ゼロの焦点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゼロの焦点』(ゼロのしょうてん)は、松本清張の長編推理小説。北陸地方を舞台に、太平洋戦争直後に端を発する時代の傷痕が生んだ連続殺人事件を描く。

『虚線』のタイトルで『太陽』に連載され(1958年1月号 - 2月号、連載時の挿絵は御正伸)[1]、同誌休刊後、『零の焦点』のタイトルで『宝石』に連載(1958年3月号 - 1960年1月号、全19回、連載時の挿絵は土井栄)、1959年12月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。

1961年2009年の2度にわたり映画化、また多数テレビドラマ化されている。

あらすじ[編集]

板根禎子は26歳。広告代理店に勤める鵜原憲一と見合い結婚した。紅葉が盛りを迎えている信州から木曾を巡る新婚旅行を終えた10日後、憲一は、仕事の引継ぎをしてくると言って金沢へ旅立つ。しかし、予定を過ぎても帰京しない憲一。禎子のもとにもたらされたのは、憲一が北陸で行方不明になったという、勤務先からの知らせであった。急遽金沢へ向かう禎子。憲一の後任である本多の協力を得つつ、憲一の行方を追うが、その過程で彼女は、夫の隠された過去を知ることになる。

主な登場人物[編集]

原作における設定を記述。

鵜原禎子
本作品の主人公。旧姓板根。新婚後間もなく夫が失踪し、行方を追う。
鵜原憲一
禎子の夫。広告代理店「A広告社」の北陸地方の出張所元主任。東京本社へ栄転となったので事務引継ぎのために金沢へ出張、そのまま失踪。
本多良雄
憲一の同僚。「A広告社」北陸出張所主任(憲一の後任者)。禎子に協力し、憲一の行方を追う。
鵜原宗太郎
憲一の兄。憲一の失踪後、京都出張のついでに金沢へ立ち寄り、謎の毒死を遂げる。憲一の過去に於ける「影」の部分を或る程度知っていた。
室田儀作
金沢在住の地元名士で「室田耐火煉瓦株式会社」代表取締役社長。
室田佐知子
室田儀作の後妻。才色兼備の賢夫人。儀作と結婚する以前は東京に住んでいた。
田沼久子
「室田耐火煉瓦株式会社」の社員。同社の煉瓦工場に勤めていた工員の未亡人。本社ビルの受付嬢をしている。ひどくくだけたアメリカ英語を話す。
曽根益三郎
「室田耐火煉瓦株式会社」生産部の工員。 田沼久子の内縁の夫。謎の投身自殺を遂げる。

作品の背景[編集]

事件の背景に、日本が敗戦後、米軍の占領下にあった時期に、米兵(小説中では「GI」とも表記)相手に売春行為をしていた女性(小説中では「パンパン」とも表記)らの存在がある。彼女らが自らの忌まわしい過去を隠そうとする必死の感情が、作品中で重要な意味を持ってくる。原作が書かれた当時は現在よりも女性の社会的地位が低く、過去に少しでも汚点があると偏見にさらされて就職に差し障るばかりでなく、婚約を破棄されたり一方的に離婚させられたりしてしまうケースが少なくなかった時代である。

小説の時代設定は終戦から13年後とされている。女性が相手のことをよく知らないまま見合い結婚することは、当時はありふれていた。本作発表当時の恋愛結婚の割合は4割に満たず、見合い結婚との構成比が逆転するのは、1960年代半ばを過ぎてからのことである[2]

エピソード[編集]

刊行までの経緯[編集]

