室田日出男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
むろた ひでお
室田 日出男
本名 同じ
別名 室田 日出夫
生年月日 1937年10月7日
没年月日 2002年6月15日(満64歳没)
出生地 北海道小樽市
国籍 日本
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1960年代 - 2002年
主な作品
映画
魔界転生』/『死んでもいい』
修羅の伝説

室田 日出男 (むろた ひでお、1937年10月7日 - 2002年6月15日) は、日本俳優。本名は同じ。北海道小樽市出身。北海道札幌東高等学校卒業。別名は室田 日出夫

来歴・人物[編集]

東映ニューフェイス第4期で入社。同期には佐久間良子水木襄曽根晴美花園ひろみ山口洋子山城新伍などがおり、東映製作の映画テレビドラマを中心に出演してきた。テレビドラマ『キイハンター』には26回ゲスト出演し、ヤクザ映画仁義なき戦いシリーズ』では敵役に扮した。

この間、1961年千葉真一深作欣二が初主演監督映画『風来坊探偵 赤い谷の惨劇』では、クランクインの前夜に酔って暴れ、ホテルのガラスを叩き割った[1]。深作は室田を降板させ、3年間出入り禁止を通告する[1]。このほかにも組合活動参加で専属俳優から契約俳優への格下げや、撮影現場でのケンカに1977年には覚醒剤不法所持などで芸能活動を謹慎することとなった。

1975年には岩尾正隆川谷拓三志賀勝らと共にピラニア軍団を結成し、室田はリーダー的存在だった。同年のテレビドラマ『前略おふくろ様』では半妻役に抜擢。上記の謹慎の後、1978年に復帰出演した日活ロマンポルノ『人妻集団暴行致死事件』では高い評価を受け、1980年の映画『影武者』、『野獣死すべし』などにも出演した。

1981年の映画『魔界転生』では宝蔵院胤瞬に抜擢され、1992年ブルーリボン賞では『死んでもいい』、『修羅の伝説』で助演男優賞を受賞した。

2002年6月15日肺癌のため逝去。64歳没。葬儀・通夜では深作欣二が万感の思いで弔辞を読み上げ[1]、山城新伍は「彼は僕らと違ってバラエティには出ないから、本当に役者だね」と追悼。酒好きで、共演した陣内孝則からも慕われていた。なお、戒名は無し。

出演[編集]

映画[編集]

