怪談新耳袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

怪談新耳袋』(かいだんしんみみぶくろ)は、TBS系BSデジタル放送BS-i(現・BS-TBS)で放送された新耳袋を原作とするテレビドラマ。英語版DVDのタイトルは「Tales of Terror from Tokyo and All Over Japan」。

概要[編集]

1話5分で構成されるショートフィルム形式のホラードラマであり、2003年2月の放送開始以降、断続的に5シリーズが放送された。清水崇雨宮慶太といったトップクリエーターも監督として参加している。

2004年8月にオムニバス映画化され、2005年8月の映画第2弾は、シリーズ初の長編となった。

本作は世界23カ国で放送され、映画版も世界配給されるロングセラーとなった。

原作は、実話怪談集『新耳袋』(木原浩勝中山市朗メディアファクトリー)である。しかし、映像作品としてそれぞれ独自の解釈・脚色がなされている為、原作とは異なる怖さやテイストを持つ話が多数存在する。

以下、各シリーズの小見出し(第○夜、○○編)は、DVD発売時のサブタイトルで、本放送時には画面上の表記はされていない。英語表記は米国発売のDVDでのサブタイトルである。

なお、TVシリーズのDVD第1夜、第2夜、白いひも編、 開けちゃ駄目編、近づく編、花嫁さん編、御祓いは効かない編、三人来るぞ編、ふたりぼっち編、最終夜1、最終夜2に収録されていない81話、82話、83話、84話はそれぞれ「夜警の報告書1」、「夜警の報告書2」、「夜警の報告書3」、「夜警の報告書4」である。(参考:怪談新耳袋 百物語DVD BOX)

違うエピソードに同じ登場人物(人物名、設定、演者が全く同じ)が出てくることも多い。中には10回以上も心霊現象を体験させられた不幸な人も。

第1シリーズ[編集]

2003年2月放送。

第1夜[編集]

第2夜[編集]

  • 第27話「さとり」Enlightenment(主演:内山理名、監督:清水崇)
  • 第72話「待ち時間」Waiting Time(主演:水橋研二、内山理名、監督:清水崇)
  • 第22話「第三診療室 前編」Examination Room #3 - Part One(主演:要潤尾野真千子、監督:吉田秋生)
  • 第23話「第三診療室 後編」Examination Room #3 - Part Two(主演:要潤、尾野真千子、監督:吉田秋生)
  • 第33話「忘れ物」Forgotten Item(主演:田畑智子、監督:難波涼
  • 第10話「電車」The Train(主演:有坂来瞳石橋けい、監督:三宅隆太)
  • 第6話「一滴の血」A Drop of Blood(主演:清水美那、監督:荒川栄二
  • 第69話「石つぶて」Stones(主演:中原和広、監督:豊島圭介)
  • 第60話「恋人」The Lover(主演:橘実里、監督:鶴田法男)
  • 第77話「百物語の取材」Covering the 100 Tales(主演:黒谷友香、監督:中山市朗

第2シリーズ[編集]

2003年8月放送。

白いひも編[編集]

開けちゃだめ編[編集]

  • 第36話「やめて」Please Don't(主演:伊藤洋三郎、監督:山口雄大
  • 第37話「もうやめて」No More, Please(主演:水木薫、監督:山口雄大)
  • 第38話「来るなら来い!」Come, If You Dare(主演:伊藤洋三郎、監督:山口雄大)
  • 第12話「庭」The Garden(主演:中原翔子、監督:高橋洋
  • 第28話「あそぼ」Let's Play(主演:小西舞、監督:森山享)
  • 第8話「開けちゃだめ」Don't Ever Open It(主演:堀ノ内美月、監督:堀江慶

近づく編[編集]

  • 第3話「家紋」Family Crest(主演:三輪ひとみ、監督:佐々木浩久)
  • 第14話「現場調書」An Interrogation(主演:筧利夫、監督:堀江慶)
  • 第25話「旅館」A Hotel(主演:三船美佳、監督:太田隆文)
  • 第2話「頼んだで」Take Good Care of Him(主演:津田寛治、監督:堀江慶)
  • 第24話「狐風呂」Fox and a Bath(主演:田中要次、監督:佐々木浩久)
  • 第21話「近づく」Getting Closer(主演:鈴木繭菓、監督:佐々木浩久)
  • 第29話「手形」Handprints(主演:螢雪次朗、監督:太田隆文)

第3シリーズ[編集]

2004年5月放送。

花嫁さん編[編集]

御祓いは効かない編[編集]

第4シリーズ[編集]

