西武池袋線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SeibuRailway mark.svg 池袋線
池袋線を走行する6000系0番台(ひばりヶ丘駅)
池袋線を走行する6000系0番台(ひばりヶ丘駅
路線総延長 57.8 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V(直流
最高速度 105 km/h
停車場・施設・接続路線

特記のない路線は西武鉄道
地下鉄:東京地下鉄
池袋以遠の地下鉄乗り入れ先は当図の後の図参照

1 2 3
1: 地下鉄丸ノ内線
tSTRlg tSTR tSTR
2: 地下鉄有楽町線
tSTRrg tKRZt tSTRq tKRZt tSTRrf
3: 地下鉄副都心線
tSTR
tKRZ STRlg
0.0 SI01 池袋駅
tKRZ STRq
tKRZ KRZo
JR東埼京線湘南新宿ライン
tKRZ KRZo
JR東山手線
STR
東武東上本線
STR3
tSTR tSTR+1
STRc4
tSTR tLSTR eBHF
0.9 上り屋敷駅 [* 1]
tSTR tLSTR BHF
1.9 SI02 椎名町駅
tSTR tLSTR BHF
3.1 SI03 東長崎駅
tSTR2
eDST
3.8 西武市場駅 -1963
tSTRc1 tABZg+4 BHF
4.3 SI04 江古田駅
tHST STR
小竹向原駅
tSTRq tABZrf STR
地下鉄有楽町線・副都心線
STR
西武有楽町線
tHST STR
新桜台駅
tSTR2
5.2 SI05 桜台駅
tSTRc1 ABZg+t4e tSTRrg
都営大江戸線
6.0 SI06 練馬駅
KRW+l KRWgr tSTR
豊島線
tSTRrg KRZt KRZt tSTRrf
tHST KHSTe STR
豊島園駅
tSTRrf BHF
7.5 SI07 中村橋駅
BHF
8.3 SI08 富士見台駅
BHF
9.5 SI09 練馬高野台駅
BHF
10.6 SI10 石神井公園駅
BHF
12.5 SI11 大泉学園駅
BHF
14.1 SI12 保谷駅
KRW+l KRWgr
保谷電留線
KDSTe STR
(旧)保谷車両管理所
BHF
16.4 SI13 ひばりヶ丘駅
BHF
17.8 SI14 東久留米駅
WBRÜCKE
野火止用水
BHF
19.6 SI15 清瀬駅
21.8 SI16 秋津駅
kKRZo+l kABZq+l
新秋津駅
kABZg+l
JR東武蔵野線
eBHF
24.3 東所沢駅 [* 2]
STRq ABZlg
新宿線
BHF
24.8 SI17 所沢駅
exKDSTl eABZrf
所沢車両工場
KRW+l KRWgr
STRlf KRZo STRq
新宿線
BHF
27.2 SI18 西所沢駅
KRWgl KRW+r
狭山線
STR KHSTe
西武球場前駅
BHF
29.4 SI19 小手指駅
KRW+l KRWgr
KDSTe STR
小手指車両基地
BHF
31.6 SI20 狭山ヶ丘駅
BHF
32.9 SI21 武蔵藤沢駅
eDST
35.3 下原駅 -1982
BHF
35.9 SI22 稲荷山公園駅
BHF
36.8 SI23 入間市駅
eDST
37.8 黒須駅 -1953
BHF
39.7 SI24 仏子駅
BHF
41.0 SI25 元加治駅
eDST
43.0 笠縫信号所 -2001
STRrg KRZu STRq
JR東八高線
STR ABZl+l KBHFr
43.7 SI26 飯能駅
44.5 SI27 東飯能駅
STRrf DST
45.0 北飯能信号場
eBHF
45.9 天覧山駅 -1954
DST
46.5 武蔵丘信号場
KRW+l KRWglr KRW+r
武蔵丘車両検修場
KDSTe STR KDSTe
武蔵丘車両基地
BHF
48.5 SI28 高麗駅
BHF
51.3 SI29 武蔵横手駅
BHF
53.8 SI30 東吾野駅
STR
池袋線
BHF+GRZq
57.8
0.0
SI31 吾野駅
LSTR
西武秩父線
STR KHSTa
三峰口駅
STR HST
影森駅
KRWg+l KRWgr
秩父鉄道秩父本線
KRWgl KRWg+r
御花畑駅
76.8
19.0
SI36 西武秩父駅
STR
秩父鉄道秩父本線
HST
長瀞駅
  1. ^ 1945年休止、1953年廃止
  2. ^ 1945年休止、1954年廃止

地下鉄有楽町線、副都心線乗り入れ先
地上線地下線の別は略

KHSTa
元町・中華街駅
STR
横浜高速鉄道
STR
 みなとみらい線
HST
横浜駅
exSTRc2 eABZg3
東急東横線
eSTR+c4
東横線旧線
exKHSTe HST
渋谷駅
STR
副都心線
KHSTa STRc2 STR3
新木場駅
STR3+1 STRc4
有楽町線
STR+1 STR+4
BHF BHF KBHFa
池袋駅
STR
STR
有楽町線
STR+c3 STR
副都心線
STRc1 ABZg+4 STR
HST STR
小竹向原駅
STR+c3
西武有楽町線
STRc1 ABZg+4
BHF
練馬駅

池袋線(いけぶくろせん)は、東京都豊島区池袋駅埼玉県飯能市吾野駅を結ぶ西武鉄道鉄道路線である。

概要[編集]

新宿線と共に西武鉄道の主要幹線であると同時に東京圏の主要通勤路線である。吾野駅で西武秩父線と接続し、特急・快速急行・急行と飯能駅 - 西武秩父駅方面間の普通列車が直通運転している。歴史的経緯から西武鉄道の鉄道路線は池袋線系統、新宿線系統とその他の路線に大別でき、狭山線豊島線西武有楽町線の支線と西武秩父線を併せて「池袋線」と呼ぶことがある[1]

西武有楽町線を経由して東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線副都心線との相互直通運転や、西武秩父線経由で秩父鉄道秩父本線への直通運転も行っている。

椎名町 - 池袋間の1時間あたりの混雑率平均は2007年度で158%[2]である。同区間は1980年代には日本屈指の混雑路線だった[3]

路線データ[編集]

  • 路線距離(営業キロ):57.8km
  • 軌間:1,067mm(狭軌)
  • 駅数:31駅(起終点駅含む)
  • 電化区間:全線(直流1,500V 架空電車線方式
  • 複線区間:
    • 複々線:練馬 - 石神井公園間 (4.6km)
    • 複線:池袋 - 練馬間 (6.0km)、石神井公園 - 飯能間 (33.1km)、北飯能信号場 - 武蔵丘信号場間(1.5km)
    • 単線:飯能 - 北飯能信号場間 (1.3km)、武蔵丘信号場 - 吾野間 (11.3km)
  • 高架区間:桜台 - 石神井公園間 (5.4km)
  • 最高速度:105km/h(ATS照査速度の上限は115km/h)

沿線風景[編集]

池袋 - 練馬[編集]

この区間は複線で、池袋から江古田までは地上を走っており、カーブが続く。線路の両側はずっと住宅地である。

池袋駅は頭端式ホーム4面4線を有するターミナル駅。池袋駅の南側では、JR線を跨ぎながら急カーブで西向きに方向を変え、山手通りをくぐって椎名町駅に至る。

東長崎駅は島式ホーム2面4線で、この区間での普通列車の待避駅となっている。

江古田駅の西側で環七通りをくぐり、高架に移行して桜台駅に至る。

西武有楽町線がトンネルから出た直後、練馬駅に到着する。練馬駅は2面6線構造となっており、外側ホームに地下鉄との直通列車が発着、内側ホームは池袋線の列車が発着する。最も外側の線路は通過線で、ホームは設置されていない。

練馬 - 石神井公園[編集]

練馬駅から石神井公園駅までは高架複々線となる。内側の線路は普通列車用で、途中駅には島式ホームが設けられている。外側の線路は優等列車用で、途中駅にホームは設けられていない。

練馬を出た後は、練馬区役所が見えてくる。途中で豊島線が高架下へ分岐する。目白通りを跨いだ先には中村橋駅が見える。なお、目白通りの架道橋は高架複々線化前は線路が下、道路が上を走っていたが、工事完成後は線路が上、道路が下を走る、いわゆる「逆立体化工事」が行われた。

中村橋駅を出ると、途中で練馬区立美術館練馬第三小学校が見えており、そのすぐそばには富士見台駅が見える。この区間は駅間距離が近く、互いに隣同士の駅が見えるほどである。

