真保裕一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
真保裕一
(しんぽ ゆういち)
誕生 1961年5月24日(52歳)
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1991年 -
ジャンル 推理小説,経済小説,時代小説
代表作 『連鎖』(1991年)
『ホワイトアウト』(1995年)
『奪取』(1996年)
『灰色の北壁』(2006年)
主な受賞歴 江戸川乱歩賞(1991年)
吉川英治文学新人賞(1995年)
日本推理作家協会賞(1996年)
山本周五郎賞(1996年)
新田次郎文学賞(2006年)
処女作 『連鎖』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示


真保 裕一(しんぽ ゆういち、1961年5月24日 - )は、日本の小説家脚本家

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。習志野市立第三中学校千葉県立国府台高等学校を卒業後、『ドラえもん』のような夢あふれるアニメを作りたいと考え、シンエイ動画の採用試験を受けるも、作画能力の不足で不採用となる。その後、小規模の制作会社を転々とした後、シンエイ動画に入社。当初は脚本の製作管理を行なう文芸を担当し、『笑ゥせぇるすまん』『おぼっちゃまくん』で演出を担当した。

シンエイ動画に仕事を減らしてもらいながらも、『連鎖』を書き上げ、1991年に同作で江戸川乱歩賞を受賞、これがきっかけでシンエイ動画を退社する。しかし、当初は売り上げが芳しくなく、生活に困ることとなる。そこで、シンエイ動画の仲間から「アルバイトで『クレヨンしんちゃん』の絵コンテを書かないか」と言われていた。試しに見たところ、あまりにも面白いアニメだったので「呑気なバイトで参加することはスタッフに申し訳ない」と、依頼を断った。

シンエイ動画とはその後も草野球チームに参加したり、映画の招待券をもらったりと交流がある。そして、2007年公開の映画『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』(『ドラえもん のび太の魔界大冒険』のリメイク)で、脚本を務めた。シンエイ動画所属当時の直属上司であった増子相二郎プロデューサーからオファーを受けての参加である。『ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』、『ドラえもん のび太の人魚大海戦』でも再び脚本を担当した。

1998年に『奇跡の人』が読売テレビ制作・日本テレビ系列でドラマ放映され、2000年に『ホワイトアウト』が映画化された。ただし『奇跡の人』のドラマ化は、単行本の出版元である角川書店が作者に無断で読売テレビに許可してしまったため、真保本人は激怒、版権を角川書店から新潮社に移すという事態にまで発展した。当時、番組をネットしていた日本テレビは「日テレ営業中!」のキャッチフレーズで番宣を展開していたが、真保は「奇跡の人も営業中」というスポットをテレビで目にして、初めてドラマ化を知り仰天したという。現在、同作品の文庫本は新潮社から出版されている。

『連鎖』『取引』など、公務員を題材にした小説は「小役人シリーズ」と呼ばれる。

2009年映画『アマルフィ 女神の報酬』の脚本に参加する。ただし、脚本としてクレジットはされていない。一方で、本人が気に入っていた初期の原案を元に小説『アマルフィ』を書いた。そのため、小説は映画とは内容が大きく異なる。映画の方の脚本は真保と監督の西谷弘が担当したが、真保自身は、スタッフがロケハンをしてきた資料をもとに話の整合性を整えていく役割だったこともあり、「一人で書き上げたわけではない」「小説家仲間にこれが自分の脚本だとは思われたくない」との理由で辞退し、原作という肩書に留まった[1]

作家としては主に推理小説サスペンス小説を中心に手掛けているが、近年は時代小説経済小説などといった新たなジャンルにも挑戦している。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 連鎖(講談社、1991年9月)のち文庫 ※第37回江戸川乱歩賞
  • 取引(講談社、1992年10月)のち文庫 
  • 震源(講談社、1993年10月)のち文庫 
  • 盗聴(講談社、1994年5月)のち文庫
  • ホワイトアウト(新潮社、1995年9月)のち文庫 ※第17回吉川英治文学新人賞
  • 朽ちた樹々の枝の下で(角川書店、1996年3月)のち講談社文庫 
  • 奪取(講談社、1996年8月)のち文庫 ※第10回山本周五郎賞・第50回日本推理作家協会賞長篇
  • 奇跡の人(角川書店、1997年5月)のち新潮文庫 
  • 防壁(講談社、1997年10月)のち文庫 
  • 密告(講談社、1998年4月)のち文庫 
  • トライアル(文藝春秋、1998年7月)のち文庫 
  • ボーダーライン(集英社、1999年9月)のち文庫 
  • ストロボ(新潮社、2000年4月)のち文庫 
  • 黄金の島(講談社、2001年5月)のち文庫 
  • 夢の工房(講談社、2001年11月)のち文庫 
  • ダイスをころがせ!(毎日新聞社、2002年1月)のち新潮文庫 
  • 発火点(講談社、2002年7月)のち文庫 
  • 誘拐の果実(集英社、2002年11月)のち文庫 
  • 繋がれた明日(朝日新聞社、2003年5月)のち文庫、新潮文庫  
  • クレタ、神々の山へ(岩波書店、2004年6月)「エーゲ海の頂に立つ」集英社文庫
  • 真夜中の神話(文藝春秋、2004年9月)のち文庫 
  • 灰色の北壁(講談社、2005年3月)のち文庫 ※第25回新田次郎文学賞短編集
  • 栄光なき凱旋(小学館、2006年4月)のち文春文庫 
  • 最愛(新潮社、2007年1月)のち文春文庫 
  • 追伸(文藝春秋、2007年9月)のち文庫 
  • 覇王の番人(講談社、2008年10月)のち文庫 
  • アマルフィ(扶桑社、2009年4月)
  • デパートへ行こう!(講談社、2009年8月)
  • ブルー・ゴールド(朝日新聞出版、2010年9月)
  • 天使の報酬(講談社、2010年12月)(外交官黒田康作)
  • 天魔ゆく空(講談社、2011年4月)
  • アンダルシア(講談社、2011年6月)(外交官黒田康作) 
  • 猫背の虎 動乱始末(集英社、2012年4月)
  • ローカル線で行こう!(講談社、2013年2月)
  • 正義を振りかざす君へ(徳間書店、2013年6月)

映画脚本[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ YOMIURI ONLINE 脚本家名ない「アマルフィ」に作家協会抗議 2009年7月17日閲覧