西池袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 豊島区 > 西池袋

西池袋(にしいけぶくろ)は東京都豊島区町名。現行行政地名は西池袋一丁目から西池袋五丁目。2008年12月1日現在の住民基本台帳による人口は13,733人。郵便番号は171-0021。

地理[編集]

池袋駅西口から要町通り西南側、山手通り東南側で西武池袋線線路北側に囲まれた地域であり、北側に池袋、東側に東池袋南池袋、南側に目白南長崎、西側に長崎千早要町にそれぞれ接している。池袋駅東口に劣らず大衆的な商業施設、飲食・歓楽店街、東京芸術劇場立教大学をはじめとした教育文化施設、池袋警察署・池袋消防署・豊島税務署等の官公署が集合している。

西池袋から池袋駅の東西を結ぶ道路として、駅南側に南池袋に抜ける自動車通行可能な通称びっくりガードが、駅北側に東池袋に抜ける歩行者専用通路である雑司が谷隧道(通称:WE ROAD、ウイ・ロード)がある(雑司が谷隧道は自転車を降車して手で押していけば通行可能)。

歴史[編集]

元々、中小規模の商店飲食店の多い商店街が広がっていたが、戦後、旧豊島師範学校跡に西口マーケットと呼ばれた闇市が形成され長らく残ったため、東口に比べて開発が遅れた。闇市の撤去後も開発はなかなか進まなかったが、国鉄職員住宅団地跡にホテルメトロポリタンが建設されたのを皮切りに、旧豊島師範学校跡に東京芸術劇場が、芝浦工大高校跡にメトロポリタンプラザが建設されるなど、ここに来て町並みは一変している。

交通[編集]

鉄道[編集]

  • 要町駅(東京地下鉄)- 敷地東側の一部が西池袋にあたる。
    • 有楽町線
    • 副都心線

バス[編集]

路線バス[編集]

  • 池袋駅西口停留所、国際興業総合案内所停留所、池袋二丁目停留所、要町駅停留所(国際興業バス
  • 池袋車庫停留所(国際興業バス)
    • 池11系統 - 池袋駅西口行、中野駅北口行(国際興業バス、関東バス)
    • 池80系統 - 池袋駅西口行
    • 池82系統 - 熊野町循環経由池袋駅西口行
    • 池83系統 - 要町循環池袋駅西口行
    • 池84系統 - 中丸町循環池袋駅西口行
    • 池85系統 - 日大病院行
  • 椎名町駅北口停留所(国際興業バス、関東バス)
    • 池11系統 - 池袋駅西口行、中野駅北口行

深夜急行バス[編集]

  • 池袋駅西口停留所(国際興業バス)
    • ミッドナイトアロー成増・朝霞台 - 朝霞台駅
    • ミッドナイトアロー朝霞台・新座 - 新座駅南口行
    • ミッドナイトアロー光が丘・和光市 - 和光市駅南口
    • ミッドナイトアロー高島平・中浦和 - 中浦和駅
    • ミッドナイトアロー浦和・大宮 - 大宮駅東口行
    • ミッドナイトアロー南浦和・東浦和 - 東浦和駅
  • 池袋駅西口停留所(東武バス
    • ミッドナイトアロー川越 - 神明町車庫行
    • ミッドナイトアロー和光・志木 - 新座車庫

長距離・高速バス[編集]

道路[編集]

施設[編集]

東武百貨店本店(サンシャイン60展望台からの全景)

西池袋一丁目[編集]

西池袋二丁目[編集]

西池袋三丁目[編集]

西池袋四丁目[編集]

西池袋五丁目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 元々ビックカメラは池袋北口店(西池袋)が東京の第一号店として進出して来たが現在は本店は東池袋へ、池袋北口店は池袋西口店へ移転している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]