江戸川乱歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
江戸川 乱歩
(えどがわ らんぽ)
Ranpo Edogawa cropped.jpg
江戸川乱歩
誕生 平井 太郎(ひらい たろう)
1894年10月21日
日本の旗 日本三重県名賀郡名張町(現・名張市
死没 1965年7月28日(満70歳没)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学政治経済学部卒業
活動期間 1923年 - 1965年
主題 推理小説
代表作 D坂の殺人事件』(1925年)
陰獣』(1928年)
孤島の鬼』(1930年)
怪人二十面相』(1936年 - 1962年)
幻影城』(1951年、評論)
探偵小説四十年』(1961年、自伝)
処女作 二銭銅貨』(1923年)
子供 平井隆太郎
親族 平井蒼太 (次弟)、松村喜雄(従妹の息子)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

江戸川 乱歩(えどがわ らんぽ、旧字体:江戶川 亂步、男性1894年明治27年)10月21日 - 1965年昭和40年)7月28日)は、大正から昭和期にかけて主に推理小説を得意とした小説家推理作家である。また、戦後は推理小説専門の評論家としても健筆を揮った。実際に探偵として、岩井三郎探偵事務所(ミリオン資料サービス)に勤務していた経歴を持つ。

本名は平井 太郎(ひらい たろう)。筆名は敬愛するアメリカの文豪エドガー・アラン・ポーをもじったものである[1][※ 1]日本推理作家協会初代理事長位階正五位勲等勲三等

経歴[編集]

1894年(明治27年)三重県名賀郡名張町(現・名張市)に名賀郡役所書記の平井繁男・きくの長男として生まれる(本籍地津市)。平井家は武士家柄で、祖先は伊豆伊東(静岡県)の郷士だった。のちに津藩(三重県)の藤堂家に仕え、乱歩の祖父の代まで藤堂家の藩士として勤めつづけた。

2歳の頃父の転勤に伴い鈴鹿郡亀山町(現・亀山市)、翌年名古屋市に移る。(以降、大人になっても点々と引越しを繰り返し、生涯引っ越した数は46件にも及ぶ)小学生のころに母に読みきかされた菊池幽芳訳『秘中の秘』が、探偵小説に接した最初であった。中学では、押川春浪黒岩涙香小説を耽読した。旧制愛知県立第五中学校(現・愛知県立瑞陵高等学校)卒業後早稲田大学政治経済学部に入学した。卒業後、貿易会社社員や古本屋、シナ蕎麦屋など多くの仕事を経る。

1923年大正12年)、森下雨村小酒井不木に激賞され、『新青年』に掲載された「二銭銅貨」でデビュー。初期は欧米の探偵小説に強い影響を受けた本格探偵小説を送り出し、黎明期の日本探偵小説界に大きな足跡を残した。特筆すべきことに、衆道少年愛少女愛、男装・女装、人形愛、草双紙サディズムやグロテスク、残虐趣味などの嗜好の強さがある。これらは岩田準一とともに研究していたという。これらを活かした通俗探偵小説は昭和初期から一般大衆に歓迎された。
乱歩は海外作品に通じ、翻案性の高い作品として『緑衣の鬼』、『三角館の恐怖』、『幽鬼の塔』などを残している。また、少年向けとして、明智小五郎と小林少年や少年探偵団が活躍する『怪人二十面相』などがある。このほか、探偵小説に関する評論(『幻影城』など)を残している。
戦後は主に評論家、プロデューサーとして活動するかたわら、探偵小説誌『宝石』の編集・経営に携わる。また、日本探偵作家クラブの創立と財団法人化に尽力した。同クラブに寄付した私財100万円の使途として江戸川乱歩賞が制定され、同賞は第3回より長編推理小説の公募賞となる。