富士見台駅を出ると、途中で環八通りを跨いで石神井東小学校を通過し、石神井川を越えると練馬高野台駅に着く。

練馬高野台駅を出ると笹目通りと交差し、石神井公園駅に到着する。

石神井公園 - ひばりヶ丘[編集]

石神井公園駅から大泉学園駅付近までは2014年度までの予定で高架化工事中である。ときおり畑が混じる住宅街を抜けて大泉高校付近で右へカーブししばらくすると大泉学園駅に到着する。同駅は後述の狭山ヶ丘駅と同様に、池袋線の中でも特にホームがカーブしている駅である。

大泉学園駅を出てゆめりあの間を抜けてもまだしばらくカーブが続き、直線になると東京都道233号東大泉田無線(保谷街道)とほぼ平行して走る。保谷街道の踏切を越えると保谷駅に到着する。

保谷駅を出ると右手に保谷電留線が見える。保谷駅 - ひばりヶ丘駅間の保谷高校付近に大きなカーブがある。カーブが終わり直線になり、東京都道36号保谷志木線の踏切を過ぎると、ひばりヶ丘駅が見えてくる。

ひばりヶ丘 - 所沢[編集]

ひばりヶ丘駅を出ると右にカーブし、落合川を渡る。次の東久留米駅まで住宅街がほとんどで、この区間は緩やかな下り勾配になっている。

東久留米駅を出ると、黒目川の橋を渡り、林や畑や住宅などの間を通り、埼玉県新座市に入り野火止用水を渡る。保守用の引き込み線が見えるとカーブし、新小金井街道を渡り、変則な2面4線構造の清瀬駅に到着する。黒目川の河岸段丘をこえるため、東久留米駅から野火止用水まで直線で上り勾配になっている。

次の秋津駅までの間は直線が続き、沿線は住宅街や畑がほとんどである。空堀川を越えしばらくすると秋津駅に到着する。

秋津駅を出るとすぐに武蔵野線と交差し、マンションが見えてくるとカーブする。そして、柳瀬川を越えると新秋津駅付近からのJR連絡線と併走状態になり、所沢駅まで3線区間になる。カーブを抜けた後は広い丘やゴミ焼却場の煙突が見え住宅街を走る。大きな団地群が見え、所沢陸橋をくぐるとかなり大きな左カーブを曲がる。曲がるとすぐに右側に新宿線の線路が見え、所沢駅に到着する。

所沢 - 小手指[編集]

所沢駅を出ると緩い坂を上り、右へ大きく曲がり、すぐに新宿線を跨いで、急カーブが続く。ちなみにこのあたりのカントは結構きつい。カーブが終わると次の西所沢駅までは直線が続く。この辺りは住宅街である。埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線の踏切(所沢10号踏切)を過ぎてすぐ、西所沢駅に到着する。

西所沢駅は狭山線の分岐駅で、駅東側の踏切の手前から分岐が始まっていて、複雑な分岐器が連続し、埼玉県道55号所沢武蔵村山立川線の踏切には4本の線路が交差している。同線のホームは曲がっており、すぐに南方に分岐する。

同駅を出るとガードがあり国道463号と立体交差し、非常に緩いS字カーブを走る。さらに東川を越えるとこの付近には六所神社や住宅街、畑が広がる。S字カーブが終わると上新井の大踏切(西所沢6号踏切)から小手指駅までは直線である。近年線路下に新所沢駅から国道463号所沢入間バイパス(小手指バイパス)につながる新所沢駅前通り線が立体交差で開通した(上新井跨道橋)。

小手指 - 入間市[編集]

小手指駅を出た列車は、右側に小手指車両基地を眺めながら進む。ここまで来ると車窓には武蔵野の面影残す雑木林や畑が住宅に混ざって見えてくる。また、天気のいい時には富士山が望めることがある。

貨物輸送時代の側線を残す狭山ヶ丘駅構内でカーブして進路を北に変える。この側線は、深夜に車両を留置するのにも使用されている。

ほどなく対向式ホームの武蔵藤沢駅が見えてくる。武蔵藤沢駅構内は、通常のバラスト軌道ではなく、コンクリートの軌道で敷設されている。駅舎改良工事と共に、駅前は再開発された。

武蔵藤沢駅を出発し国道463号(行政道路)の下をくぐり過ぎると、ひたすら航空自衛隊入間基地(とその跡地)の中を通り抜ける。車窓東側には、自衛隊の航空機を多数眺めることができる。かつてはここに、自衛隊への物資輸送のための、下原駅という貨物駅が設置されていた。

稲荷山公園駅は狭山ヶ丘駅と同様にホームが大きくカーブしている。

稲荷山公園駅を出発するとほどなく入間市駅に到着する。毎年11月3日の入間航空祭開催時は当駅折り返し列車が運行される。

なお、入間市駅には上下線間の亘り線が存在しないため、折り返し列車は次の仏子駅の中線を利用して折り返している。

また、米軍ジョンソン基地(現入間基地)跡地の影響により、入間市駅を過ぎるまでは市街地を一望できない。

入間市 - 飯能[編集]

入間川橋梁を渡る6000系

入間市駅を出ると列車は築堤の上を走り、国道16号線と霞川を渡る。一瞬ではあるが、入間市市街地が望め、駅前の高層マンションや各種商業施設(コナミスポーツ、まるひろ百貨店、i-potなど)が望める。霞川を渡り終えるとすぐ切り立った崖に沿って、急カーブを描きながら走る。そのため進行方向右側の眺めは大変良く、ほんの一瞬だが、車窓の窓一面を空が占める。

崖を下ると黒須貨物駅の跡を通り抜け、圏央道をくぐり、仏子駅に到着する。この区間は進行方向左側に加治丘陵が見えるため緑に溢れている。また、線路が直線的なため、比較的高速で走る。

待避・折り返し用の中線がある仏子駅を出発すると、築堤を走り、右側に大きな団地を眺めつつ、入間川を渡る。この入間川橋梁は池袋線の橋梁の中で最も長い。入間川を渡る際、進行方向左側には使用されていない旧入間川橋梁が錆びた姿を晒している。また、北側の河原ではかつてアケボノゾウの足跡化石が見つかったことがある。

入間川橋梁を渡りきると2009年8月に再有人化されるまで池袋線唯一の無人駅であった元加治駅に到着する。同駅からはかつて入間川に向かう貨物線が伸びていた。駅前は路線バスなどの発着もないため(駿河台大学へのスクールバスが発着するのみ)、閑散としている。

元加治駅を出ると畑と住宅地の中を走り、やがて八高線と交差し、くぐり抜けると上下線が分かれる。変電所が見えてくるあたりで未成線となった短絡線の建設予定地が分かれていく。この辺りでは、緩いカーブを描きながら、高速で走行する。しばらく行くと、東飯能方面からの単線の線路が合流し、飯能駅に到着する。

飯能 - 吾野[編集]

飯能駅で運転系統は二分されている。飯能駅から吾野駅方面に進行するには方向転換が必要となるため、一部の特急や快速急行など、飯能駅以西への直通列車は、同駅で進行方向を変えて東飯能駅へと向かう。

吾野駅方面へ進路をとると、所沢方面の複線の線路と分岐して単線となり、北向きに急カーブで進路を変え、東飯能駅に入る。ホームの西側には線路一本分の土地があり、飯能短絡線(前述)との合流用とされていた。今後この土地を使う予定は無い。東飯能駅は八高線との乗り換え駅だが、飯能駅より圧倒的に利用者が少ない。その上西武とJRの改札は分離されていて、乗り換えるにはいったん改札を出なければならない。平日の朝夕ラッシュ時には八高線との乗り換え客で賑わうが、土曜・休日・平日早朝にはハイキング客が改札を出入りする光景も見られる。

東飯能駅を出ると線路は再び急カーブとなり、北西に進路を変える。カーブを抜けてすぐのところにある北飯能信号場から再び複線となる。武蔵丘信号場から線路は再び単線となり、武蔵丘車両検修場に分岐する。この区間が複線なのは武蔵丘への回送列車が通るために運転本数が多くなるからである[4]

吾野駅に到着する直前に池袋線では唯一のトンネル・鎌倉坂隧道 (223m) を通る。

なお同区間は発車メロディの設備がないため、車掌乗務列車では車掌の手笛による出発合図が行われる。

運転[編集]

池袋線の運転系統は飯能駅を境に池袋 - 飯能間と西武秩父線を含む飯能 - 西武秩父間とに二分されている。池袋 - 西武秩父間を直通運転するのは平日は特急のみであり、土曜・休日には加えて快速急行と急行が直通運転を実施する。以下では主に池袋 - 飯能間の運転について述べる。飯能 - 吾野間については「西武秩父線」の項も参照のこと。

