新潮社文学賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新潮社文学賞(しんちょうしゃぶんがくしょう)は、新潮社1954年昭和29年)に新潮社四大文学賞のひとつとして設けた文学賞である。受賞者には記念品と副賞として賞金(第1回から第7回まで30万円、第8回以降は50万円)が授与された。1967年昭和42年)10月に新潮文芸振興会が設立されたのを期に終了し、1969年昭和44年)開始の日本文学大賞に引き継がれる形となった。

受賞作[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第14回[編集]

  • 第11回(1964年
    • 受賞作
    • 候補作
      • 北杜夫 『楡家の人びと』
      • 福永武彦 『忘却の河』
      • 吉行淳之介 『砂の上の植物群』
  • 第12回(1965年
    • 受賞作
      • 吉行淳之介 『不意の出来事』
    • 候補作
      • 安部公房 『榎本武揚』
      • 遠藤周作 『留學』
      • 丸岡明 『静かな影繪』
      • 本多秋五 『物語戦後文學史』
  • 第13回(1966年
    • 受賞作
      • 阿川弘之 『山本五十六』
      • 萩原葉子 『天上の花』
    • 候補作
      • 宇野千代 『刺す』
      • 遠藤周作 『沈黙
      • 後藤亮 『正宗白鳥』
  • 第14回(1967年
    • 受賞作
    • 候補作
      • 安部公房 『燃え尽きた地図』
      • 有吉佐和子 『華岡靑洲の妻』
      • 大江健三郎 『万延元年のフットボール
      • 北杜夫 『白きたおやかな峰』
      • 中村光夫 『贋の偶像』
      • 安岡章太郎 『幕が下りてから』

選考委員[編集]

関連項目[編集]