陰獣 (2008年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陰獣
Inju : la Bête dans l'ombre
監督 バルベ・シュロデール
脚本 ジャン=アルマン・ブグレル
フレデリック・アンリ
バルベ・シュロデール
原作 江戸川乱歩
製作 サイード・ベン・サイード
ヴェラーヌ・フレディアーニ
フランク・リビエール
製作総指揮 サイード・ベン・サイード
出演者 ブノワ・マジメル
源利華
音楽 ホルヘ・アリアガータ英語版
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
編集 リュック・バルニエフランス語版
製作会社 Cross Media
La Fabrique de films
SBS Films
配給 フランスの旗 UGC Distribution
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 フランスの旗 2008年9月3日
日本の旗 2009年8月22日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
日本の旗 日本
言語 フランス語
日本語
英語
製作費 €12,000,000[1]
テンプレートを表示

陰獣』(いんじゅう、Inju : la Bête dans l'ombre)は、2008年フランスサスペンス映画江戸川乱歩小説陰獣』を原作としている。撮影は金沢東京で行なわれた[2]

ストーリー[編集]

フランスの人気推理小説家アレックスは、敬愛する日本の作家・大江春泥(おおえしゅんでい)の作品を意識した新作のプロモーションのために日本にやってくる。大江に会えることを期待していたアレックスであったが、極端な人間嫌いの大江の顔を見た者は誰もいなかった。

そんなとき、出版社の接待で京都お茶屋を訪れたアレックスは、フランス語を流暢に話す芸妓・玉緒と出会う。

キャスト[編集]

原作との違い[編集]

舞台は原作通りに日本のままだが、主人公の「わたし」がフランスの推理小説家アレックスになっている他、ヒロイン・静子が京都の芸妓・玉緒、小山田がヒロインの夫ではなく、愛人の茂木に変更されている。

脚注[編集]

  1. ^ Inju, la bête dans l'ombre - film 2007” (フランス語). AlloCiné. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ Inju, la bête dans l'ombre - Filming locations” (英語). IMDb. 2013年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]