基本的に優等列車が途中駅から各駅停車となる郊外電車型の停車パターンである。普通列車は日中毎時1本の池袋 - 飯能間の列車以外は、基本的に池袋 - 豊島園(豊島線)・石神井公園・保谷・清瀬・所沢・西武球場前(狭山線)・小手指のいずれかの駅との間の運転であるため、狭山ヶ丘駅以西は急行・快速・準急が普通列車(各駅停車)の役割を果たす。

優等列車であっても、下り列車で以遠各駅停車となる区間では、「各駅停車」として案内されている(後述)。

平日朝ラッシュ時は、優等列車の停車駅を千鳥配置にする千鳥停車を採用することで、各列車の混雑を分散するように配慮されている。そのため、多様な停車パターンの多数の列車種別が運転されている。

飯能駅では西武秩父方面の普通電車と池袋発着の急行(時間帯によっては準急)または副都心線直通の快速急行との相互接続が考慮されている。また練馬駅では原則として同線直通電車と池袋 - 豊島園の普通電車と接続が考慮されている。

また、西武ドームでのイベントなどの開催時には狭山線への臨時列車が多数運転される(新宿線や有楽町線・副都心線からの直通列車もあり)。

他社線との直通運転[編集]

秩父鉄道方面
池袋線から西武秩父線を経由して秩父鉄道秩父本線に乗り入れている。平日は飯能駅発着が1本、休日は朝の池袋駅発の快速急行および夕方の池袋行きの急行が各2本運行される。
西武秩父駅経由で三峰口駅に乗り入れる系統と秩父鉄道線御花畑駅経由で長瀞駅2007年春の改正までは寄居駅まで)に乗り入れる系統があり、いずれも西武鉄道から秩父鉄道への片乗り入れ運転。
地下鉄有楽町線方面
練馬駅から西武有楽町線を経由して東京メトロ有楽町線新木場駅まで相互直通運転を実施している。
日中は池袋線内は保谷駅小手指駅発着で毎時各2本でいずれも各駅停車で運転。西武ドームでのイベント開催時には狭山線西武球場前駅発着の列車も運転される。
飯能駅との列車は平日は朝1本の到着列車、休日は朝1本発着と夕方3本の到着列車のみである。
地下鉄副都心線・東急東横線・みなとみらい線方面
練馬駅から西武有楽町線、東京メトロ副都心線東急東横線を経由して横浜高速鉄道みなとみらい線元町・中華街駅まで相互直通運転を実施している。副都心線に直通する列車はすべて東横線・みなとみらい線まで直通して武蔵小杉、菊名、横浜、元町・中華街発着となり、渋谷など副都心線内発着の列車は設定されない。
池袋線内は小手指および飯能駅発着の快速急行(練馬停車、副都心線内急行、東横線・みなとみらい線内特急)と保谷および石神井公園駅発着の各駅停車(副都心線内各駅停車、東横線・みなとみらい線内各駅停車)が日中毎時1本ずつ運転されている。これにより西武の車両は初めて神奈川県内でも運転されることになった。
西武ドームでのイベント開催時には狭山線西武球場前発着の列車も運転される[5][6]。その際、快速急行小手指行を西武線内は快速急行でなく快速として運転し、ひばりヶ丘で同駅始発の快速急行小手指行に乗り継ぐパターンが組まれ、また、通常ひばりヶ丘で快速急行小手指行を退避する各停小手指行は当駅で抜かれずに清瀬でひばりヶ丘始発の快速急行に抜かれる。これは、西所沢駅に快速急行が停車しないことによるものであり、西武時刻表第25号で該当する列車に注釈がつけられている。
なお東京急行電鉄相模鉄道2019年度の開業を目指し、東横線の日吉駅から綱島駅新横浜駅羽沢駅(仮称)、相鉄線西谷駅までの間に約10キロに及ぶ「相鉄・東急直通線(仮称)」という連絡線を建設し、それを介した東急と相鉄の相互直通運転を計画しているが、詳細は未定である。

運行本数[編集]

2013年3月16日ダイヤ改正時点での日中1時間あたりの運行本数は以下のようになっている。なお、※印を付した吾野 - 西武秩父間は西武秩父線であるが、上述のように、運行系統は飯能 - 吾野間と一体化しているため、まとめて記した。

日中の運行パターン
種別\駅名 池袋 練馬 石神井公園 保谷 所沢 西所沢 小手指 飯能 吾野 西武秩父
運行範囲 特急「ちちぶ」 1本
快速急行 元町・中華街← 1本
元町・中華街← 1本
急行 3本
準急 2本
1本
各停 4本 →豊島園
1本
1本
1本 →西武球場前
1本
元町・中華街← 1本
元町・中華街← 1本
新木場← 2本
新木場← 2本
2本

列車種別[編集]

現在の種別[編集]

特急[編集]

池袋 - 飯能・西武秩父間を運転する有料特急。平日の定期列車で唯一西武秩父線への直通運転を行う種別であり、池袋と西武秩父の間を最短78分で結ぶ。以下の列車が運転される。

  • ちちぶ」:池袋 - 西武秩父間の運転
  • むさし」:池袋 - 飯能間の運転
  • ドーム」:池袋 - 西武球場前間の運転(臨時列車)

昼間はほぼ全列車が「ちちぶ」での運転となる。池袋駅では特急専用ホーム(番線は『特』)から発車する。夏休みなどの行楽期間にかつての停車駅である芦ヶ久保駅、11月3日の入間基地航空祭開催時に稲荷山公園駅、9月の巾着田曼珠沙華シーズンに高麗駅への臨時停車がある。

なお、1976年から1993年12月5日までは西武新宿 - 西武秩父間の運転、1993年12月6日から2003年3月11日までは池袋 - 西武秩父間の運転(入間市駅通過)の「おくちちぶ」が存在していた。また、飯能止まりの「むさし」を延長運転し西武秩父行きとした「むさし」が臨時ながら設定されていたこともある。

「ドーム」号に関しては車両側にその表示が無いため「臨時」の表示で運転される。

路線図や西武10000系の字幕で示される種別カラーは赤色で、英文種別表記は「Ltd. Exp.」。列車番号は一桁か二桁が与えられる。

快速急行[編集]

快速急行運用につく6000系

料金不要の列車では最速達であり、主に副都心線を経由して渋谷・横浜方面へ向かうアクセス列車として飯能、小手指(ただし野球開催時は快速西武球場前行きに変更される列車もある) - 元町中華街駅間に日中に運行される。飯能 - 渋谷駅間の所要時間は最短58分。このほか、平日朝には有楽町線からの小手指行き・飯能行きも設定されている。急行・通勤急行が練馬を通過するのに対し、これら地下鉄線直通の快速急行はより速達の種別でありながら池袋線池袋方面との接続の利便性を図るため練馬駅に停車するという逆転現象が起きている[7][8]。副都心線内では「急行」・「各停」として、有楽町線内では「各停」として運行されており、小竹向原駅で種別変更が行われる。池袋線池袋方面との接続は練馬駅で行われ、下りは準急、上りは保谷・西武球場前駅始発の各駅停車に接続する。また、小手指発着の列車は所沢または小手指駅で飯能発着の各駅停車に接続する。

それ以外に、平日朝に飯能発池袋行きが2本設定されているほか、土曜・休日は行楽列車として朝に池袋発秩父鉄道直通の長瀞三峰口行きと夕方の西武秩父発の池袋行きがある。これら池袋発着の列車は練馬駅に停車しないが、石神井公園駅で副都心線への直通列車(下りは準急、上りは各駅停車)に接続する。土休日朝の長瀞・三峰口行き列車は横瀬駅で分割を行い、長瀞発着の列車は西武秩父駅を通らず御花畑駅に停車する。

長らく平日は朝ラッシュ時と昼間を中心に池袋 - 飯能間で特急の補完的な役割として最短42分、土休日は行楽列車として秩父方面の列車が数多く運行されていたが、2013年3月16日改正で副都心線直通の快速急行が設定された代替として平日日中の池袋発着の快速急行はすべて急行へ格下げられた上、土曜・休日の秩父鉄道方面の列車も朝下り2本(4000系による運用。その池袋送り込み上り列車は快速急行から回送に変更)と夕方1本(通勤車両による運用。西武秩父発)に減便(上りの秩父鉄道からの直通列車は急行に格下げ)され、池袋発着の快速急行は激減した。

