原田マハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原田 マハ
(はらだ まは)
ペンネーム 原田 マハ
maha
誕生 1962年7月14日(52歳)
日本の旗 日本 東京都小平市
職業 小説家キュレーター、カルチャーライター
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学第二文学部
活動期間 2005年 -
主な受賞歴 第1回日本ラブストーリー大賞2005年
第25回山本周五郎賞2012年
親族 原田宗典(兄)
公式サイト 原田マハ公式サイト「Naked Maha」
テンプレートを表示

原田 マハ(はらだ まは、女性、1962年7月14日 - )は、日本小説家キュレーターカルチャーライター東京都小平市生まれ。小学6年生から高校卒業まで岡山県岡山市育ち。岡山市立三門小学校岡山市立石井中学校山陽女子高等学校関西学院大学文学部日本文学科、早稲田大学第二文学部美術史学専修卒業。マリムラ美術館、伊藤忠商事森ビル、都市開発企業美術館準備室、ニューヨーク近代美術館に勤務後、2002年にフリーのキュレーターとして独立。

2003年にカルチャーライターとして執筆活動を開始し、2005年には共著で『ソウルジョブ』上梓。そして同年、『カフーを待ちわびて』で第1回日本ラブストーリー大賞を受賞、特典として映画化される。mahaの名でケータイ小説も執筆する。

ペンネームはフランシスコ・ゴヤの「着衣のマハ」「裸のマハ」に由来する。兄は、同じく小説家の原田宗典

文学賞受賞・候補歴[編集]

作品[編集]

小説[編集]

  • カフーを待ちわびて(2006年3月 宝島社 / 2008年5月 宝島社文庫
  • 一分間だけ(2007年4月 宝島社 / 2009年6月 宝島社文庫)
  • 普通じゃない。(2007年9月 角川書店
  • ランウェイ☆ビート(2008年1月 宝島社 / 2010年11月 宝島社文庫 / 2011年1月 宝島社【新装版】)
  • ナンバーナイン(2008年3月 宝島社)
  • ごめん(2008年5月 講談社
    • 【改題】夏を喪くす(2012年10月 講談社文庫)
  • さいはての彼女(2008年9月 角川書店)
  • おいしい水(2008年11月 岩波書店
  • キネマの神様(2008年12月 文藝春秋 / 2011年5月 文春文庫
  • 花々(2009年3月 宝島社)
  • ギフト(2009年7月 イースト・プレス
  • 翼をください(2009年9月 毎日新聞社
  • インディペンデンス・デイ(2010年2月 PHP研究所
    • 【改題】独立記念日(2012年11月 PHP文芸文庫)
  • 星がひとつほしいとの祈り(2010年4月 実業之日本社 / 2013年10月 実業之日本社文庫
  • 本日は、お日柄もよく(2010年8月 徳間書店
  • 風のマジム(2010年12月 講談社)
  • いと 運命の子犬(2011年3月 文藝春秋)
  • 小説 星守る犬(2011年6月 双葉社
  • まぐだら屋のマリア(2011年7月 幻冬舎
  • でーれーガールズ(2011年8月 祥伝社
  • 永遠をさがしに(2011年11月 河出書房新社
  • 楽園のカンヴァス(2012年1月 新潮社
  • 旅屋おかえり(2012年4月 集英社
  • 花々(2012年7月 宝島社)
  • ラブコメ(2012年7月 角川書店)
  • 生きるぼくら(2012年9月 徳間書店)
  • さいはての彼女(2013年1月 角川書店)
  • ジヴェルニーの食卓(2013年3月 集英社)
  • 総理の夫(2013年7月 実業之日本社)
  • ユニコーン ジョルジュ・サンドの遺言(2013年9月 NHK出版)
  • 太陽の棘(2014年4月 文藝春秋)

アンソロジー[編集]

「」内が原田マハの作品

  • 恋のかたち、愛のいろ(2008年2月 徳間書店)「ブルースマンに花束を」
  • エール! 3(2013年10月 実業之日本社文庫)「ヴィーナスの誕生 La Nascita di Venere」

ルポルタージュ[編集]

  • ソウルジョブ 女30歳・運命の仕事に出会う(2005年、共著、角川書店

メディア・ミックス[編集]

映画化[編集]

漫画化[編集]

外部リンク[編集]