山本周五郎賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山本周五郎賞(やまもとしゅうごろうしょう)は、日本の文学賞

概要[編集]

主に大衆文学時代小説の分野で昭和期に活躍した山本周五郎にちなみ、すぐれた物語性を有する小説・文芸書に贈られる文学賞である。主催は新潮文芸振興会、後援は新潮社

長年にわたり新潮社が開催した日本文学大賞の後継イベントとして、純文学を主とする三島由紀夫賞とともに1988年に創設された。略称は主に「山本賞」や「山周賞」(「山本賞」という名称の賞は他のジャンルにも存在しているので区別するため)と呼ばれている。

受賞は、選考委員の合議によって決定され、年1回5月に発表される。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円(2006年現在)が授与される。選考対象は、前年4月から当年3月までに発表された小説とされているが、実際はその期間に発行された単行本が対象になることが大半である。

第4期までは選考会の全記録を文章化して、結果発表の場である『小説新潮』に掲載するなど、直木賞との違いを明確に打ち出していた(第5期から選考委員一人ずつの選評に変わったが、それでも他の雑誌と違い一人3ページずつと長めに掲載されている)。

ちなみに、山本周五郎は、直木三十五賞において授賞決定後に辞退をした史上唯一の人物である(第17回『日本婦道記』にて)。

選考委員[編集]

受賞作一覧[編集]

第1期(第1回から第4回)[編集]

第2期(第5回から第8回)[編集]

第3期(第9回から第12回)[編集]

第4期(第13回から第16回)[編集]

第5期(第17回から第20回)[編集]

第6期(第21回から第24回)[編集]

第7期(第25回から)[編集]

外部リンク[編集]