路線図で示される種別カラーは紫色で、英文種別表記は「RAPID EXP.」である。また、2008年6月14日のダイヤ改正に備えて新101系・新2000系・6000系・9000系・20000系・30000系の通勤車両全系式で、字幕式行先表示機の交換やLED式行先表示器のロム書き換えが実施された。旧字幕では「快速」部分が水色地に白文字、「急行」部分が赤色地に白文字となっていたが、新字幕ならびにフルカラーLED表示機では紫色地に白文字で快速急行及び快急、3色LEDでは無点灯の地に赤文字で快速急行の表記となっている。またLED表示器などで表示できるスペースが限られる場合は「快急」と略される。列車番号は1000番台が与えられる。

急行[編集]

急行運用につく西武30000系10両編成

池袋線の中心的種別で、池袋 - 飯能間で終日運行されるほか、平日夜間上りの一部には小手指発池袋行、土休日の夕方には秩父鉄道線からの上り列車(4000系による運用)もある。この列車は飯能で副都心線直通の快速急行に接続する。また野球開催時は、西武球場前発池袋行きの列車も設定されることがある。基本的に全列車終点まで先着するが、平日朝の下り2本は所沢で、平日夜の下り2本は入間市でそれぞれ特急の待ち合わせ、朝の上り2本は石神井公園及び小手指で特急を通過待ちする。

1990年に飯能で系統が分割されるまでは西武秩父まで運転する列車が多数あったが、系統分割後は大幅に減らされ、時期によっては全くないこともあった。

駅構内の路線図で示される種別カラーは朱色で、英文種別表記は「EXP.」である。旧字幕ならびにフルカラーLEDでは赤色地に白文字で、新字幕では朱色地に白文字で急行、3色LEDでは無点灯の地に赤文字で急行表記される。列車番号は2000番台が与えられる。

通勤急行[編集]

平日朝上りのみ、10両編成を用いてすべて飯能始発で池袋まで6本運転される。急行とともに千鳥式運転を行い、飯能→所沢間は各駅に停車、所沢を出ると東久留米・保谷・大泉学園・石神井公園と停車する代わりに、急行停車駅のひばりヶ丘は通過する。飯能駅7:52発のみ、石神井公園駅で特急ちちぶ12号池袋行に抜かれる。

ダイヤそのものは1970年代からすでに存在していたが、当時の池袋線関係の列車種別は平日の定期ダイヤの場合だと「特急・急行・準急・各駅停車」のみだったため、現在の「通勤急行」という種別が設定される前は「ひばりヶ丘には停車しない急行」や「朝だけ東久留米・保谷・大泉学園に停まる急行」といった表現で利用者は解釈していた(当初は石神井公園も通過)。

路線図で示される種別カラーは黄色で、英文種別表記は「COM., EXP.」である。表示色は、旧字幕では「通勤」が白色地に赤文字、「急行」が赤色地に白文字となっており、新字幕では黄色地に黒文字で通勤急行、3色LEDでは無点灯の地に赤文字で通勤急行、フルカラーLEDではオレンジ色地に黒文字で通勤急行とそれぞれ表記される。表示できるスペースに限りがあるときは、「通急」と略される。列車番号は2000番台が与えられる。

快速[編集]

快速運用につく西武6000系(2008年6月、東久留米 - 清瀬駅間)

朝・夕方の池袋と有楽町線新木場及び副都心線・東急線・みなとみらい線元町・中華街から所沢・西武球場前・小手指・飯能間で設定されており、主に他の種別を補完する形で運転されている。

池袋発着は設定時から長年、平日夕方時に池袋 - 小手指間で主に補完する役割で運転されていた。2010年3月ダイヤ改正で土休日の夕方以降の下りについては23時台の3本をのぞいて急行あるいは準急に吸収される形で廃止された(ただし2013年3月改正で復活)うえ、土曜・休日は池袋 - 西武球場前間運転の列車も設定された(池袋 - 所沢間は通年運転、所沢 - 西武球場前間は冬季以外に運転だが、2010年3月改正から後者も通年運転。なお、過去に練馬停車の急行として運転されていた時期もあった)。2012年6月30日のダイヤ改正では夕方下りの通勤準急を格上げする形で1時間あたり2本から4本へ増発された一方、上りは夜間の所沢発21時以降の列車が準急に格下げされている。

一方、地下鉄線直通については2001年12月のダイヤ改正から停車駅に練馬が加えられたことで飯能発着の有楽町線直通列車の中心的種別として終日運転となった。その後、2008年6月14日の副都心線開業と同時にその多くが副都心線渋谷発着へシフトしたが、2013年3月16日改正で日中の副都心線直通の快速が快速急行へ格上げられたため(ただし野球デーゲーム開催時は一部の小手指駅発着の快速急行が西武球場前発着の快速で運転される)、池袋発着を含めて再びラッシュ時のみの補完運用中心の種別に戻っている。なお、東急東横線・みなとみらい線の相互直通運転開始発表当初のプレスリリースには、西武線内快速 - 副都心線内急行 - 東横線・みなとみらい線内特急という形態となっていた。また、土休日夕方時の運転が3年ぶりに復活し、池袋口からは小手指行、地下鉄からは(元町・中華街発または新木場発)飯能行が各2本ずつ運転されている。同時に後者では練馬で準急の接続が復活している。

一部の下り列車は所沢で特急の待ち合わせ、また一部の上り列車はひばりヶ丘・清瀬・小手指・入間市のいずれかで特急・快速急行に抜かれる(平日の朝には入間市とひばりヶ丘で計2本の特急に抜かれる列車もある)。

路線図で示される種別カラーは濃い水色で、英文種別表記は「RAPID」である。表示色は旧字幕でも新字幕でも水色地に白文字だが、両者では若干濃さに違いがみられる。また、フルカラーLED表示器でも水色地に白文字で快速、3色LED表示機では無点灯地に緑文字で快速と表記される。列車番号は3000番台が与えられる。

通勤準急[編集]

略称は「通準」。平日朝の上りのみ、すべて小手指発池袋行きで6本運行される。大泉学園までの各駅と練馬に停車し、急行停車駅の石神井公園は通過となる。副都心線の開業で一部の快速が副都心線直通へ移行したため、その接続確保のために練馬にも停車するようになった。ひばりヶ丘で急行などと待ち合わせるのも特徴である(長年、当列車が発車する2分後に急行が発車していた)。

1980年3月17日のダイヤ改正で新設。設定当初の運転区間は池袋 - 清瀬間で、1990年以降所沢、小手指へと延長されていく。かつて飯能からは朝の上り1本のみ、また野球開催日には所沢行を延長する形で西武球場前行が、さらに平日朝1本の小手指行きは西武秩父行きとして運転されていた。下りについては運行開始当初は17 - 19時台に毎時4本運転され、2005年3月17日のダイヤ改正では平日朝の時間帯に、2008年6月14日のダイヤ改正では21時台までそれぞれ運転時間帯が拡大されたが、2012年6月30日のダイヤ改正で下りの通勤準急はすべて廃止となり、準急や快速に置き換えられた。

路線図で示される種別カラーは青色で、英文種別表記は「COM., SEMI EXP.」である。表示色は、旧字幕では「通勤」が白色地に緑文字、「準急」が緑色地に白文字となっており、新字幕及びフルカラーLED搭載車では青色地に白文字で通勤準急、3色LED表示機では無点灯地に緑文字で通勤準急もしくは通準と表記される。列車番号は4000番台が与えられる。

準急[編集]

小手指駅で並ぶ準急池袋行と準急飯能行

終日池袋 - 所沢・飯能間で運転されるほか、朝や夕方には加えて池袋 - 西武球場前・小手指間や有楽町線・副都心線直通列車も運転される。所沢・小手指発着に関しては野球開催時には西武球場前まで延長運転(または立て替え)を行う。地下鉄線直通列車は全列車が小竹向原駅で種別を変更し、有楽町線内では各停として、副都心線内では急行または各停として運行される。また、平日朝の池袋7:52発小手指行は西武秩父まで延長運転する日があり、その場合は小手指で前2両を切り離す。早朝・深夜以外のほとんどの列車が練馬以西の待避駅で特急・快速急行・急行に抜かれる(これら3本に抜かれる準急が日中毎時1本ある)。 なお、人身事故などでダイヤが乱れている場合、本来は通過する練馬高野台 - 中村橋間に停車する準急( = かつての区間準急)を運行する場合もある。

かつては保谷・清瀬始発の準急池袋行も定期ダイヤで少数ながら存在していたほか、1990年までは定期ダイヤで西武秩父駅まで運転する列車も存在していた。1993年12月6日のダイヤ改正以前は基本的には練馬を通過しており、朝の上りと、一時期存在した下り豊島園行きのみが練馬に停車していた。 地下鉄線直通列車については、2008年6月から11月までの短い期間に有楽町線内準急(千川・要町通過)の列車も設定されていた。