晩年は高血圧動脈硬化副鼻腔炎(蓄膿症)を患い、さらにパーキンソン病を患ったが[3]、それでも家族に口述筆記させて評論・著作を行った。

1965年(昭和40年)7月28日、くも膜下出血のため死去。享年70。戒名・智勝院幻城乱歩居士。31日、正五位勲三等瑞宝章を追贈さる。8月1日、推理作家協会葬。

作家歴及び業績[編集]

作家として[編集]

創作活動初期は、「D坂の殺人事件」、「心理試験」など、いわゆる本格派と呼称される短編を執筆し、日本人の創作による探偵小説(推理小説の意。1955年(昭和30年)頃まではこの呼称が一般的であった)の基礎を築いた。トリックや題材に欧米の諸作からの影響を感じさせるが、単なる模倣でなく乱歩の独創性が活かされている。
乱歩は探偵小説の本道というべき本格派を志向していたが、それらの作品は大衆からあまり評価されなかった。大衆は幻想・怪奇小説、犯罪小説に分類できる変格ものと称される作品が好んだ。「赤い部屋」「人間椅子」「鏡地獄」などが代表的な変格ものといえる。
1926年(大正15年)12月より1927年(昭和2年)2月までの約3ヶ月間、朝日新聞に『一寸法師』を連載する。病欠の山本有三の代役だった。作品は評判がよく、映画化された。しかし乱歩は小説の出来に満足できず休筆宣言をし、各地を放浪したという(以後、戦前の乱歩は「休筆中に放浪」というパターンが多くなる)。

1928年(昭和3年)8月、14ヶ月の休筆のあと、乱歩は自己の総決算的中篇「陰獣」を発表する。これは変態性欲を題材にした作品で、不健康とみなされた一方、横溝正史(当時の探偵小説の雑誌「新青年」の編集者)により「前代未聞のトリックを用いた探偵小説」と絶賛された。戦前の本格探偵小説の新時代を築いたといえる。「新青年」は「陰獣」を前後2回に渡り掲載したが、雑誌は増刷するほどで、当時の世評の高さがうかがえる。

通俗長編「蜘蛛男」を、かねてより執筆依頼のあった「講談倶楽部」に連載する。この作品は自身の趣向であった「エロ・グロ・猟奇・残虐趣味」を前面に押し出したものだった。作品は大好評で、これを契機として乱歩は続けざまにヒット作を連発させる。単行本は数十版を重ねた。これは探偵小説をポピュラーな地位に押し上げたといえる(通俗長編について乱歩は、黒岩涙香モーリス・ルブランポーなどから着想をえたと言っており、事実、そのような作品が多い)。

乱歩の通俗長編が大衆に歓迎された理由は、作品自体の面白さ以外に、時代的背景が影響していたといえる。金融恐慌の影響で、世間にはいわゆる「エロ・グロ・ナンセンス」といわれる退廃的気風が満ちていたのだ。 これらの通俗長編は、初期作品に比べると破綻があり(乱歩自身認めている)、これがミステリの低俗化を招いたとする批判がある。評論家の権田萬治は、著書「日本探偵作家論」において、乱歩の長編は翻案など一部を除きほとんどがプロットに破綻をきたしていると述べ、作品としての完成度を批判している。一方、乱歩と長年親交のあった評論家中島河太郎は、1974年刊の小学館万有百科事典(ジャンルジャポニカ)において、低俗性を認める一方で、市場拡大の貢献を言及している。
1931年(昭和6年)5月、乱歩初の「江戸川乱歩全集」全13巻が平凡社より刊行開始された。総計約24万部の売り上げを記録し、経営の行き詰まっていた平凡社を建て直すきっかけになったという。

乱歩は執筆に関して、長編小説のプロットをまとめることが苦手だったという。多くの長編連載を場当たりで執筆し、筋の展開に行き詰まってしまうことがあった。ストーリー展開の行き詰まりから休筆を繰り返すこととなった。また、長編を作り上げるにあたり、程度の低いものを書いているという意識に苛まれていた。これも休筆の要因といえる。
とりわけ、探偵小説の本舞台である「新青年」に本格ものを書こうとして行き詰まった経緯がある。「悪霊」は1934年(昭和9年)1月号までに3回中断し、探偵文壇の不評をこうむった。これ以外に、木々高太郎小栗虫太郎らの台頭により、乱歩は自分の時代が過ぎ去ったと感じ始める。