  • 本作品の構想に関しては、当時上石神井に住んでいた著者が、作品執筆の合間に近くの食堂へ出かけた際、立川の米軍基地の売春婦と思しき女性に出会い、彼女たちはその後どうしただろうか?と思いをめぐらしたところから、アイデアを膨らませていったとされている[3]
  • 当時『宝石』の編集長を務めていた江戸川乱歩は、本作の同誌連載に至る経緯を、連載開始された1958年3月号の編集後記で、以下のように記している。「松本清張さんの長篇連載がいよいよ始まる。(中略)松本さんは本誌にはいいかげんなものは書きたくないという気持ちから、なかなか想が纏まらなかった。そこへ『太陽』の休刊で、まだはじまったばかりの長篇が中絶するということを聞いたので、これを本誌に引きつぐようお願いして、成功したのである」。
  • 連載の出足は順調だったものの、回を重ねるに連れて原稿の枚数が減っていった。1958年7月号では休載する事態となったが、代わりに同号では、乱歩と著者の対談「これからの探偵小説」が掲載されている。続く8月号でも本作は休載となり、乱歩は同号の編集後記で「作者も辛いが編集者もつらいのである。今は両者ともただ無言」と記している。1959年1月号は、現地取材の時間がなかったことを理由に、3回目の休載となり、この時は、著者のお詫びの弁と共に「創作ノート」が掲載されている。
  • その後、鮎川哲也の長編作品の連載が、同誌の1959年7月号から始まったが、この作品と本作のプロットが同じになるのではないかと、著者と鮎川の双方が気づいた。本作は1959年8月号で連載を1月分中断、プロットの再構築を経て、1959年12月号の鮎川方の完結から1ヶ月遅れの1960年1月号で、無事完結した[4]
  • 光文社は「カッパ・ノベルス」創刊の作品として本作を予定し、発行日も決められていたが、本作の執筆が予定通り進んでいなかったため、光文社が『宝石』編集部を飛び越え、直接著者に接触し執筆を促す一幕もあった[5]

その他[編集]

  • 本作の取材にあたって、著者は和倉温泉に滞在した。宿泊旅館は「加賀屋」(2014年現在も営業中)。著者と旅館の交流はその後も続き、映画『疑惑』のロケ見学の際にも滞在した[6]
  • 作品中において、主人公が断崖に立つシーンが描かれている[7]。小説では、断崖は志賀町の赤住にあるとされている[8]。しかし実際の赤住は平坦な地形で、海に転落するような断崖は存在しない。この件に関しては、現在「赤住」と同じ志賀町内にあり、実際に断崖のある「赤崎」と、著者が勘違いをしていたとの推測もある[9]。なお、ヤセの断崖に関しては、1961年公開映画を参照。
  • 1978年の時点で、著者は、自作の推理長編で好きな作品の第一に本作を挙げている[10]

関連項目[編集]

その他[編集]

  • 2008年改版以前における新潮文庫版カバー裏表紙記載のあらすじに、物語の過半にいたって明かされる事実が書き込まれている(以降の版では改訂されている)。
  • 作中人物が北陸鉄道各線を利用する場面があるが、作中に描かれるシーンのうち、石川線の一部区間は現在でも営業されているものの、同線の白菊町駅を含む区間や、能美線能登線はすでに廃止され、状況が変化している[11]

映画[編集]

1961年[編集]