路線図で示される種別カラーは緑色、英文種別表記は「SEMI EXP.」である。表示色は旧字幕でも新字幕でも緑地に白文字だが、両者では若干色合いに違いがみられる(新字幕の方が少し青緑に近い)。また、フルカラーLED表示器でも緑地に白文字で準急、3色LED表示機では無点灯地に緑文字で準急と表記される。列車番号は4000番台が与えられる。

各停[編集]

かつては、早朝の下り列車と土曜・休日深夜の上りに運転されていた池袋 - 飯能駅間の各駅停車だが、2013年3月16日ダイヤ改正より日中時間帯から夕方時間帯まで運転されるようになっている。
主に平日の早朝と夕方に少数、土曜・休日の朝に運転される清瀬発着の各停

各駅に停車する。池袋発着の各駅停車は全列車8両編成で運行されている[9]。有楽町線直通は全列車10両編成である。副都心線直通は東急車・東京メトロ車8両編成による運用も多く、朝や夕方以降には小竹向原で種別を変更し副都心線内急行として運行されるものもある。豊島線への直通列車は練馬駅で地下鉄線直通列車と接続する(接続相手は基本的に各駅停車だが、一部準急・快速・快速急行との接続もある)。飯能 - 西武秩父間は一部列車をのぞき4両編成で運転され、ワンマン運転を行っている。このほか、野球開催日や12月秩父夜祭をはじめ沿線で開催されるイベントに合わせ、通常運行されない区間への延長運転や臨時停車が行われる。

長らく早朝と深夜をのぞき小手指 - 飯能間では各駅停車は設定されずに各駅停車区間の優等列車がその役割を果たす方式が取られていたが、2013年3月16日のダイヤ改正で日中において毎時1本池袋 - 飯能間が設定されたことでこの方式は崩れている。

2012年6月30日のダイヤ改正ではそれまで平日朝ラッシュの時間帯に運行されていた有楽町線・副都心線直通の練馬高野台発着が石神井公園発着に延長された一方で、日中の副都心線からの清瀬発着が石神井公園発着に短縮された。また、同改正では日中の有楽町線直通や西武球場前発着の準急が各駅停車へ格下げとなり、日中と平日夕方の練馬 - 石神井公園間の各駅停車の本数が毎時10本に増えた。さらに2013年3月16日のダイヤ改正で、平日朝ラッシュ時に石神井公園始発の池袋行きが新設された。一方で、池袋 - 保谷駅間の各停は石神井公園・小手指・所沢・飯能発着などへ振り分けられたことで減少した。

路線図で示される種別カラーは灰色で、英文種別表記は「LOCAL」。表示色は、旧字幕では紺色地に白文字となっており、新字幕では灰色地に白文字で各停、フルカラーLED表示器も字幕と同様の色が用いられているが、3色LED表示機では無点灯の地に橙色の文字で各停と表記される。2008年4月頃まで列車に表示される種別表記は「普通」となっていた。

なお、下り方面の優等列車は、通過運転を終えると駅の接近放送や発車案内標では「各停」として案内される(例:急行は通過運転の終わる所沢から先の駅では各駅に停まるため、各停として案内される)。車内の案内放送やLED表示器でも各駅停車に変更されるが、液晶式の車内表示器や車外の種別表示は優等種別のまま表示される。列車番号は5000・6000番台が与えられる。

廃止された種別[編集]

ハイキング急行[編集]

横瀬駅イベント開催時の臨時列車のヘッドマークとして付けられていた

池袋 - 吾野間で休日運転されていた急行「正丸」「伊豆ヶ岳」が前身で、1969年の西武秩父線開業に伴い西武秩父まで延長された際に「奥秩父」「奥武蔵」の愛称に改称されたのが起源となる。停車駅は「奥秩父」が池袋 - 所沢 - 飯能 - 吾野 - 正丸 - 芦ヶ久保 - 西武秩父で、「奥武蔵」は飯能 - 西武秩父間が各駅停車。これらの列車は、当初は「ハイキング急行」もしくは「不定期急行」と呼ばれており、ヘッドマークも掲出されていたが、1973年の改正で「奥秩父」が消滅。さらに1980年には快速急行に種別が変更。愛称名も1980年代後半には使われなくなった。

通勤快速[編集]

1988年に登場し、平日朝ラッシュ時上り1本(列車番号:3502レ)のみ設定されていた。当時は所沢から池袋への一極集中により通勤準急や通勤急行で石神井公園やひばりヶ丘の拠点駅を通過する千鳥式運転でも捌ききれず、遅延や途中駅での積み残しが恒常化していた。設定当初は所沢 - 池袋間での運転で、池袋にラッシュピークを迎える時間(8時10分頃)に到着する急行に続行する形で運転を行っていた。この急行の分散を目的としていたため急行停車駅の手前駅に停車するのが特徴で、この取り組みは『NHKモーニングワイド』に取り上げられた。後に小手指始発に繰り下がり、1993年12月6日のダイヤ改正時に飯能始発に、1998年3月26日のダイヤ改正で再び小手指始発となり、同時に東久留米にも停車するようになったが、2001年12月のダイヤ改正で消滅した。

英文種別表記は「Rapid」で快速と同じだった。また、種別表示色は旧字幕では「通勤」が白色地に水色の文字、「快速」が水色地に白文字であった。また、3色LED表示器では無点灯の地に緑色の文字で、「準急」や「快速」と同じであった。なお、近年新2000系などで更新された新字幕では、「通勤快速」は削除され、「拝島快速」に変更されている。また、表示できるスペースに限りがあるとき、「通快」と略された。

途中停車駅の変遷
1988年12月5日改正(運転開始):所沢 - 大泉学園 - 池袋
1992年12月14日改正:小手指 - 所沢 - 大泉学園 - 池袋
1993年12月6日改正:飯能 - 入間市 - 小手指 - 所沢 - 大泉学園 - 池袋
1998年3月26日改正 - 2001年12月15日改正(廃止):小手指 - 所沢 - 東久留米 - 大泉学園 - 池袋

区間準急[編集]

池袋 - 練馬間のみを通過運転する種別で、平日の朝の上下列車に設定された。1998年3月26日のダイヤ改正で、有楽町線直通列車設定に伴い池袋駅への直通列車が大幅に減少した中村橋駅富士見台駅練馬高野台駅から池袋駅への利便を図るために設定されたが、豊島線の練馬 - 豊島園間の区間運転を基本的に取りやめて、豊島園行きの各駅停車を池袋からに改め、それと地下鉄有楽町線方面からの各駅停車を練馬で接続させ、利便を図るようダイヤを組み直したため、2003年3月12日のダイヤ改正で消滅した。

運転区間は池袋 - 所沢・小手指・飯能(下り1本のみ)・西武秩父間(シーズン時下りのみ)で基本的に10両で運転していたが、西武秩父駅行のみ小手指駅で前の2両を切り離していた。

種別表示色は、旧字幕では「区間」が黄色地に黒文字、「準急」が緑色地に白文字であった。また、3色LED表示機では、無点灯の地に緑色の文字で、「快速」や「準急」と同じであった。なお、2000系などで交換された新しい字幕でも「区間準急」は削除されず、旧幕時代にはなかった石神井公園行きや保谷行きなどの表示が追加されている。 新しい表示は黄緑色地に白文字で区間準急、英文種別表記は「S.SEMI EXP.」となっている。また表示できるスペースが限られるとき、「区準」と略していた。なお3000系には区準幕が装備されておらず、運用に入ることはなかったが、2008年の幕交換時に追加された。

現在でもダイヤが大幅に乱れて池袋線と西武有楽町線の直通を中止したときに、中村橋・富士見台・練馬高野台に停車する列車の本数が激減することを救済する目的で「準急」が練馬から「各停」に変更されることがあるが、基本的に「区間準急」としては案内されない。

なお、池袋駅・練馬駅の発車案内表で、「区準」と表示されることがあるが、車両側に表示されることはない。

使用車両[編集]

自社車両[編集]

新2000系や6000系が導入される1990年頃までは、新宿線とは対照的に3ドア車の天下であった。その後以下の事情により、現在では10両編成はすべて4ドア車での運行となり、4ドア車の比率が圧倒的に高くなっている。

  • 有楽町線・副都心線直通列車が大幅に増発された。
  • 2012年12月をもって、10両編成を組成できる最後の3ドア車であった新101系・301系が運用を終了した。