日本での公開年月日順

  • 二発目は地獄行きだぜ (1960年、東映) - 鳴風組の子分
  • 太平洋のGメン (1962年、東映) - 小森
  • 柔道一代 (1963年、東映) - 戸田常次郎
  • 警視庁物語 全国縦断捜査 (1963年、東映) - 宜保
  • 親分を倒せ (1963年、東映) - 海津
  • 暗黒街最大の決闘 (1963年、東映) - 石神
  • 暴力団 (1963年、東映) - 戸張
  • 昭和侠客伝 (1963年、東映) - 隆
  • 東京ギャング対香港ギャング (1964年、東映) - 竜の子分
  • 暗黒街大通り (1964年、東映) - 紅会の子分A
  • 狼と豚と人間 (1964年、東映)
  • 飢餓海峡 (1965年、東映) - 記者A
  • ひも (1965年、東映)
  • 続 網走番外地 (1965年、東映) - 張本
  • 無宿者仁義 (1965年、東映) - 徐
  • 昭和残侠伝 (1965年、東映) - 日の出の辰
  • カミカゼ野郎 真昼の決斗 (1966年、にんじんプロダクション / 国光影業) - 刑事A
  • 海底大戦争 (1966年、東映 / ラム・フィルム) - 海軍基地技官A
  • 脅迫(おどし) (1966年、東映)
  • 北海の暴れ竜 (1966年、東映)
  • 組織暴力 (1967年、東映) - 堀池刑事
  • 解散式 (1967年、東映) - 中西
  • 陸軍諜報33 (1968年、東映) - 奥大尉
  • 怪談 蛇女 (1968年、東映) - 才次
  • 恐喝こそわが人生 (1968年、松竹
  • 不良番長 (1968年、東映) - 染谷
  • ねじ式映画 私は女優 (1969年、シネマ・ネサンス)
  • 日本暴力団 組長と刺客 (1969年、東映)
  • 黒薔薇の館 (1969年、松竹)
  • 血染の代紋 (1970年、東映)
  • 任侠興亡史 組長と代貸 (1970年、東映)
  • 捨て身のならず者 (1970年、東映)
  • 新網走番外地 大森林の決斗 (1970年、東映)
  • 君が若者なら (1970年、松竹)
  • 暴力団再武装 (1971年、東映)
  • やくざ刑事 俺たちに墓はない (1971年、東映)
  • 新網走番外地 嵐を呼ぶ知床岬 (1971年、東映)
  • 不良番長 手八丁口八丁 (1971年、東映)
  • 博徒斬り込み隊 (1971年、東映)
  • 新網走番外地 吹雪の大脱走 (1971年、東映) - 看守部長
  • 博徒外人部隊 (1971年、東映)
  • 狼やくざ 殺しは俺がやる (1971年、東映) - 大沼安男
  • 夜のならず者 (1972年、東映)
  • 現代やくざ 人斬り与太 (1972年、東映) - 宮原
  • 女囚701号/さそり (1972年、東映) - 仲崎
  • やくざと抗争 (1972年、東映)
  • 銀蝶流れ者 牝猫博奕 (1972年、東映) - 田所秀
  • 女囚さそり 第41雑居房 (1972年、東映)
  • 人斬り与太 狂犬三兄弟 (1972年、東映)
  • ポルノの帝王 失神トルコ風呂 (1972年、東映)
  • 仁義なき戦い 広島死闘篇 (1973年、東映) - 中原敬助
  • ボディガード牙 (1973年、東映) - ハイジャックの男
  • 女番長 感化院脱走 (1973年、東映) - 黒田
  • 番格ロック (1973年 東映) - 荒田刑事
  • 仁義なき戦い 代理戦争 (1973年、東映) - 早川英男
  • 海軍横須賀刑務所 (1973年、東映) - 寺坂大尉
  • 実録 私設銀座警察 (1973年、東映)
  • 仁義なき戦い 頂上作戦 (1974年、東映) - 早川英男
  • 非情学園ワル ネリカン同期生(1974年、東映) - 大丸正
  • ジーンズブルース 明日なき無頼派 (1974年、東映) - 早川
  • 暴力街 (1974年、東映) - 望月邦弘
  • 山口組外伝 九州進行作戦 (1974年、東映)
  • 唐獅子警察 (1974年、東映) - 朝倉友幸
  • ルバング島の奇跡 陸軍中野学校 (1974年、東映) - 阪田義正
  • 直撃! 地獄拳 (1974年、東映) - ボス
  • 三代目襲名 (1974年、東映) - 安田正男
  • あゝ決戦航空隊 (1974年、東映) - 猪口力平
  • 実録飛車角 狼どもの仁義 (1974年、東映) - 桐川猪一郎
  • 女必殺拳 危機一発 (1974年、東映) - 大曽根一成 
  • 脱獄広島殺人囚 (1974年、東映) - 金山光一
  • 直撃地獄拳 大逆転 (1974年、東映) - 辰造
  • 新仁義なき戦い (1974年、東映) - 野崎満州男
  • 0課の女 赤い手錠(1974年、東映)
  • あゝ決戦航空隊 (1974年、東映)
  • 従軍慰安婦(1974年、東映)
  • 怪猫トルコ風呂 (1975年、東映) - 鹿内勇三
  • 少林寺拳法 (1975年、東映) - 馬賊の頭目
  • 仁義の墓場 (1975年、東映) - 松岡安夫
  • 若い貴族たち 13階段のマキ (1975年、東映) - 赤江看守
  • 大脱獄 (1975年、東映) - 大地
  • 日本暴力列島 京阪神殺しの軍団 (1975年、東映) - 庄司鶴吉
  • 資金源強奪 (1975年、東映) - 小出熊吉
  • けんか空手 極真拳 (1975年、東映) - 仁科守雄
  • 男組 (1975年、東映) - 白井隆二
  • 好色元禄 (秘) 物語 (1975年、東映) - 出合い茶屋の客
  • 極道社長 (1975年、東映)
  • 県警対組織暴力 (1975年、東映) - 柄原進吾
  • 新仁義なき戦い 組長の首 (1975年、東映) - 赤松猛夫
  • 東京ディープスロート夫人 (1975年、東映)
  • 暴動島根刑務所 (1975年、東映)
  • 実録外伝 大阪電撃作戦 (1976年、東映) - 趙宗泰
  • 暴走パニック 大激突 (1976年、東映) - 勝男
  • 子連れ殺人拳 (1976年、東映) - 西村隆三
  • 殺し屋たちのメロディ (1976年、一発集団)