ゼロの焦点
Zero Focus
1961年公開映画の舞台の一つとなった、能登金剛・巌門
監督 野村芳太郎
脚本 橋本忍
山田洋次
製作 保住一之助
出演者 久我美子
高千穂ひづる
有馬稲子
音楽 芥川也寸志
撮影 川又昻
編集 浜村義康
配給 松竹
公開 日本の旗 1961年3月19日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1961年3月19日公開。製作は松竹大船、配給は松竹。監督は野村芳太郎能登金剛ヤセの断崖をクライマックスの舞台とし、主人公と犯人が、直接相まみえる場面が設定される[12]などのアレンジが加えられ、松本清張原作映画の中でも著名な作品のひとつとなった。また、本映画では本多は死なず、あまり禎子の力にもなれず引き下がるという影の薄い存在として描かれている。第12回ブルーリボン賞助演女優賞(高千穂ひづる)受賞。英語題名『Zero Focus』。現在はDVD化されている。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 本映画は『張込み』以来の橋本忍と野村芳太郎のコンビによる作品となり、脚本には山田洋次も参加した。山田によれば、本映画のシナリオ作りは難航し、のちに映画『砂の器』のアイデアを生んだ橋本も音をあげたことがあったという。また山田は、当時の北陸地方に関して、「あのころは(現在に比べて)雪は多かったですね。あの作品はぼくも助監督につきましたからよく覚えてますけど、撮影は寒くて」「特に漁村は風をよけるためにずーっと板塀が並んでいて、何ともあれは切ないような、痛々しい風景でした」と回想している[13]
  • この映画のラストにおいて、ヤセの断崖(能登金剛の巌門から北へ約13キロ離れた場所に位置)を舞台に選んだ野村芳太郎は、当時を以下のように回想している。「シナリオの書かれている間、私は独りで冬の能登半島をロケハンした。(中略)冬の能登半島を、殺人の舞台となる断崖を探して歩き廻った。十二月の能登の天候はまるで気違いの様で、横なぐりの突風や、パチンコ玉の様なアラレが降った。空が暗く、その一部がさけると、一条の光で、暗い海の一部が輝き、波が踊った。この時見た景色が「ゼロの焦点」を映画化する時の私のイメージの原点になった」[14]。なお、ヤセの断崖に関しては、2007年3月の能登半島地震で、断崖の先端が崩落し、現在では状況が変化している[15]
  • 本映画公開後、能登金剛周辺地域で投身自殺が急増し、多い年には18人の自殺者が確認されるにいたった[16]。当時19歳の女性が、「『ゼロの焦点』の舞台となった能登金剛で死ぬ」との遺書を残して自殺した事件を契機に、女性の霊を慰め、更なる自殺者が出ないようにと、能登金剛の巌門には、本作にちなんだ歌碑が立てられた。歌碑には「雲たれて ひとりたけれる 荒波を かなしと思へり 能登の初旅」と、原作者直筆の文字が刻まれている。
  • 主人公と犯人が崖上で相対する演出は、のちに2時間ドラマなどで多用、定番化されたため、現在では、しばしば本映画がこの演出の原型と位置づけられている[17]

2009年[編集]

ゼロの焦点
Zero Focus
監督 犬童一心
脚本 中園健司
犬童一心
製作 服部洋
白石統一郎 ほか
製作総指揮 島本雄二
島谷能成
出演者 広末涼子
中谷美紀
木村多江
音楽 上野耕路
主題歌 中島みゆき愛だけを残せ
撮影 蔦井孝洋
編集 上野聡一
配給 東宝
公開 日本の旗 2009年11月14日
上映時間 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 10.1億円[18]
テンプレートを表示

2009年11月14日公開。配給は東宝。英語題名『Zero Focus』。現在はDVD化・Blu-ray化されている。2011年3月6日に日曜洋画劇場枠で地上波初放送。

キャッチフレーズは、「愛する人のすべてを知っていますか?」

1961年公開の松竹版と比較して、だいぶ原作に忠実な作劇となっている。時代設定も原作どおり1957年から1958年頃[19]である。なお、謎解き場面は断崖上ではなく、禎子が室田夫人を問い詰めるべく金沢行の汽車に乗り、その車内での「想像」として展開される。

スタッフ(2009年)[編集]

キャスト(2009年)[編集]

テレビドラマ[編集]

1961年版[編集]

ゼロの焦点
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:15 - 21:45
放送期間 1961年8月15日 - 11月28日(16回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
原作 松本清張『ゼロの焦点』
出演者 河内桃子
テンプレートを表示

フジテレビ系列で8月15日から11月28日まで16回にわたって放送。

キャスト
スタッフ
フジテレビ 火曜21:15 - 21:45枠
前番組 番組名 次番組
美しい橋
(1961年8月1日)
ゼロの焦点
(1961年8月15日 - 1961年11月28日)

(1961年12月5日 - 1962年1月30日)

1971年版[編集]

ゼロの焦点
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:00 - 21:30
放送期間 1971年3月1日 - 3月19日(15回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
演出 安江泰雅
原作 松本清張『ゼロの焦点』
脚本 石堂淑朗
出演者 十朱幸代
奈良岡朋子