6000系については2008年6月14日のダイヤ改正以降は当線池袋発着の運用が大幅に減少したが、2010年3月ダイヤ改正で地下鉄直通運用の大幅な見直しが行われた結果、常時1 - 2本程度が西武線池袋発着の運用へ入るようになった。優等列車は基本的には10両編成の運用だが、日中時間帯は8両編成の運用もある。

新2000系・30000系では8両と2両を連結した10両編成で運用されるが、原則として不定期に運転される準急の西武秩父行きを除き増解結は行なわれず、原則10両固定編成としての扱いで運用される。なおこの場合は必ず飯能寄りに2両を連結する。このため、当線所属の2両編成には女性専用車両のステッカーが貼られている。

乗り入れ車両[編集]

東京地下鉄・東京急行電鉄・横浜高速鉄道からの乗り入れ車両には10両編成と8両編成があり、10両の優等列車を中心に飯能まで乗り入れる。原則として西武線池袋 - 練馬間には入らないが、ダイヤ乱れによって有楽町線・副都心線との直通運転が中止された場合に同区間を走行することがある。10両編成は有楽町線と副都心線(東横線・みなとみらい線までを含む)の両方から乗り入れる。副都心線方面では西武6000系同様、西武線からみなとみらい線までの全区間を優等列車として運転するのが主体である。一方、8両編成は有楽町線に同編成運用が存在しないため、副都心線方面のみ乗り入れる。飯能まで乗り入れるものは少なく、日中は石神井公園と保谷まで、それ以外の時間帯も多くは小手指までの運転である。西武線内での優等扱いは、朝と夜間に下りの準急・快速・快速急行が、上りは準急・快速(ともに副都心線内各駅停車)の運用が数本あるが、西武線からみなとみらい線までの全区間を各駅停車で運転する列車が主体となっている(東横線・みなとみらい線内は急行で運行する列車もあり、その場合副都心線内は各駅停車ということが多い)。

西武線のほか、同じく有楽町線・副都心線と相互直通運転を行う東武東上線にも乗り入れており、西武線直通列車の折り返しが東上線直通列車(またはその逆)となる運用もある。東武鉄道の車両は西武線への入線に対応していないため、乗り入れない。

どの列車がどの車両で運転されるかは『MY LINE 東京時刻表』(交通新聞社)の列車番号欄にて判別ができる(西武池袋線のページでは相互直通列車も西武方式の列車番号で記載されているため判別は不可能)。列車番号末尾アルファベットの「M」が西武6000系(02M以降の偶数番号)、「S」が東京地下鉄所属車両(8両編成は01S - 19S/10両編成は21S以降の奇数番号)、「K」が東急・横浜高速所属車両(8両編成は01K - 49K/10両編成は51K以降)となっている(「T」は東武所属車両で01T以降の奇数番号)。なお、列車番号が6桁の数字で表記されている東横線・みなとみらい線では上3桁が運用番号で、100番台が西武6000系、700番台が東京地下鉄所属車両、000番台が東急・横浜高速所属車両となっており(800番台は東武所属車両)、例えば「02M」の場合は東横線・みなとみらい線では「102」となる。

2013年3月16日改正ダイヤでは、東京地下鉄所属の10両編成1本および東急所属の10両編成1本各々が武蔵丘車両基地で、東急・横浜高速所属の8両編成1本が清瀬駅でそれぞれ夜間留置となる運用が組まれている。逆に、西武6000系は東京地下鉄の和光検車区新木場車両基地各々および東急の元住吉検車区で1本ずつが夜間留置となる運用が組まれている[10]

東急5000系・5050系と横浜高速鉄道Y500系は、2013年3月16日に開始された副都心線経由による東急東横線・みなとみらい線直通運転に充当される車両で、東急5050系は直通運転開始に先立って2012年7月に池袋線内で試運転が行われ[11]、同年9月10日より営業運転を開始している[12]。編成による扱いは他社直通車両と同じである。

過去の自社車両[編集]

501系以前の車両は省略。

  • 特急形車両
    • 5000系 - 初代レッドアロー
  • 通勤形車両
    • 旧101系
    • 新101系・301系
    • 701系
    • 411系
    • 2000系 - 新2000系導入前に、データ収集のため1990年1月のみ定期運用に就いていた(ただし、これ以降も野球開催時の新宿線から西武球場前への臨時列車や回送として入線している実績があるほか、車両トラブルのため2009年11月23日 - 11月24日の間に定期運用に就いていた)。その後も一時的な貸し出しで運用に就くことがある。
    • 601系
    • 551系
    • 501系(初代・2代)

過去の乗り入れ車両[編集]

女性専用車[編集]

本路線には、平日朝の通勤・通学時間帯において女性専用車が設定されている。

  • 平日朝の午前7時20分から午前9時30分までの間に池袋駅へ到着する「池袋行」の10両編成の列車(快速急行・急行・通勤急行・快速・通勤準急・準急)における進行方向最後尾車両(実施区間は運行列車の全区間)。
  • 平日朝の始発から午前9時30分までの間に小竹向原駅へ到着する東京メトロ有楽町線副都心線方面直通の全列車における進行方向最後尾車両(実施区間は運行列車の全区間)。なお、東京地下鉄線・東急東横線横浜高速鉄道みなとみらい線内においては午前9時30分になった時点で女性専用を終了する。

女性専用車には、女性客だけではなく以下のいずれかに該当する男性客も乗車可能である。

  • 体の不自由な男性客
  • 体の不自由な客(男女とも)の介助者として同行する男性客
  • 小学生以下の男児が単独で乗車する場合
  • 小学生以下の客(男女とも)の保護者として同行する男性客

ダイヤ乱れなどが生じた場合には、女性専用車の設定を取りやめる場合がある。副都心線直通列車の8両編成にも設定されているため、新桜台 - 練馬 - 小手指間では、8両編成の最後尾乗車口付近に緑色の案内表示がなされている。

10両固定編成のほか、2000系・30000系の2両編成は必ず飯能寄りに連結されるため、専用ステッカーを掲示している。

2013年3月16日に副都心線を介した東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転が開始され、各鉄道会社間で女性専用車両の実施内容を統一するため設定時間が拡大された。

歴史[編集]

