津田寛治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
つだ かんじ
津田 寛治
別名義 ツダカン、ツダンジ
生年月日 1965年8月27日(49歳)
出生地 日本の旗 福井県福井市
身長 173cm
血液型 AB
ジャンル 俳優、映画監督
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年: デビュー
配偶者 あり
著名な家族 2児あり
事務所 ラ・セッテ
公式サイト la sette
主な作品
映画
模倣犯
イズ・エー[is A.]
Watch with Me 〜卒業写真〜
ドラマ
仮面ライダー龍騎
警視庁捜査一課9係』シリーズ

津田 寛治(つだ かんじ、1965年8月27日 - )は、日本俳優ラ・セッテ所属。

福井県福井市出身。福井市大東中学校卒業、福井高等学校中退。血液型AB型、左利き、既婚で、現在は2児の父親である。趣味は絵画。愛称はツダカン、またはツダンジ

来歴・人物[編集]

幼いころから映画が好きで、映画俳優を目指して上京し、アルバイトをしながら小劇場系の劇団員として活動していた。そしてアルバイト先である都内の録音スタジオ内にある喫茶店に来店した北野武に売り込んだことがきっかけで、同監督作品『ソナチネ』にて映画デビューを果たす(初登場カットも喫茶店のボーイ役)。デビュー以後、数多くの映画やテレビドラマ舞台アニメーション作品での声優など幅広く出演を重ね、日本映画に欠かせない役者として活躍し、さまざまな監督から信頼を寄せられている。

作品のバジェットや規模にこだわらず、インディーズ作品(自主映画)などにも積極的に出演している。

近年は自ら映画の監督・脚本を務めるなど、活動の幅を広げている。2013年6月に開催された映画祭、ショートショートフィルムフェスティバルにおいて自身が監督・脚本を担当した短編映画「カタラズのまちで」がジャパン部門の応募数295点の中からノミネート16作品に選ばれるなどの評価を得ている。[1] [2]

テレビ朝日の長寿番組である『徹子の部屋』にゲスト出演(2010年6月30日放送)した際、徹子の部屋のセットを作る大道具担当のアルバイトをしたことがあるというエピソードを話した。これは、番組の司会者である黒柳徹子自身が大変珍しいことであると語っている。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

  • ショカツ(2000年4月 - 6月、関西テレビ) - 森田巡査 役
  • Dr.コトー診療所 第9・10話(2003年8月28日・9月4日) - 巽謙司 役
  • ラストクリスマス(2004年10月 - 12月) - 西条雅人 役
  • 金曜プレステージ
    • 浅見光彦シリーズ第27弾『竹人形殺人事件』(2007年10月26日) - 平石吾郎 役
    • 山村美紗十三回忌追悼 新・祇園芸妓シリーズ3『京都花嫁衣装殺人事件』(2008年2月8日)- 橋爪修 役
    • 医療捜査官 財前一二三5『湯けむりに沈む殺意!温泉病院殺人事件』(2014年6月6日) - 北野三晴 役
  • SMAP×SMAP特別編 ザッツ・ジャパニーズ・エンターテインメント「甦る日本映画黄金期」(2008年5月5日、関西テレビ共同制作) - 溝口監督組スタッフ 役
  • 白い春(2009年6月2日、関西テレビ) - 柿本 役
  • まっすぐな男 第1話(2010年1月12日、関西テレビ) - デザイナー・山口 役
  • 花嫁のれん(2010年11月1日 - 12月29日、東海テレビ) - 神楽宗佑 役
    • 花嫁のれん2(2011年10月31日 - 12月29日)
    • 花嫁のれん3(2014年1月6日 - 3月28日)
  • 森村誠一サスペンス・破婚の条件(2011年8月26日) - 里見慎治 役
  • リーガル・ハイ 第5話(2012年5月15日) - 辰巳史郎 役

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

その他

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

ゲーム[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

その他[編集]

映画監督作品[編集]

  • 子象*デカ(「新・刑事(デカ)まつり 〜一発大逆転〜」より)
  • デカ節(「電脳刑事まつり」より。福井インディーズ映画祭特別上映作品)
  • 最後の呪い(「ファンタズマ 〜呪いの館〜」より)
  • 悪霊(「『超』怖い話 THE MOVIE 闇の映画祭」より、脚本・出演兼)
  • カタラズのまちで(「フクイ夢アート2012」にて制作。監督・脚本。2013年公開、各映画祭出品)
2013年ショートショートフィルムフェスティバルジャパン部門ノミネート作品。
  • 怯える女(2014年7月下北沢トリウッドにて短編オムニバス「かくて女神は笑いき」の一作として公開、出演:黒沢あすか他)
第5回沖縄国際映画祭クリエイターズ・ファクトリー部門ノミネート作品。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]