2005年3月放送。

三人来るぞ編[編集]

主演はすべて黒川芽以

ふたりぼっち編[編集]

主演はすべて黒川芽以

第5シリーズ[編集]

2006年7月8日から放送

ある一家(父:嶋田久作、長女:星野真里、次女:桐谷美玲、三女:小池里奈)のそれぞれを主人公としたオムニバスとなっている。

最終夜1[編集]

  • 第90話「社長室」(出演:星野真里、監督:井口昇
  • 第87話「無表情」(出演:桐谷美玲、監督:村上賢司
  • 第94話「水辺の写真」(出演:小池里奈、監督:三宅隆太
  • 第92話「続く」(出演:嶋田久作、監督:佐々木浩久
  • 第88話「小田原提灯」(出演:星野真里、監督:佐々木浩久)
  • 第89話「てさぐり」(出演:星野真里、監督:佐々木浩久)
  • 第96話「超能力」(出演:小池里奈、監督:村上賢司)
  • 第86話「へそくり」(出演:嶋田久作、監督:井口昇)
  • 第78話「姉形」(出演:桐谷美玲、監督:吉田秋生
  • 第99話「シャワー」(出演:星野真里、監督:吉田秋生)

最終夜2[編集]

  • 第13話「絆創膏」(出演:星野真里、監督:佐々木浩久)
  • 第93話「臭い」(出演:桐谷美玲、監督:井口昇)
  • 第97話「大変やぁ」(出演:小池里奈、監督:井口昇)
  • 第91話「タバコはベランダで」(出演:嶋田久作、監督:吉田秋生)
  • 第95話「いってきます」(出演:星野真里、監督:三宅隆太)
  • 第98話「おシカさん」(出演:嶋田久作、監督:吉田秋生)
  • 第4話「同じ傷」(出演:小池里奈、監督:村上賢司)
  • 第85話「爆弾」(出演:星野真里、監督:村上賢司)
  • 第79話「中学の同級生 前編」(出演:桐谷美玲、監督:三宅隆太)
  • 第80話「中学の同級生 後編」(出演:桐谷美玲、監督:三宅隆太)

怪談新耳袋スペシャル(2007年版)[編集]

怪談新耳袋、初の1時間のスペシャル版。

黒い男たち[編集]

2007年6月30日放送。失踪した同級生の謎に迫る大学生、今日香に忍び寄る黒い影。

あらすじ
カフェでアルバイトをしている大学生・今日香がアパートに帰ると、郵便受けに古びた茶封筒が入っていた。
中には黄ばんで色のあせたスナップ写真が1枚、小学三年生くらいの女の子二人が微笑んでいる。写真の一人は今日香、もう一人は横須賀さちこという同級生だった。写真の裏に「たすけて」と意味深なメッセージが残されている。
写真が気になって地元に帰った今日香は、同級生の栄子からさちこの居場所を確認する。引越をしたと思っていた今日香は驚くが、さちこと会うことはできないらしい。
真相を確かめるべく、さちこの家に向かうが、やはり家に居らず、彼女の部屋は小学生の頃そのままの状態だった。彼女の父から、さちこは突然失踪し、周囲には転校したことにしていたと知らされた今日香は、さちこが失踪した“神隠しの山”と呼ばれる場所に向かう。
この場所でよく二人で遊んでいたことなどを思い出した今日香の背後に、突然“黒い人”のような影が現れる。不穏な気配を感じた今日香が振り返ると、黒い背広を着た男が迫ってくる。
キャスト
スタッフ

牛おんな[編集]

2007年7月7日放送。

あらすじ
ある森を訪れた5人の男女。しかしそこは、角を持って生まれ凶事を告げるモノ「牛おんな」が住む禁断の土地だったのだ。怪物の怒りを買った彼らは、一人また一人と惨殺されていく。
キャスト
スタッフ
  • 監督:村上賢司
  • 脚本:向井康介
  • プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ、山口幸彦
  • 音楽:遠藤浩二
  • 製作:怪談新耳袋製作委員会、BS-i、キングレコード

怪談新耳袋スペシャル(2008年版)[編集]

ぶぅん[編集]