  • 1911年(明治44年)10月18日 武蔵野軽便鉄道に対し鉄道免許状下付(巣鴨-飯能間)[13]
  • 1915年大正4年)
    • 4月15日 武蔵野鉄道が武蔵野線(JR武蔵野線とは別)池袋 - 飯能間 (44.2km) 開業。東長崎駅、練馬駅、石神井駅、保谷駅、東久留米駅、(旧)小手指駅、元狭山駅、豊岡町駅、仏子駅、飯能駅開業[14]。所沢駅を川越鉄道と共用開始。
      開業当初の輸送人員は1日平均1,191人で、貨物輸送(1日平均102トン)を主した蒸気機関車による営業だった。
    • 9月1日 (旧)小手指駅を西所沢駅に、元狭山駅を三ヶ島村駅に改称[15]
  • 1917年(大正6年)
  • 1918年(大正7年)11月12日 加治荷扱所開業[17]
  • 1919年(大正8年)9月15日 加治荷扱所を岩沢荷扱所に改称[18]
  • 1922年(大正11年)11月1日 池袋 - 所沢間電化(直流1,500V)、江古田駅開業。
  • 1924年(大正13年)
    • 6月11日 椎名町駅、中村橋駅、田無町駅、清瀬駅開業。
    • 11月1日 東大泉駅開業。
  • 1925年(大正14年)
    • 3月3日 軌道特許状下付(北豊島郡西巣鴨町-同郡高田町間 軌間4ft6in)[19]
    • 3月15日 貫井駅開業。
    • 3月15日 所沢 - 西所沢間電化。
    • 12月23日 西所沢 - 飯能間電化。
  • 1926年(大正15年)
  • 1927年(昭和2年)6月15日 鉄道免許状下付(入間郡加治村-同郡吾野村間)[21]
  • 1928年昭和3年)
    • 8月11日 池袋 - 練馬間複線化。
    • 11月5日 鉄道免許状下付(入間郡吾野村地内 鋼索)[22]
    • 12月27日 鉄道免許状下付(北豊島郡高田町雑司ヶ谷旭出-同郡同町郡市境界)[23]
  • 1929年(昭和4年)
    • 3月20日 練馬 - 保谷間複線化。
    • 5月4日 鉄道免許状下付(入間郡小手指村-西多摩郡青梅村間)[24]
    • 5月25日 上り屋敷駅開業。
    • 9月10日 飯能 - 吾野間 (14.1km) 開業、全線開通。
  • 1930年(昭和5年)12月22日 起業廃止許可(入間郡吾野村地内)[25]
  • 1931年(昭和6年)
    • 4月1日 天覧山駅開業。
    • 12月10日 東飯能駅開業。
  • 1933年(昭和8年)
    • 3月1日 貫井駅を富士見台駅に、石神井駅を石神井公園駅に、東大泉駅を大泉学園駅に、三ヶ島村駅を狭山ヶ丘駅に、虎秀駅を東吾野駅に改称。
    • 4月1日 稲荷山公園駅開業。
  • 1936年(昭和11年)7月10日 桜台駅開業。
  • 1938年(昭和13年)
    • 2月19日 松井村駅開業。
    • 3月1日 松井村駅を所沢飛行場駅に改称。
    • 10月14日 起業廃止許可(屋敷-音羽間)[26]
    • 11月14日 東京市へ軌道敷設権譲渡(許可)(池袋駅-護国寺前間)[27]
  • 1940年(昭和15年)11月1日 所沢飛行場駅を東所沢駅に改称。
  • 1941年(昭和16年)7月25日 鉄道免許失効(入間郡小手指村-西多摩郡青梅村間 指定ノ期限マテニ工事施工申請ヲ為ササルタメ)[28]
  • 1945年(昭和20年)
    • 2月3日 上り屋敷駅、桜台駅、東所沢駅、天覧山駅休止。
    • 4月1日 長江駅開業(貨物駅)。
    • 11月20日 下原駅開業(貨物駅)。
  • 1946年(昭和21年)2月14日 保谷 - 田無町(現・ひばりヶ丘)間複線化。
  • 1948年(昭和23年)4月1日 桜台駅営業再開。
  • 1952年(昭和27年)3月25日 線路名称を池袋線に改称。
  • 1953年(昭和28年)
    • 1月15日 上り屋敷駅、黒須駅廃止。
    • 3月10日 長江駅を西武市場駅に改称。
    • 3月28日 田無町 - 東久留米間複線化。
    • 9月26日 東久留米 - 清瀬間複線化。
  • 1954年(昭和29年)10月10日 東所沢駅、天覧山駅、武蔵横手駅廃止。
  • 1959年(昭和34年)
    • 5月1日 田無町駅をひばりヶ丘駅に改称。
    • 12月21日 清瀬 - 秋津間複線化。
  • 1960年(昭和35年)5月25日 秋津 - 所沢間複線化。
  • 1963年(昭和38年)
    • 9月1日 西武市場駅廃止。
    • 11月1日 池袋 - 所沢間で日本の私鉄として初めて10両編成列車の運行を開始[29]
  • 1965年(昭和40年)11月5日 所沢 - 西所沢間複線化。
  • 1966年(昭和41年)
    • 5月16日 西所沢 - 狭山ヶ丘間に小手指ヶ原信号所開設。
    • 5月25日 西所沢 - 小手指ヶ原信号所間複線化。
  • 1967年(昭和42年)
    • 4月1日 豊岡町駅を入間市駅に改称。
    • 10月28日 小手指ヶ原信号所 - 武蔵藤沢間複線化。
  • 1968年(昭和43年)11月13日 武蔵藤沢 - 入間市間複線化。
  • 1969年(昭和44年)
    • 10月2日 仏子 - 笠縫信号所間複線化。元加治 - 飯能間に笠縫信号所開設。
    • 10月4日 武蔵横手信号所開設。
    • 10月14日 西武秩父線開業、直通運転開始。レッドアロー5000系電車で特急「ちちぶ」運転開始。
  • 1970年(昭和45年)
    • 2月1日 武蔵横手信号所を駅に変更し武蔵横手駅再開業。
    • 11月20日 小手指ヶ原信号所を駅に変更し小手指駅開業。
  • 1975年(昭和50年)3月20日 入間市 - 仏子間複線化。
  • 1982年(昭和57年)12月20日 下原貨物駅廃止。
  • 1989年(平成元年)4月1日 秩父鉄道秩父本線へ乗り入れ開始。飯能駅で系統分割される。
  • 1994年(平成6年)12月7日 練馬高野台駅開業。
  • 1998年(平成10年)3月26日 西武有楽町線を介して帝都高速度交通営団(現・東京地下鉄)有楽町線と相互直通運転開始。
  • 2001年(平成13年)
    • 12月6日 池袋 - 飯能間で唯一残っていた単線区間(飯能駅構内の350m)が複線化、笠縫信号所廃止。
    • 12月15日 中村橋 - 練馬高野台間複々線化。
  • 2003年(平成15年)3月12日 練馬 - 中村橋間複々線化。
  • 2008年(平成20年)6月14日 西武有楽町線を介して東京メトロ副都心線と相互直通運転開始。
  • 2010年(平成22年)4月1日 1枚のPASMO定期券で西武池袋線練馬 - 池袋間と西武有楽町線・東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線練馬 - 小竹向原 - 池袋間が利用できる特殊連絡定期券「だぶるーと」の発売が開始される。
  • 2011年(平成23年)
    • 3月14日 同月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による発電所の停止に伴う電力供給逼迫のため、東京電力輪番停電(計画停電)を実施。これに伴い、この日から東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線との相互直通運転・秩父鉄道秩父本線との直通運転が休止され、特急レッドアローの運転が休止される。
    • 4月1日 東京メトロ有楽町線・東京メトロ副都心線との相互直通運転および特急レッドアローの運転が再開される。
  • 2012年(平成24年)
    • 6月30日 石神井公園駅ホーム全面供用開始(同年6月23日)に伴い、ダイヤ改正。練馬高野台発着の列車を石神井公園発着とし、下りの通勤準急を廃止。
    • 11月18日 練馬高野台 - 石神井公園間複々線化。
  • 2013年(平成25年)3月16日 西武有楽町線・東京メトロ副都心線を介して東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転を開始。横浜方面発着の快速急行が練馬駅停車となる。
  • 2014年(平成26年)度 練馬高野台 - 大泉学園付近高架化完成予定。

駅一覧[編集]

一部他路線も含まれるが、運転系統上運行されるものについてを記してある。

凡例
●:停車、|:通過、↑:上り方向通過(通勤急行・通勤準急のみ)、◎:西武有楽町線直通列車に限り停車、○:臨時停車(特急は特急列車記事も参照、快速急行・急行は表下の注記参照)、◆:4月上旬 - 5月下旬・10月上旬 - 10月下旬の平日 池袋発7:52の準急は西武秩父まで延長(従来は小手指行)、∥:経由せず
駅番号2013年3月までに順次導入された。[30]
路線名 駅番号 駅名 駅間キロ 累計キロ 各停 準急 通勤準急 快速 通勤急行 急行 快速急行 特急 接続路線等 所在地
池袋線 SI01 池袋駅 - 0.0 東日本旅客鉄道山手線埼京線湘南新宿ライン
東武鉄道東上線(TJ-01)
東京地下鉄○ 丸ノ内線 (M-25)・○ 有楽町線 (Y-09)・○ 副都心線 (F-09)
東京都 豊島区
SI02 椎名町駅 1.9 1.9  
SI03 東長崎駅 1.2 3.1  
SI04 江古田駅 1.2 4.3   練馬区
SI05 桜台駅 0.9 5.2  
東京地下鉄線直通運転区間 ○ 有楽町線…新木場駅まで
○ 副都心線…渋谷駅東急東横線 横浜駅経由横浜高速鉄道みなとみらい21線元町・中華街駅まで
西武有楽町線 SI37 小竹向原駅 1.2 - 東京地下鉄:○ 有楽町線 (Y-06)・○ 副都心線 (F-06)(ともに直通運転
SI38 新桜台駅 1.4 -  
池袋線 SI06 練馬駅 0.8 6.0 都営地下鉄○ 大江戸線 (E-35)
豊島線 SI39 豊島園駅 1.0 7.0 都営地下鉄:○ 大江戸線 (E-36)
池袋線 SI07 中村橋駅 1.5 7.5  
SI08 富士見台駅 0.8 8.3  
SI09 練馬高野台駅 1.2 9.5  
SI10 石神井公園駅 1.1 10.6  
SI11 大泉学園駅 1.9 12.5  
SI12 保谷駅 1.6 14.1   西東京市
SI13 ひばりヶ丘駅 2.3 16.4  
SI14 東久留米駅 1.4 17.8   東久留米市
SI15 清瀬駅 1.8 19.6   清瀬市
SI16 秋津駅 2.2 21.8 東日本旅客鉄道:武蔵野線新秋津駅 東村山市
SI17 所沢駅 3.0 24.8 西武鉄道:新宿線 (SS22) 埼玉県 所沢市
SI18 西所沢駅 2.4 27.2 西武鉄道:狭山線
狭山線 SI40 下山口駅 1.8 29.0  
SI41 西武球場前駅 2.4 31.4 西武鉄道:山口線 (SY03)
池袋線 SI19 小手指駅 2.2 29.4  
SI20 狭山ヶ丘駅 2.2 31.6    
SI21 武蔵藤沢駅 1.3 32.9     入間市
SI22 稲荷山公園駅 3.0 35.9     狭山市
SI23 入間市駅 0.9 36.8     入間市
SI24 仏子駅 2.9 39.7    
SI25 元加治駅 1.3 41.0    
SI26 飯能駅 2.7 43.7     飯能市
SI27 東飯能駅 0.8 44.5       東日本旅客鉄道:八高線
  北飯能信号場 0.5 45.0        
  武蔵丘信号場 1.5 46.5         日高市
SI28 高麗駅 2.0 48.5        
SI29 武蔵横手駅 2.8 51.3        
SI30 東吾野駅 2.5 53.8         飯能市
SI31 吾野駅 4.0 57.8        
西武秩父線
SI32 西吾野駅 3.6 61.4        
SI33 正丸駅 2.7 64.1        
  正丸トンネル信号場 2.7 66.8         秩父郡
横瀬町
SI34 芦ヶ久保駅 3.4 70.2        
SI35 横瀬駅 4.0 74.2       秩父鉄道秩父本線長瀞方面直通運転)
SI36 西武秩父駅 2.6 76.8       秩父鉄道:秩父本線(三峰口方面直通運転)、秩父本線(御花畑駅)(※徒歩乗換 秩父市
  • 保谷駅は、一部が練馬区に跨っている。
  • 東久留米駅と清瀬駅の間で新座市を通るが、駅は設置されていない。
  • 秋津駅は、一部が清瀬市・所沢市に跨っている。
  • 元加治駅は、一部が飯能市に跨っている。
  • 準急・快速・急行は12月の秩父夜祭開催時と春の芝桜のシーズン時には西武秩父駅まで延長運転される。
  • 2013年から、春の秩父芝桜および秋の巾着田曼珠沙華開花時期に一部の快速急行や急行(2014年の芝桜時期は土休日に下り快速急行2本・急行2本と上り急行4本)が秋津駅に臨時停車する。
  • 2013年から、入間基地航空祭開催時に東京メトロ副都心線・東急東横線直通の一部の快速急行が稲荷山公園駅に臨時停車する。

