フォルチュネ・デュ・ボアゴベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォルチュネ・デュ・ボアゴベイ

フォルチュネ・デュ・ボアゴベイ(Fortuné du Boisgobey, 1821年9月11日 - 1891年2月26日)は、フランスの大衆小説家である。

生い立ち[編集]

1821年、フランスのグランビルで生まれる。1868年から執筆活動を開始。探偵小説歴史小説を次々と発表し、大衆小説家の地位を築いた。

主な作品[編集]

  • Le Forçat Colonel (E. Lachaud éd. 1871)
  • Les Gredins, Paris, Dentu, 1872-1873
  • Le camélia rouge (1-Le Chevalier Casse-Cou) Dentu 1873
  • Une Affaire mystérieuse, Paris, E. Dentu, 1878
  • Les Deux Merles de M. de Saint-Mars, Paris, E. Dentu, 1878
  • L'Épingle rose, Paris, E. Dentu, 1879
  • L'Héritage, Paris, E. Plon et cie, 1880
  • La Main coupée, Paris, E. Plon, 1880
    • 「片手美人」(黒岩涙香翻案)
  • L'Affaire Matatapan 1881
    • 「マタバンの黄金」(春陽堂、1929、田中早苗抄訳)
    • 「海底の黄金」(博文館、1929、妹尾アキ夫抄訳(重訳?))
  • La Bande rouge 1886
    • 「唖娘」(水田南陽(翻案?))
  • Cornaline la dompteuse, Paris, Plon, 1887
  • Decapitee 1888
    • 「生首美人」(水谷準)
  • Le plongeur : scènes de la vie sportive, Paris, Plon, 1889
    • 「海底の重罪」(黒岩涙香翻案)
  • Double-blanc, tome premier, Paris, E. Plon, Nourrit, 1889
  • La Main froide, Paris, Ernest Kolb 1889 - Alteredit 2007
  • Un Cadet de Normandie au xviie siècle, Paris, C. Delagrave, 1891
  • La vieillesse de Monsieur Lecoq 1878
    • 「死美人」(黒岩涙香翻案)

逸話[編集]

黒岩涙香翻案「鉄仮面」の原作となった「Deux Merles de M. de Saint-Mars」(「サン・マールの二羽のつぐみ」)の原書は入手困難であることが知られている。黒岩涙香は英訳本から翻案しており結末が原作と異なっている。訳題が『鉄仮面』のため原書の題名が昭和30年代までわからなかった。たまたま、『鉄仮面』に関するフランス書を入手した松村善雄が『鉄仮面』伝説の小説リストの中にあったボアゴベイの著書の題名の「サン・マール」から『鉄仮面』に思い当たり原題が判明した。昭和初期の円本に翻訳を依頼された大佛次郎はボアゴベイの「鉄仮面」を希望したが原書が見つからず、刊行期日が迫り遂にデュマ父の「鉄仮面(ダルタニャン物語第3部「ブラジュロンヌ子爵」)」を訳したという。長島良三は、原書の入手を試みたが入手できず遂にパリの国立図書館(ビブリオテーク・ナショナル)に原書が保存されていること知りその複写を取り寄せて翻訳した。

外部リンク[編集]