2008年6月29日放送。B級ホラー映画のロケ隊が、ロケ先で偶然見つけた廃屋で奇怪な現象に巻き込まれる。

あらすじ
木々をかき分け、必死に駆ける夏美が足をとられて転倒する。その背後に巨大な植木バサミを持ち、豚のマスクを被った殺人鬼が迫る。夏美が悲鳴を上げたその時、監督のカットがかかった。ホラー映画「怪談!豚おとこ」の撮影現場である。
次のロケ先がNGになってしまい、助監督が新しい撮影現場を探す。その時、突然バスが止まり、運転手が一方を指差している。そこには荒れ果て不気味な佇まいの廃墟があった。一行が廃墟の中へと足を踏み入れる一方、車に残った夏美はふと視線を感じ、振り返る。そこには眼鏡を掛けた一人の少女が立っていた。少女は夏美を見つめ、首を横に振っていた。まるで「入ってはダメ。」と言っているかのように。
建物内へと入っていった浅野たちはこの薄気味悪い廃墟を次の撮影現場と決め、一行はバスへ戻って行った。背後に黒い人影が通り過ぎて行ったことも知るよしもない。
キャスト
スタッフ
  • 原作:木原浩勝/中山市朗「新耳袋」(メディアファクトリー刊)
  • 監督/脚本:三宅隆太
  • プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ/山口幸彦
  • 制作:ハニーバニー
  • 製作:ビーエス・アイ/キングレコード

ぎぃ[編集]

2008年7月6日放送。家庭教師を引き受けた女子大学生に迫る恐怖を描く。

あらすじ
児童心理学の講義を真面目に受ける松嶋亜季。幼稚園の先生になる夢を持つ亜季は、教授の勧めで短期のベビーシッターをすることにした。アルバイト先である外山家に着いた亜季は、社長業に忙しい母親・紀子から5歳の息子・剛を紹介される。カーテンを閉め切った薄暗い部屋で布団をかぶった剛は絵を描いていた。剛が描いた絵には、真っ黒な大男が描かれていた。ボサボサの髪、黒く塗りつぶされた顔。それは「ぎぃ」と呼ばれ、剛の友達だという。また「ぎぃ」は“邪魔な人を消し去る”技を持っているのだという。その話を聞き、亜季は不審に思った。
キャスト
スタッフ
  • 原作:木原浩勝/中山市朗「新耳袋」(メディアファクトリー刊)
  • 脚本:三宅隆太
  • 監督:井口昇
  • プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ/山口幸彦
  • 制作:ハニーバニー
  • 製作:ビーエス・アイ/キングレコード

怪談新耳袋スペシャル(2009年版)[編集]

まえ「すごい顔」[編集]

2009年7月2日放送。女子高生・姫野やよいが巻き込まれる恐怖体験を描く。

あらすじ
キャスト
スタッフ
  • 原作:木原浩勝/中山市朗「新耳袋」(メディアファクトリー刊)
  • 脚本: 三宅隆太
  • 監督: 吉田秋生
  • 音楽:遠藤浩二
  • プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ/山口幸彦
  • 制作:BS-TBS/キングレコード
  • 制作協力:ハニーバニー

うしろ「記憶」[編集]

2009年7月9日放送。バイト仲間と心霊スポットに行った青年の恐怖体験を描く。

あらすじ
ファミレスのバイト仲間である信吾、悟、義則の 3人は心霊スポットで不思議な体験をして逃げ帰る。その帰りの車中で義則がシートに呑み込まれ、姿を消してしまう。混乱する信吾と悟だが、義則の家族もバイト先の店長や同僚のみさきも義則のことなどはじめからいなかったような物言いをする。
キャスト
スタッフ
  • 原作:木原浩勝「隣の怪」(メディアファクトリー刊)
  • 脚本:三宅隆太
  • 監督:豊島圭介
  • 音楽:遠藤浩二
  • プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ/山口幸彦
  • 制作:BS-TBS/キングレコード
  • 制作協力:ハニーバニー

怪談新耳袋 百物語[編集]

4年ぶりにショートフィルム形式で放送。2010年5月2日放送。

キャスト
bump.y
松山メアリ桜庭ななみ宮武美桜高月彩良宮武祭
エピソード
  • 第104話「扉の向こう」(出演:桜庭ななみ、宮武祭、監督:篠崎誠、脚本:篠崎誠)
  • 第102話「寺に預けられた理由」(出演:宮武祭、宮武美桜、高月彩良、監督:内藤瑛亮、脚本:内藤瑛亮)
  • 第101話「スリッパ」(出演:桜庭ななみ、松山メアリ、監督:大九明子、脚本:大九明子)
  • 第107話「庭の木」(出演:高月彩良、監督:大畑創、脚本:大畑創)
  • 第103話「ついてくるもの」(出演:松山メアリ、監督:篠崎誠、脚本:篠崎誠)
  • 第105話「赤塗り」(出演:宮武美桜、高月彩良、監督:継田淳、脚本:藤平絢人)
  • 第109話「空き家」(出演:宮武美桜、松山メアリ、高月彩良、監督:朝倉加葉子、脚本:朝倉加葉子)
  • 第108話「隣の女」(出演:松山メアリ、宮武美桜、監督:継田淳、脚本:継田淳)
  • 第110話「市松人形」(出演:高月彩良、監督:三宅隆太、脚本:三宅隆太)
  • 第106話「帰宅」(出演:桜庭ななみ、監督:三宅隆太、脚本:三宅隆太)