1935年(昭和10年)頃より、乱歩は評論家として広く活躍し始める。評論集「鬼の言葉」は、その最初の成果である。その一方で、1936年(昭和11年)初めての少年ものを執筆する。のちにシリーズ化される「怪人二十面相」を雑誌少年倶楽部に連載したのだ。この作品は少年読者の圧倒的支持を受け、乱歩のもとに多数のファンレターが来たという。以後、乱歩は創作レパートリーに少年ものを定期的に加わえるようになった。

日本が戦争体制を強化していくにしたがい芸術への検閲が強まっていったが、1937年(昭和12年)頃より、その度合いは強くなった。探偵小説は内務省図書検閲室によって検閲され、表現の自由を制限された。一説では、内務省のブラックリストに乱歩の名が載っていたという。1939年(昭和14年)以降は検閲が激化し、無茶な削除訂正が頻発し、「芋虫」が発禁になっている。1941年(昭和16年)に入ってからは原稿依頼が途絶え、旧著がほぼ絶版になった。

太平洋戦争に突入すると、探偵小説は少年ものですら執筆不可能となり、乱歩は小松竜之介の名で子供向きの作品(科学読み物「知恵の一太郎」など)を書くようになった。

太平洋戦争中、抹殺されていた探偵文壇は、戦後、GHQの占領政策のもと急速に復興し始める。乱歩は1949年(昭和24年)1月号より「青銅の魔人」(雑誌「少年」に連載)で少年ものを再開する。また、創作以外に活動の幅を広げ、評論や講演、探偵作家クラブ(後の日本推理作家協会)の結成を行う。特に評論の分野では、1947年(昭和22年)「随筆探偵小説」が上梓された。このほか1951年(昭和26年)に「幻影城」、1954年(昭和29年)に「続・幻影城」、1958年(昭和33年)に「海外探偵小説作家と作品」が上梓される。これらの評論集は、乱歩の優れた批評眼と洞察力がうかがえる探偵小説論・探偵作家論といえる。

一方、乱歩の旧著に関して、大衆は「本格もの」の探偵小説よりも「変格もの」の通俗スリラーを支持した。乱歩の本意である本格ものはあまり反響がなかった。同時期に多数発表された長編探偵小説の中で、戦後継続して再刊されたのは乱歩の作品だけである(空前のリバイバルとなった横溝正史ですら、戦前長編は1,2作を除けば一時的に再刊されただけ)。また、ミステリの枠に留まらず、怪奇・幻想文学において存在意義がある。猟奇・異常性愛を描いた作品は後年の官能小説に多大な影響を残した。

また、戦後に再開した少年探偵団シリーズは子どもたちから絶大な支持を受け、昭和30年代ごろから映像化された。この少年探偵団シリーズは、現在までの累計部数が1,500万部を超えている[要出典]。戦後は雑誌「少年」の発行元だった光文社から「少年探偵江戸川乱歩全集」として全23巻が刊行された。乱歩最晩年の昭和39年頃から光文社は絶版となり、版権はポプラ社へ移動する。ポプラ社では、「少年探偵江戸川乱歩全集」として乱歩が児童向けとして書いた作品を全26巻で刊行し、更に乱歩の大人向けの作品を代作者が児童向けに書き直したものを続けて20巻刊行し合計全46巻の大全集となった。シリーズのほとんどで敵役となっている怪人二十面相は、推理小説に登場する架空キャラクターとしては、シャーロック・ホームズアルセーヌ・ルパン、明智小五郎、金田一耕助らと並んで、広く親しまれている。なお、戦後に発表されたものについては、戦前に大人向けに書かれた推理小説・怪奇小説を子供向けに翻案したものがあり他者によって翻案なされた影響で、明智小五郎など登場人物の性格が、乱歩自身の設定と異なっていることがあった。