廃駅・廃止信号所[編集]

  • 池袋線
    • 上り屋敷駅(池袋 - 椎名町間 1929年5月25日開業・1945年2月3日休止・1953年1月15日廃止)
    • 長江駅→西武市場駅(貨物駅 東長崎 - 江古田間 1945年4月1日開業・1963年9月1日廃止)
    • 松井村駅→所沢飛行場駅→東所沢駅(秋津 - 所沢間 1938年2月19日開業・1945年2月3日休止)
    • 下原駅(貨物駅 武蔵藤沢 - 稲荷山公園間 1945年11月20日開業・1982年12月20日廃止)
    • 黒須駅(貨物駅 豊岡町(現・入間市) - 仏子間 1917年12月12日開業・1953年1月15日廃止)
    • 笠縫信号所(元加治 - 飯能間 1969年10月2日開業・2001年12月6日廃止)
    • 天覧山駅(東飯能 - 高麗間 1931年4月1日開業・1945年2月3日休止・1954年10月10日廃止)
  • 西武秩父線
    • 東横瀬駅(貨物駅 芦ヶ久保 - 横瀬間 1996年4月1日廃止)

PASMO導入について[編集]

池袋線では、2007年3月18日からSuicaとの相互利用が可能なICカードPASMO」を導入しているが、自動改札機が設置されていない武蔵横手・東吾野・吾野の各駅は簡易ICカード改札機、その他の駅は自動改札機での対応となっている。

その他[編集]

  • かつては車内放送で池袋駅接続他社線の案内を一切行っていなかった。
  • 当線の営業キロは57.8キロだが、終点吾野駅の手前に58キロポストが打たれている。これは、池袋駅の起点側に線路を延長する形で特急専用のりばが設けられていることにより、実キロと営業キロとの間にずれが生じているため[要出典]である。
  • 複々線区間以外での立体交差化は、道路の地下化または高架化による単独立体化が主で、連続立体交差化は進んでいないため踏切が多い。
  • 池袋 - 桜台間の各駅で8両から10両対応へホーム延長が行われた。
  • 2013年3月16日より、東京メトロ副都心線と東急東横線・横浜高速鉄道みなとみらい線との相互直通運転開始により、当路線も副都心線を介して、東急東横線・みなとみらい線との直通列車運転をはじめた。駅の行先表示器では、元町・中華街行には「元町・中華街」と「渋谷・横浜方面」を交互に表示。自動放送でも「渋谷・横浜方面 元町・中華街行」と案内する。一方で、武蔵小杉行、菊名行、横浜行には行先表示器に「渋谷方面」を表示しない。池袋線の運用では、準急や急行などの池袋口の優等列車は基本10両編成が主だが、一部の列車で8両編成の運用がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 池袋線停車駅 (PDF)
  2. ^ 東京圏における主要区間の混雑率(31区間) 国土交通省、2009年7月8日閲覧。
  3. ^ 輸送力増強と安全輸送の強化-安全な鉄道を目指して-日本民営鉄道協会
  4. ^ 川島令三『【図説】日本の鉄道 中部ライン 全線・全駅・全路線』第11巻、 講談社、2011年、p.74
  5. ^ “池袋線が東急東横線、横浜高速みなとみらい線との相互直通運転を開始します。” (PDF) (プレスリリース), 西武鉄道, (2012年7月24日), http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2012/__icsFiles/afieldfile/2012/07/24/20120724soutyoku.pdf 2012年7月24日閲覧。 
  6. ^ 2013年3月16日(土) ダイヤ改正を実施します (PDF) - 西武鉄道、2013年1月22日、2013年1月23日閲覧
  7. ^ 似たような事例として、京王高尾線にある京王片倉駅山田駅狭間駅があげられる。これら3駅は準特急の停車駅でもあるが、高尾線内の急行は3駅を通過するという逆転現象がある。
  8. ^ 西武線池袋駅発着の快速急行は従来通り練馬通過
  9. ^ 2014年2月14日の大雪による影響により、翌15日は池袋 - 飯能・豊島線豊島園駅間でほぼ終日各停のみの運転となり、この時は豊島園発着が含まれる車両運用以外で10両編成の列車も充てられた。
  10. ^ 「鉄道ピクトリアル」2013年12月号臨時増刊号(特集:西武鉄道)P.219
  11. ^ 西武池袋線で東急5050系が試運転 - 鉄道ファン鉄道ニュース2012年7月22日
  12. ^ 【東急+西武】東急5050系が西武鉄道池袋線で営業運転開始 - 鉄道ホビダス・2012年9月10日
  13. ^ 「軽便鉄道免許状下付」『官報』1911年10月21日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  14. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1915年4月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  15. ^ 「軽便鉄道停車場名称変更」『官報』1915年9月02日(国立国会図書館デジタルコレクション)による。西武鉄道公式サイトの駅の変遷では元狭山駅→三ヶ島村駅の改称は1915年8月。
  16. ^ 「軽便鉄道停車場設置」『官報』1917年12月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  17. ^ 「軽便鉄道荷扱所設置」『官報』1918年11月19日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  18. ^ 「地方鉄道荷扱所名改称」『官報』1919年9月18日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  19. ^ 「軌道特許状下付」『官報』1925年3月9日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  20. ^ a b 「地方鉄道駅設置並駅名改称」『官報』1926年4月6日(国立国会図書館デジタルコレクション)では元加治駅営業開始を武蔵藤沢駅と「同時に」としているが、会社要覧 駅一覧 (PDF) では3日。
  21. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1927年6月20日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  22. ^ 『鉄道統計資料. 昭和3年』(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)
  23. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1929年1月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  24. ^ 「鉄道免許状下付」『官報』1929年5月8日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  25. ^ 「鉄道起業廃止許可」『官報』1930年12月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  26. ^ 「鉄道起業廃止許可」『官報』1938年10月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  27. ^ 「軌道敷設権譲渡許可」『官報』1938年11月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  28. ^ 「鉄道免許失効」『官報』1941年7月25日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  29. ^ 西武鉄道の年譜
  30. ^ 西武線全駅で駅ナンバリングを導入します (PDF) - 西武鉄道、2012年4月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]