特記事項:
ギャラクシー賞第16回期間選奨
第8回ギャラクシー賞(奈良岡朋子)
日本放送作家協会女性演技賞(十朱幸代)受賞作品
テンプレートを表示

3月1日 - 19日にNHKの『銀河ドラマ』(銀河テレビ小説)枠(21:00-21:30)で15回にわたって放送。ギャラクシー賞第16回期間選奨、第8回ギャラクシー賞(奈良岡朋子)、日本放送作家協会女性演技賞(十朱幸代)受賞。原作に脚色を加え、ドラマの早い段階で犯人を明らかにした上でストーリーを構成している。

キャスト
スタッフ
NHK 銀河ドラマ
前番組 番組名 次番組
風の中の女
(「アンナ・カレーニナ」翻案)
(1971年2月8日 - 26日)
ゼロの焦点
(1971年3月1日 - 19日)
続・針千本
(脚本:平岩弓枝
(1971年3月22日 - 4月2日)

1976年版[編集]

ゼロの焦点
ジャンル テレビドラマ
放送時間 13:30 - 13:55
放送期間 1976年5月31日 - 7月2日(25回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 井上芳夫
原作 松本清張『ゼロの焦点』
脚本 須川栄造
出演者 土田早苗
テンプレートを表示

5月31日 - 7月2日に日本テレビ系列の『愛のサスペンス劇場』枠(13:30-13:55)で25回にわたって放送。

キャスト
スタッフ
日本テレビ系列 愛のサスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
青い幸福
(原作:平岩弓枝
(1976年5月3日 - 28日)
ゼロの焦点
(1976年5月31日 - 7月2日)
妻と番人
(1976年7月5日 - 30日)

1983年版[編集]

松本清張のゼロの焦点
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:02 - 23:23
放送期間 1983年4月16日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 竜至政美
原作 松本清張『ゼロの焦点』
脚本 橋本忍
山田洋次
プロデューサー 堀川とんこう
出演者 星野知子
大谷直子
テンプレートを表示

松本清張のゼロの焦点」。4月16日にTBS系列の『ザ・サスペンス』枠(21:02-23:23)で放送。脚本は1961年公開映画と同じ橋本忍山田洋次。視聴率25.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。DVD化されている。

キャスト
スタッフ
TBS系列 ザ・サスペンス
前番組 番組名 次番組
松本清張のゼロの焦点
(1983年4月16日)
妻は告白する
(1983年4月23日)

1991年版[編集]

松本清張作家活動40年記念スペシャル
ゼロの焦点
ジャンル テレビドラマ
放送時間 21:03 - 23:22
放送期間 1991年7月9日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 小坂敬(日本テレビ)
松本陽一
監督 鷹森立一
原作 松本清張『ゼロの焦点』
脚本 新藤兼人
プロデューサー 嶋村正敏(日本テレビ)
赤志学文(近代映画協会)
坂梨港
出演者 眞野あずさ
増田恵子
エンディング 竹内まりや告白
テンプレートを表示

松本清張作家活動40年記念スペシャル・ゼロの焦点」。7月9日に日本テレビ系列の『火曜サスペンス劇場』枠(21:03-23:22)で放送。視聴率20.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。脚本の新藤兼人は原作者の指名を受けたもの。犯人が海上に小舟を漕ぎ出すシーンの撮影に関して、新藤は難色を示したが、原作者の希望により脚本に導入され、撮影が行われた[20]。尚、本作品は収録時季が初夏であった為、原作小説特有の重苦しい空気感や北陸地方の寒々しい陰鬱な冬の風景などは全く見られず、いささか趣を異にする。フイルム撮影作品。

キャスト
スタッフ
日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
松本清張作家活動40年記念スペシャル
ゼロの焦点
(1991年7月9日)
監察医・室生亜季子10
(1991年7月16日)

1994年版[編集]