プロデューサーとして[編集]

戦後は、新人発掘にも熱心で、筒井康隆大薮春彦など、乱歩に才能を見出された作家は少なくない。「宝石」編集長時代には、多くの一般作家に推理小説発表の場を与えている。代表的な作家に、歌舞伎評論家の戸板康二がいる。また、小林信彦を宝石社にスカウトし、『ヒッチコック・マガジン』の編集長に推薦している。

日本国外の推理作家との交流にも積極的で、エラリー・クイーンと文通してアメリカ探偵作家クラブ (MWA) の会員にもなったほか、フランスのイゴール・B・マスロフスキー、オランダのロバート・ファン・ヒューリックW・G・キエルドルフ (nl) 、ソビエト連邦のロマン・キム (ru) 、韓国の金来成らと文通し、彼らを介して各国の推理小説事情を日本に紹介した。

晩年には、空想科学小説に興味を持ち、筒井康隆、矢野徹等、黎明期の日本のSF関係者に助力を与え、その商業出版に援助を惜しまなかった。1959年のインタビューでは、「推理物は一作目にいいものが多く、クリスティを例外に、一般的に年を取るにつれ筆が鈍る。自分にはすでに創意がない。60歳の誕生日会のとき再び筆を取ると宣言したが、書いてみたら納得がいかなかった。代わりに今後は探偵小説史のようなものをまとめたい」と語ったが、その夢は実現されなかった[4]

生前・没後に各四度[※ 2]も全集・選集が刊行された作家は、日本では分野を問わず他に存在しない。

内外から尊敬を込めて大乱歩とも呼ばれた。山田風太郎は、「『大乱歩』という言葉もある。ほかにも一世を風靡した作家や、大衆から敬意を表された作家や、芸術的にもっと高いものを書いた作家は多いのに、大の字を冠してこれほどおかしくない人も珍らしい」と書いている[5]

栄典[編集]

家族[編集]

1919年鳥羽造船所勤務時代に知り合った村山隆子と結婚。一人息子の平井隆太郎心理学者立教大学教授(のち社会学部長、現在は名誉教授)。「少年探偵」シリーズの著作権継承者でもある。孫の平井憲太郎は鉄道雑誌『とれいん』の元編集長である。

作品一覧[編集]

  • 江戸川乱歩の小説は色々の形で出版され、又全集の類も戦前から何度も刊行されている。現在、小説を児童向けも含めて最も多く収めているのは光文社文庫の「江戸川乱歩全集」(全30巻)である。またこの全集は編集者が入手出来た限りの乱歩生前の各版のバリエーションを比較し主要なものや意味のあるものは校異として巻末に記載されている点でも便利である。

小説[編集]

怪人二十面相/明智小五郎/少年探偵団[編集]

1936年1月から1962年12月にかけて発表された少年向けの小説。少年探偵団怪人二十面相が登場するもの。

随筆・評論[編集]

翻案・リライト[編集]

作品一覧に掲載した作品を含めて、翻案、リライト作品。

派生作品[編集]

映画化[編集]