映画版[編集]

怪談新耳袋劇場版[編集]

2004年8月公開。シリーズ初の映画作品となったこの作品は、1話10~15分の怪談8話で構成されるオムニバスである。テレビ放送版と異なり、それぞれに第○話の表記がない。

英語版タイトルは「Tales of Terror The Movie」。

DVDの特典であるオーディオコメンタリーにおいて原作者の木原が語るところに拠れば、本映画の宣伝として、「約束」に登場する異常に背が高い女性(ちなみにこのキャラクターは、原作に惚れ込んだ雨宮慶太監督が自らがデザインから女優の選考まで手がけたもの)の等身大大判ポスターが、劇場公開前にTBS本社のエレベーター前に掲示されたが、そのビジュアルのあまりの怖さとインパクトの強さに対してエレベーター利用者からの苦情が殺到し、局始まって以来初めて、番宣ポスターが役員会の議題とされることとなり、協議の結果、撤去されることとなったという。

怪談新耳袋劇場版 幽霊マンション[編集]

怪談新耳袋劇場版 幽霊マンション
監督 吉田秋生
脚本 渡邉睦月
製作 怪談新耳袋劇場版製作委員会、Bs-iキングレコード
出演者 黒川芽以
吹越満
音楽 遠藤浩二
主題歌 シアワセがふえるより哀しみをへらしたい(黒川芽以)
配給 スローラーナー
公開 2005年8月15日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2005年8月公開。シリーズ初の長編。

ストーリー
主人公である女子高生・愛実と売れないフリーライターの父親は、家賃の安い古びたマンションに引越した。愛実はそこに漂う異常な空気に、不安と恐怖を感じていた。
引越当日、マンション住民たちの度を越した歓迎ぶりに愛実達は違和感をおぼえる。奇妙なことに愛実の荷物が詰まったダンボールに『愛』という一文字を見つけた住民達は、ひどく怯え、取り乱すのだった。
マンションの門前には一本のロープが渡してあり、「夜中の12時までに必ず、この線の内側に入らなければならない」という奇妙な決まりがあった。そしてその決まりを守らなかった人間、マンションから逃げ出した人間は必ず不審な死を遂げていく。
ただしこの決まり(呪い)から逃れる方法がひとつだけあった。マンションに新しい入居者が現れれば、一番古い入居者はここを出ることが許されるのだ。愛実たちが歓迎された理由はこれだった。
転勤や出張・残業を拒み続けたことで職を失い餓死の危機に瀕した夫婦、マンションに住む女の部屋で一泊したために呪いに巻き込まれた男、夜な夜な過去の罪の償わされる老夫婦。
愛実の父親はこのマンションの呪いを面白おかしく原稿化して雑誌に売り込もうとする。
キャスト
スタッフ

怪談新耳袋 ノブヒロさん[編集]

怪談新耳袋 ノブヒロさん
監督 豊島圭介
脚本 加藤淳也
製作 怪談新耳袋劇場版製作委員会、Bs-iキングレコード
出演者 内山理名
平田満
音楽 遠藤浩二
主題歌 :HORIZON(諫山実生)
配給 パンドラ
公開 2006年7月22日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2006年7月公開。劇場版怪談新耳袋、長編第二作。JAPANESE BREAKTHROUGH FILMSの第一弾作品。

ストーリー
デザイン会社に勤める悦子は、画家・ノブヒロのアトリエを訪れる。初対面にもかかわらず、彼女を親しげに“エッチャン”と呼ぶノブヒロに当惑しながらも、「絵のモデルになって欲しい」という申し出を受けた悦子は、それから毎日のようにアトリエに通うことになった。
次第に親しくなり、楽しく過ごす二人。しかし、悦子の一人娘・彩香は、ノブヒロに対して異常なまでのおびえを見せるのだった。
そのノブヒロがある日、急に自分の死を口にする。彩香が高熱を出したために、悦子がアトリエに行けなかったある晩、ノブヒロが不可解な死を遂げた。階段から転落したとされたが、その体は捻じ曲がり、苦悶の死に顔は恐ろしく曳き歪んでいた。
警察によって立ち入りが禁止されていたアトリエに忍び込んだ悦子は、自分とノブヒロを繋ぐ驚愕の事実を知ることとなる。
キャスト
スタッフ

