帚木蓬生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が二つです。
帚木 蓬生
(ははきぎ ほうせい)
誕生 1947年1月22日(67歳)
福岡県小郡市
職業 小説家精神科医
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1975年 -
ジャンル 医療サスペンス
代表作 閉鎖病棟』(1994年)
エンブリオ』(2002年)
主な受賞歴 吉川英治文学新人賞(1992年)
山本周五郎賞(1995年)
柴田錬三郎賞(1997年)
新田次郎文学賞(2010年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい、1947年1月22日 - )は、日本小説家精神科医福岡県小郡市生まれ[1]

東京大学文学部仏文科卒、九州大学医学部卒。ペンネームは、『源氏物語』五十四帖の巻名「帚木(ははきぎ)」と「蓬生(よもぎう)」から[1]。本名、森山 成彬(もりやま なりあきら)[2][3]

経歴[編集]

東京大学仏文科時代は剣道部員、卒業後TBSに勤務。2年後に退職し[4]九州大学医学部を経て精神科医に。その傍らで執筆活動に励む。1979年、『白い夏の墓標』で注目を集める。1992年、『三たびの海峡』で第14回吉川英治文学新人賞受賞。八幡厚生病院診療部長を務める。2005年、福岡県中間市にて精神科心療内科を開業[1]開業医として活動しながら、執筆活動を続けている。

医学に関わる作品が多く、また自身(精神科医)の立場から『ギャンブル依存とたたかう』を上梓している。

2008年、短編「終診」(『風花病棟』に収録)を執筆後にたまたま受けた定期検査で急性骨髄性白血病に罹っていることが判明[5]。半年間の入院生活の後、復帰した。

受賞歴[編集]

著書[編集]

小説[編集]

  • 白い夏の墓標(1979年4月 新潮社 / 1983年1月 新潮文庫 / 2010年10月 新潮文庫【改版】)
  • 十二年目の映像(1981年6月 新潮社 / 1986年1月 新潮文庫)
  • カシスの舞い(1983年10月 新潮社 / 1986年11月 新潮文庫)
  • (クウ)の色紙(1985年2月 新潮社 / 1997年12月 新潮文庫)
    • 収録作品:空の色紙 / 墟の連続切片 / 頭蓋に立つ旗
  • 賞の柩(1990年12月 新潮社 / 1996年2月 新潮文庫)
  • アフリカの蹄(1992年3月 講談社 / 1997年7月 講談社文庫
  • 三たびの海峡(1992年4月 新潮社 / 1995年8月 新潮文庫)
  • 臓器農場(1993年5月 新潮社 / 1996年8月 新潮文庫)
  • 閉鎖病棟(1994年4月 新潮社 / 1997年5月 新潮文庫)
  • 空夜(1995年4月 講談社 / 1998年4月 講談社文庫)
  • 総統(ヒトラー)の防具(1996年4月 日本経済新聞出版社
    • 【改題】ヒトラーの防具(1999年5月 新潮文庫【上・下】)
  • 逃亡(1997年5月 新潮社 / 2000年8月 新潮文庫【上・下】)
  • 受精(1998年6月 角川書店 / 2001年9月 角川文庫
  • 安楽病棟(1999年4月 新潮社 / 2001年10月 新潮文庫)
  • 空山(2000年6月 講談社 / 2003年6月 講談社文庫)- 「空夜」続編
  • 薔薇窓(2001年6月 新潮社 / 2004年1月 新潮文庫【上・下】)
  • エンブリオ(2002年7月 集英社 / 2005年10月 集英社文庫【上・下】)
  • 国銅(2003年6月 新潮社【上・下】 / 2006年3月 新潮文庫【上・下】)
  • アフリカの瞳(2004年7月 講談社 / 2007年7月 講談社文庫)
  • 千日紅の恋人(2005年8月 新潮社 / 2008年4月 新潮文庫)
  • 受命(2006年6月 角川書店 / 2009年9月 角川文庫) - 「受精」続編
  • 聖灰の暗号(2007年7月 新潮社【上・下】 / 2010年1月 新潮文庫【上・下】)
  • インターセックス(2008年8月 集英社 / 2011年8月 集英社文庫)- 「エンブリオ」続編
  • 風花病棟(2009年1月 新潮社 / 2011年11月 新潮文庫)
    • 収録作品:メディシン・マン / 藤篭 / 雨に濡れて / 百日紅 / チチジマ / 顔 / かがやく / アヒルおばさん / 震える月 / 終診
  • 水神(2009年8月 新潮社【上・下】 / 2012年6月 新潮文庫【上・下】)
  • ソルハ(2010年4月 あかね書房
  • 蠅の帝国―軍医たちの黙示録(2011年7月 新潮社)
  • 蛍の航跡―軍医たちの黙示録(2011年11月 新潮社)
  • 日御子(2012年6月 講談社)

小説以外[編集]

  • ギャンブル依存とたたかう(2004年11月 新潮選書
  • やめられない―ギャンブル地獄からの生還(2010年9月 集英社)
  • 依存学ことはじめ―はまる人生、はまりすぎない人生、人生の楽しみ方(2011年3月 晃洋書房)- 船橋新太郎谷岡一郎らとの共著

絵本原作[編集]

翻訳[編集]

  • 精神医学の二十世紀 ピエール・ピショー 大西守共訳 新潮選書 1999.10

映像化作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 千年書房 九州の100冊「三たびの海峡」 - 西日本新聞Prefileより
  2. ^ 「あきら」の漢字は本来、「楙」の矛を彡とした字だが、慣用的に「彬」が用いられる場合が多い。
  3. ^ マス・フォア・インダストリ研究所
  4. ^ 新潮社著者プロフィール
  5. ^ 帚木蓬生『風花病棟』刊行記念インタビュー

外部リンク[編集]