多数あり。「明智小五郎」も参照のこと。以下はその一部である。

  • 一寸法師(1927年)
  • パレットナイフの殺人 (1946年)
  • 一寸法師(1948年)
  • 氷柱の美女 (1950年)
  • 怪人二十面相(1954年)
  • 青銅の魔人 (1955年)
  • 一寸法師 (江戸川乱歩の一寸法師)(1955年)
  • 少年探偵団/妖怪博士(1956年)
  • 少年探偵団/二十面相の悪魔(1956年)
  • 死の十字路(1956年)
  • 少年探偵団/かぶと虫の妖奇(1957年)
  • 少年探偵団/鉄塔の怪人(1957年)
  • 少年探偵団/二十面相の復讐(1957年)
  • 少年探偵団/夜光の魔人(1957年)
  • 少年探偵団/透明怪人(1958年)
  • 少年探偵団/首なし男(1958年)
  • 少年探偵団/敵は原子潜航艇(1959年)
  • 蜘蛛男(1958年)
  • 黒蜥蜴(1962年)
  • 黒蜥蜴(1968年)
  • 盲獣(1969年)
  • 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間(1969年)
  • 屋根裏の散歩者(1970年)
  • 江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者(1976年)
  • 江戸川乱歩の陰獣(1977年)
  • 押繪と旅する男(1994年)
  • 屋根裏の散歩者(1994年)
  • RAMPO(1994年)
  • 人でなしの恋(1995年)
  • 人間椅子(1997年)
  • D坂の殺人事件(1998年)
  • 双生児 -GEMINI-(1999年)
  • 盲獣vs一寸法師(2001年、公開は2004年)
  • 乱歩地獄(2005年)
  • 人間椅子(2006年)
  • 屋根裏の散歩者(2007年)
  • 陰獣(フランス映画 2009年)
  • 失恋殺人(2010年)
  • キャタピラー(2010年)※乱歩の『芋虫』をモチーフとしているが、製作者側は公式には乱歩原作としていない

漫画化[編集]

乱歩作品の漫画化は、藤子不二雄による子供向けの『少年探偵団』ものが1959年(昭和34年)に発表されている。初の成人向け作品の漫画化としては、昭和45年に少年誌『週刊少年キング』が「江戸川乱歩恐怖シリーズ」と銘打ち、エロ・グロ物を含む乱歩作品を横山光輝桑田次郎古賀新一石川球太の四者に競作させている。

参考文献[編集]

※代表的な書目の一部で、品切・絶版も含んでいる。

  • 入門書・図版本・小著
    • 鈴木貞美編 『江戸川乱歩』 <新潮日本文学アルバム41>新潮社 1993年
    • 太陽編集部編 『江戸川乱歩』 <コロナ・ブックス46>、平凡社 1998年
    • 『江戸川乱歩 誰もが憧れた少年探偵団』<KAWADE夢ムック 文藝別冊> 河出書房新社 2003年
    • 堀江あき子編 『江戸川乱歩と少年探偵団』 <らんぷの本>河出書房新社 2003年
    • 小林信彦 『回想の江戸川乱歩』 メタローグ 1994年/文春文庫光文社文庫で再刊
    • 仁賀克雄監修『江戸川乱歩99の謎-生誕百年・探偵小説の大御所』(『二見wai wai文庫』)二見書房、1994年11月。ISBN 4-576-94168-2
  • 伝記研究
    • 中島河太郎 『江戸川乱歩 評論と研究』 講談社 1980年 - 乱歩研究の代表作
    • 中島河太郎責任編集 平井隆太郎ほか 『江戸川乱歩ワンダーランド』 沖積舎 2003年
    • 平井隆太郎 『うつし世の乱歩 父江戸川乱歩の憶い出』 河出書房新社 2006年
    • 平井隆太郎 『乱歩の軌跡 父の貼雑帖から』 東京創元社 2008年 - 自作の年代記『貼雑年譜』(講談社、新版2004年ほか)を読み込んだ評伝。
    • 新保博久 山前譲編 『江戸川乱歩 日本探偵小説事典』 河出書房新社 1996年
    • 平井隆太郎・新保博久編 『江戸川乱歩アルバム』 河出書房新社 1994年
  • 作品研究
    • 『別冊文藝 江戸川乱歩』 河出書房新社 2003年
    • 『新文芸読本 江戸川乱歩』 河出書房新社 1992年
    • 『江戸川乱歩と大衆の二十世紀』 藤井淑禎編、「国文学解釈と鑑賞」別冊:至文堂 2003年
    • 幻想文学42号 RAMPOMANIA』(幻想文学出版局、1994年)
    • 『江戸川乱歩徹底追跡』(志村有弘編、勉誠出版、2009年)
  • 書誌研究
    • 平井隆太郎監修・中相作編『江戸川乱歩著書目録』【江戸川乱歩リファレンスブック3】、名張市立図書館、2003年3月[1](1は『乱歩文献データブック』、2は『江戸川乱歩執筆年譜』)。
    • 新保博久 山前譲編 『幻影の蔵 江戸川乱歩探偵小説蔵書目録』 東京書籍 CD-ROM1枚付 2002年
    • 平山雄一、新保・山前編 『江戸川乱歩小説キーワード辞典』 東京書籍 CD-ROM1枚付 2007年

