯配信ドラマ

  • Beautiful Love〜君がいれば〜(2010年6月4日-10月13日、BeeTV) - 長瀬日向 役

舞台

  • ケータイ刑事 銭形海 「BS初!ついに舞台だ!〜超豪華!演劇者殺人事件」(2007年7月、赤坂RED THEATER)
  • ケータイ刑事 銭形海 「歌だ!祭だ!芸術だ!〜ケータイ刑事文化祭inゴルゴダの森」(2007年11月、新宿THEATER APPLE)
  • ケータイ刑事 銭形海 「遂に公開!後悔?死の航海〜キングアンドリウII世号殺人事件」(2008年2月、グローブ座)
  • ケータイ刑事 銭形命 「歌だ!祭りだ!〜BS・TBSサマーパーティーin赤坂BLITZ!ファン感謝祭歌謡祭〜」(2009年8月、赤坂BLITZ)

テレビ番組

PV

CM

  • 日本民間放送連盟 CMのCMキャンペーン「キミをふりむかせたい〜工事現場編」(2008年)
  • au 去年と違う夏「ハイビジョンムービー」編(2009年)
  • ロート製薬
    • 「肌研(ハダラボ)」(2009年)
    • 「肌研es」(2010年~2011年)
    • 「LASH RICH」(2011年~2012年)
    • 「スキンアクア」(2012年~2013年)さらさらエッセンス「SPF50なのに」篇、さらさらUVシャワー「気持ちいいでシュー」篇
    • 「白茶洗顔」(2012年~)
  • MAZDA キャンペーン(2010年)
  • カルビー「堅あげポテト」(2011年)
  • 日清食品 カップヌードル ミルクシーフードヌードル「知って欲しい」篇(2011年)
  • JAPAN GATEWAY「Rêveur」 (2012年)
  • NTT東日本 電報「思いがけない祝福が、歓びを特別に」篇(2012年)
  • 株式会社エイリム「ブレイブ フロンティア」爽快編・本格編
  • ONWARD「anySiS」(2014年10月 - )[2]

DVD

  • 原生凛I(2005年6月、スリーコード)
  • 原生凛II(2005年6月、スリーコード)

書籍

写真集

書誌

雑誌

受賞歴

  • 第13回 2009年度 日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞(TBS「ヤマトナデシコ七変化」)
  • 第4回 2012年度 ゴールド・メイクアップ賞 モード・ファッション部門 受賞

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 大政絢を褒めちぎる - TV LIFE 丹羽多聞アンドリウの「テレビは冒険だ!」 2008年7月9日付け
  2. ^ anySiS News(2014年10月23日)

外部リンク