ゼロの焦点
ジャンル テレビドラマ
放送時間 不明
放送期間 1994年6月1日 - 6月4日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK名古屋
演出 伊豫田静弘
銭谷雅義
原作 松本清張『ゼロの焦点』
脚本 清水邦夫
出演者 斉藤由貴
萩尾みどり
テンプレートを表示

NHK-BS2で6月1日から4夜連続で放送。NHK総合テレビでは、1995年2月18日・2月25日に『土曜ドラマ』枠(21:00-22:15)で放送。

キャスト
スタッフ
サブタイトル(NHK-BS2放送時)
各話 放送日 サブタイトル
第1話 1994年6月1日 北の疑惑
第2話 1994年6月2日 遠い葬列
第3話 1994年6月3日 時の断層
第4話 1994年6月4日 海の墓標
  • 土曜ドラマ放送時(全2回)は、第1部「遠い葬列」・第2部「時の断層〜高度経済成長の影に潜む意外な真相〜」として放送。
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
もうひとつの家族
(1995年1月7日 - 14日)
ゼロの焦点
(1995年2月18日 - 25日)
放送記者物語
(1995年3月18日 - 4月1日)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『虚線』第1回の連載では、「清張」の読みは「きよはる」と記されていた。『週刊 松本清張』第3号(2009年、デアゴスティーニ・ジャパン)10頁参照。
  2. ^ 人口問題研究所調査のデータに拠る。『週刊 松本清張』第3号 9頁参照。
  3. ^ 山村正夫『続・推理文壇戦後史』(1978年、双葉社)58頁参照。
  4. ^ この件に関しては、鮎川哲也の該当作品(2002年、創元推理文庫)の巻末に掲載された鮎川による「創作ノート」および有栖川有栖のエッセイ、また鮎川と島田荘司の対談「黄金時代の遺産を継ぐ」(鮎川・島田編集『都市の迷宮 (ミステリーの愉しみ4)』(1992年、立風書房)収録)も併せて参照。
  5. ^ 『週刊 松本清張』第3号 20頁参照。
  6. ^ 林悦子『松本清張映像の世界 霧にかけた夢』(2001年、ワイズ出版)25-26頁参照。
  7. ^ 「海沿いの墓場」「夫の意味」「ゼロの焦点」の節をそれぞれ参照。
  8. ^ 「海沿いの墓場」の節を参照。
  9. ^ 『週刊 松本清張』第3号 15頁参照。
  10. ^ 著者と三好行雄の対談「社会派推理小説への道程」(『国文学 解釈と鑑賞』1978年6月号(至文堂)収録)参照。「代表作はなかなか挙げられないが」「好きなものといえば」と限定を付けての答え。
  11. ^ なお、作中では能登線の「電車」を利用する記述があるが、実際の能登線は一度も電化されることなく営業を終了している。
  12. ^ 小説では全編を通じて、犯人が崖にいる描写はない。
  13. ^ 山田洋次・川本三郎「清張映画の現場」(『松本清張研究』第13号(2012年、北九州市立松本清張記念館)収録)参照。
  14. ^ 野村芳太郎「清張作品と私」(『松本清張全集 第3巻』(1971年、文藝春秋)付属の月報に掲載)参照。
  15. ^ 『週刊 松本清張』第3号 巻末頁参照。
  16. ^ 毎日新聞、2008年12月22日、朝刊。
  17. ^ 「清張映画の現場」における山田・川本の発言など。「サスペンスドラマというとラストシーンは必ず断崖になるけれども、あれがはしりじゃないでしょうか(笑)」。
  18. ^ 2009年度興収10億円以上番組(日本映画製作者連盟 2010年1月発表)
  19. ^ 作中、街角に『地球防衛軍』(1957年公開の東宝映画)の宣伝ポスターが貼り出されている場面が見られる。
  20. ^ 新藤と白井佳夫の対談「新藤兼人、清張文学を語る」(『松本清張研究』第4号(1998年、砂書房)掲載)参照。

外部リンク[編集]