乱歩が登場するフィクション[編集]

  • 陰獣:乱歩作。自身をパロディした作家「大江春泥」が登場。春泥の本名「平田一郎」も乱歩の本名「平井太郎」をもじっている。
  • 加納一朗「浅草ロック殺人事件」1985年 - 乱歩をモデルとした探偵作家「香川幻夢」が登場。
  • 映画「まぼろし探偵 地底人襲来」1960年 - 乱歩のパロディである作家「江戸山散歩」がキャラクターとして登場。
  • 映画「シルバー假面」2006年 - 作家になる前の「平井太郎」として登場。
  • 映画「ゴーストライターホテル」2012年 - 著名な作家たちが執筆のために宿泊したというホテル「本天堂」に現れる作家の霊のひとつとして。乱歩役はカンニング竹山
  • 舞台「サンタクロースが歌ってくれた」(演劇集団キャラメルボックス) - 作家になる前の「平井太郎」として劇中映画「ハイカラ探偵物語」に芥川龍之介と共に黒蜥蜴を追い詰める探偵役として登場し、スクリーンから飛び出した黒蜥蜴を追って芥川と共にスクリーンから飛び出す。太郎役は上川隆也岡田達也(2010年10日限定公演のみ)。

その他[編集]

  • 乱歩が住んでいた屋敷は、立教大学と隣接していた。その縁で現在は立教大学によって「旧江戸川乱歩邸」として公開保存されている。
  • 乱歩は、ファンにサインを求められると必ず色紙に「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」あるいは「晝〔ひる〕は夢 夜〔よ〕ぞ現〔うつつ〕」と書き添えた。
  • 昭和55年(1980年)1月になって、大正13年(1924年)9月から東京へ転居する大正15年(1926年)1月まで2階を書斎にしていた、当時「守口町外島694番地」であった大阪府守口市八島町の家が今も残っていることが判明した。この家は一時期一般開放されていたが、平成22年(2010年)に解体された。「江戸川乱歩寓居の跡」と書かれた看板が掲げられていた[※ 4]
  • 乱歩にはお稚児趣味があり、若い歌舞伎役者を可愛がり、ただのファンを超えた関係があった[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2001年に発見された「二銭銅貨」の草稿には、「江戸川藍峯」(えどがわ らんぽう)と署名されていた[2]
  2. ^ 『全集』は刊行順に、生前は平凡社全13巻(戦前)、春陽堂全16巻、光文社全23巻、桃源社全18巻(近年沖積舎で復刻)、没後は講談社で全15巻、増訂版が全25巻、さらに「文庫版全集」が二度、昭和末期に講談社文庫全66巻、平成(21世紀に入り)に光文社文庫全30巻
  3. ^ 途中で話が続けられなくなり中断した。乱歩本人が掲載誌にお詫びとして読者へ謝罪し、中断を発表している。
  4. ^ 「心理試験」や「人間椅子」「屋根裏の散歩者」などの初期の作品を含む21作品がこの家で執筆されており、そのほとんどが大正14年(1925年)に創作された。明智小五郎が初登場する「D坂の殺人事件」もこの家で創作された。また乱歩はこの家に住んでいた当時、床の間の天井板を外して踏み台に載り、首だけを出して屋根裏を覗いてみて、その捨てがたい眺めに陶然とした。その経験を元に「屋根裏の散歩者」が書かれた

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]