  • 戦後猟奇犯罪史 (1976年、東映) - 西本明
  • 暴力教室 (1976年、東映) - 坂本昭三郎
  • トラック野郎 望郷一番星 (1976年、東映) - 台貫場の警官
  • 沖縄やくざ戦争 (1976年、東映) - 具志川照邦
  • 夜明けの旗 松本治一郎伝 (1976年、東映) - 内海大尉
  • やくざの墓場 くちなしの花 (1976年、東映)
  • 河内のオッサンの唄 (1976年、東映)
  • 広島仁義 人質奪回作戦 (1976年、東映) - 沖本常幸
  • 河内のオッサンの唄 よう来たのワレ (1976年、東映)
  • 狂った野獣 (1976年、東映)
  • ピラニア軍団 ダボシャツの天 (1977年、東映) - 岡田半次
  • 若い人(1977年、東宝 / サンミュージック) - 江口健吉
  • 空手バカ一代 (1977年、東映) - グレート山下
  • 犬神の悪霊 (1977年、東映) - 垂水隆作
  • ドーベルマン刑事 (1977年、東映) - 高松次郎
  • らしゃめん (1977年、東映) - 山県有朋
  • 人間の証明 (1977年、角川映画 / 東映) - 横川の警官
  • 柳生一族の陰謀 (1978年、東映) - 根来左源太
  • 人妻集団暴行致死事件 (1978年、にっかつ
  • 男はつらいよ 噂の寅次郎 (1978年、松竹) - 添田肇
  • 白昼の死角 (1979年、角川映画 / 東映)
  • さらば映画の友よ インディアンサマー (1979年、キティ・フィルム) - 須賀忠太郎
  • 本日ただいま誕生 (1979年、新世映画新社)
  • 影武者 (1980年、東宝 / 黒澤プロ) - 馬場信春
  • 野獣死すべし (1980年、角川映画 / 東映) - 柏木秀行
  • スローなブギにしてくれ (1981年、角川映画 / 東映)
  • 魔界転生 (1981年、角川映画 / 東映) - 宝蔵院胤瞬
  • 悪霊島 (1981年、角川映画 / 東映) - 磯川警部
  • 駅 STATION (1981年、東宝) - 森岡茂
  • オン・ザ・ロード (1982年、ジョイパックフィルム / ムービー・ブラザーズ) - 高森
  • 九月の冗談クラブバンド (1982年、シネマ・ハウト / ATG / プロ爆) - 羽根
  • 鬼龍院花子の生涯 (1982年、東映)
  • 幻の湖 (1982年、橋本プロ / 東宝) - 矢崎
  • キッドナップ・ブルース (1982年、ATG) - 旅館の酔客
  • この子の七つのお祝いに (1982年、角川映画 / 松竹) - 渋沢刑事
  • 化石の荒野 (1982年、角川映画 / 東映)
  • 人生劇場 (1983年、東映)
  • 戦場のメリークリスマス (1983年、[2]) - ゴンドウ大尉
  • 空海 (1984年、全真言宗青年連盟映画製作本部)
  • 愛情物語 (1984年、角川映画 / 東映)
  • 天国にいちばん近い島 (1984年、角川映画 / 東映) - 西尾久 
  • 友よ、静かに瞑れ (1985年、角川映画 / 東映セントラルフィルム) - 徳田乙松
  • 二代目はクリスチャン (1985年、角川映画 / 東映)
  • 潮騒 (1985年、ホリ企画) - 歌島丸の船長
  • キャバレー (1986年、角川映画 / 東映)
  • 南へ走れ、海の道を! (1986年、東北新社 / 創映新社 / ジャパン・オーディオビュジュアルネットワーク)
  • 時計 Adiue I' Hiver (1986年、フジテレビ
  • マルサの女 (1987年、伊丹プロ / ニュー・センチュリー・プロデューサーズ) - 石井重吉
  • 黒いドレスの女 (1987年、角川映画 / 東宝)
  • 必殺4 恨みはらします (1987年、朝日放送 / 松竹) - 平野弥兵衛
  • あぶない刑事 (1987年、東映) - 鳴海総太郎
  • BU・RA・Iの女 (1988年、にっかつ)
  • 極道渡世の素敵な面々 (1988年、東映)
  • ぼくらの七日間戦争 (1988年、角川映画 / 東宝)
  • 1988.09.17 LEMI レミ (1988年、NVMG)
  • ドグラ・マグラ (1988年、活人堂シネマ) - 若林博士
  • 真夜中の河 (1988年、南雲祐介)
  • 恋子の毎日 (1988年、東映)
  • キスより簡単 (1989年、若松プロ / バンダイ / 鎌倉スパーステーション)
  • せんせい (1989年、トム・ソーヤ企画) - 山本教頭
  • 冬物語 (1988年、東宝 / フィルムフェイス)
  • 監禁・なぶる (1989年、プロダクション鷹 / エクセス
  • ハリマオ (1989年、松竹) - 松浦大佐
  • TSUGARU 津軽 (1989年、五十嵐プロ)
  • 危ない話 ツタンカーメン王の呪い (1989年、CBSソニー
  • CFガール (1989年、エイジェント21 / 東芝映像ソフト / 三井物産) - 大野
  • 嵐の中のイチゴたち (1989年、映像企画)
  • てなもんやコネクション (1990年、レイライン) - 本人もしくは茜
  • 死んでもいい (1992年、アルゴプロジェクト
  • 眠らない街 新宿鮫 (1993年、東映)
  • したくて、したくて、たまらない、女 (1995年、新東宝映画
  • 修羅がゆく2 戦争勃発 (1996年、アルゴ・ピクチャーズ
  • 借王 (1997年、日活
  • ドンを撃った男 (1999年、GAGA
  • 柔らかな頬 (2001年、BS-i
  • 鏡の女たち (2003年、グルーブコーポレーション) - ※遺作

テレビドラマ[編集]

演劇[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 千葉真一、深作欣二の初監督の怒号に驚いた」、『アサ芸+』、徳間書店2012年11月27日2012年12月5日閲覧。
  2. ^ シネベンチャー・プロ / レコーデッド・ピクチャーカンパニー / 大島渚プロダクション / テレビ朝日 / ブロードバンク・インベストメント・リミテッド

外部リンク[編集]