伊勢谷友介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いせや ゆうすけ
伊勢谷 友介
本名 伊勢谷 友介[1] 
生年月日 1976年5月29日(38歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
国籍 日本の旗 日本
身長 180 cm
血液型 A型
職業 俳優映画監督美術家実業家
ジャンル 映画CM
活動期間 1998年-
活動内容 1998年:スクリーンデビュー
事務所 リバースプロジェクト
主な作品
映画
金髪の草原』『赤い月
CASSHERN』『雪に願うこと
笑う大天使』『嫌われ松子の一生
ハチミツとクローバー』『出口のない海
図鑑に載ってない虫』『クローズド・ノート
ブラインドネス』『あしたのジョー

テレビドラマ
白洲次郎』『龍馬伝

備考
リバースプロジェクト代表

伊勢谷 友介(いせや ゆうすけ、1976年5月29日 - )は、日本俳優映画監督美術家実業家である。リバースプロジェクト所属・同代表。

人物[編集]

東京都世田谷区出身。日本大学豊山高等学校を経て、東京藝術大学美術学部デザイン科卒業後、同大学院美術研究科修士課程修了。身長180cm。

初めファッションモデルとしてデビューし、その後は主に俳優として活動している。また伊勢谷は、12歳から英語教室に通っていたほか、大学4年生時にはニューヨーク大学に短期留学して映像を学んだこともあり、英語での演技も評価されている。

2012年(平成24年)1月現在、『白洲次郎』と『龍馬伝』(ともにNHK)を除く連続テレビドラマには出演しておらず、この理由として、『(連続ドラマは)監督が一人ではない場合が多いため演出の統一性がなく、また、視聴率に左右されて脚本が変わることが(映像に関わる人間として)飲み込めない』と語っている。

経歴[編集]

幼少期を北海道・函館(五稜郭町)で過ごした。父親は洋服の仕立て屋(テーラー)で、異母兄にはデザイナー・山本寛斎がいる。父親とはほとんど面識がなく離れて暮らしていた[2]母子家庭で育ったが、母親は大変教育熱心で、「私はあなた達には学歴しか残す事ができない」と言われたという。妹がおり、妹も海外の大学に留学した。

子供の頃から絵を書くことが得意で、東京藝術大学に現役合格して進学。デザイナーである石岡瑛子や義兄・山本の影響もあり、当初はファッションデザインの道に進もうと考えたが、同校では映像について学んだ。また学生時代については、3・4浪が当たり前の芸大出身ということもあり、同学年は年上の人間ばかりだったと述懐している。

運動神経は抜群。学生時代は水泳のインストラクターをしており、子どもたちにかなり懐かれていた[3]

大学在学中の1996年平成8年)、モデルとしての活動を開始。以後、CM・雑誌、ファッションショーなどに出演、ファッションブランド 「プラダ」のミラノコレクションにも参加した。また同年、『天使の涙』のプロモーション番組 『地球に落ちてきた天使』に、金城武と監督のウォン・カーウァイとともに出演した。

1997年(平成9年)、東京藝術大学のメンバー3人で結成したアーティストグループ、『カクト』の活動を開始した。さらに1998年(平成10年)、『ワンダフルライフ』(公開は1999年(平成11年)で映画初出演している。2002年(平成14年)には、初監督作品『カクト』が劇場公開された。

1999年、広末涼子との交際が報道された。この報道で伊勢谷に一躍注目が集まった[4]

2008年(平成20年)より、「リバース・プロジェクト(Rebirth Project)」の活動を開始。2009年(平成21年)、NHKのスペシャルドラマ『白洲次郎』の三部作に、テレビドラマ初出演した。翌2010年(平成22年)には、NHK大河ドラマ龍馬伝』の高杉晋作役に抜擢され、第三部より出演。この年の第61回NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれている。翌年2月に公開予定の映画『あしたのジョー』の力石徹の役作りのために、3か月以上にもおよぶ過酷なトレーニングを行い、体重を67kgから57kg・体脂肪率を15%から3〜4%へ減量して撮影に臨んだ。

2011年の東北地方太平洋沖地震東日本大震災)に際しては自ら「元気玉プロジェクト」と題する復興支援を積極的に行い、その一環として福島第一原子力発電所事故でできなかった福島県相馬郡飯舘村の子供たちの卒園式・卒業式の開催を企画・実施するなどしている[5]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ミュージックフィルム[編集]

CM[編集]

ラジオ[編集]


監督・脚本[編集]

映画[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Twitterの自己紹介文では「伊㔟谷友介」と表記。
  2. ^ 「モデル・リアルファイル 66」(1999年2月発売、集英社、ISBN 9784081020324)内インタビューより
  3. ^ 男の履歴書DX 「伊勢谷友介」 |インライフ より
  4. ^ フライデー1999年3月19日号
  5. ^ 伊勢谷友介、原発事故でできなかった卒業式を飯舘村の子どもたちにプレゼント!トナカイ姿で登場しゲストには岡本真夜も シネマトゥデイ 2011年12月25日閲覧
  6. ^ オリコン (2014年6月11日). “2015年大河『花燃ゆ』、吉田松陰役に伊勢谷友介 高良・東出が初出演”. 2014年6月11日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]