怪談新耳袋 怪奇[編集]

怪談新耳袋 怪奇
監督 篠崎誠
脚本 三宅隆太
製作 キングレコード
BS-TBS
アップフロントエージェンシー[1]
出演者 真野恵里菜
音楽 遠藤浩二
主題歌 真野恵里菜『-家(うち)へ帰ろう-』
撮影 三栗屋博
編集 佐野由里子
製作会社 『怪談新耳袋 怪奇』製作委員会
配給 キングレコード
公開 2010年9月4日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

怪談新耳袋 怪奇』(かいだんしんみみぶくろ かいき)は、2010年9月4日公開のシリーズ第4弾。「ツキモノ」と「ノゾミ」の2編構成。2編とも主演は真野恵里菜。監督は『東京島』の篠崎誠、脚本は『呪怨 白い老女』の三宅隆太とJホラーの実力派を起用。

キャッチコピーは「この恐怖、背負う気あるの?」。

キャスト
『ツキモノ』
『ノゾミ』
スタッフ
  • 監督 - 篠崎誠
  • プロデューサー - 丹羽多聞アンドリウ(BS-TBS)、山口幸彦
  • アソシエイト・プロデューサー - 鈴木浩介
  • ライン・プロデューサー - 吉川厚志
  • 原作 - 木原浩勝(『ツキモノ』&『ノゾミ』)、中山市朗(『ノゾミ』)
  • 脚本 - 三宅隆太
  • 撮影 - 三栗屋博
  • 美術 - 桜井陽一
  • 装飾 - 堀千恵
  • 照明 - 鵜飼隆一郎
  • 音楽 - 遠藤浩二
  • 録音・MA - 岩丸恒
  • 編集 - 佐野由里子
  • VE(ビデオ編集) - 赤羽根崇
  • 衣装(デザイン) - 塚本志穂
  • ヘアメイク - 内城千栄子、及川奈緒美
  • 助監督 - 荒川栄二
  • 特殊メイク - 須賀寛子
  • スタント - 沙李華
  • 配給 - キングレコード
主題歌

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版[編集]

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版
監督 村上賢司(<関東編>、<沖縄編>)、青木勝紀(<東海道編>、<北海道編>)
製作 キングレコード
BS-TBS
出演者 ギンティ小林
製作会社 『怪談新耳袋 殴り込み!劇場版』製作委員会
配給 キングレコード
公開 2011年7月23日(関東編)
2011年7月30日(沖縄編)
2012年7月28日(東海道編)
2012年8月4日(北海道編)
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <関東編>』は2011年7月23日公開、『怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <沖縄編>』は2011年7月30日公開のスピンオフ映画。監督は村上賢司。『新耳袋 殴り込み』著者のギンティ小林も出演。

また、2012年夏には『怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <東海道編>』、『怪談新耳袋 殴り込み!劇場版 <北海道編>』が公開。監督は青木勝紀。

キャスト

怪談新耳袋 異形[編集]

怪談新耳袋 異形
監督 井口昇
脚本 継田淳
製作 キングレコード
BS-TBS
アップフロントエージェンシー[1]
出演者 スマイレージ
音楽 遠藤浩二
主題歌 スマイレージ
君は自転車 私は電車で帰宅
製作会社 『怪談新耳袋 異形』製作委員会
配給 キングレコード
公開 2012年8月11日[2]
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

怪談新耳袋 異形』(かいだんしんみみぶくろ いぎょう[3])は2012年8月11日順次公開[2]の映画。監督はリメイク版『電人ザボーガー』などで知られる井口昇。主演はスマイレージ[4]。エピソードは『おさよ』『赤い人』『部屋替え』『和人形』の4編から構成される。

キャッチコピーは「この恐怖、笑えない。」

キャスト
スタッフ
主題歌

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 現・アップフロントプロモーション
  2. ^ a b 映画『怪談新耳袋 異形』> 作品情報”. シネマトゥデイ. 2012年6月29日閲覧。
  3. ^ 映画『怪談 新耳袋 異形』公式サイト”. 2012「怪談新耳袋 異形」製作委員会. 2012年6月29日閲覧。
  4. ^ スマイレージ、ホラー映画で主演デビュー - SANSPO.COM 2012年1月29日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]