西村健 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西村 健(にしむら けん、1965年7月11日 - )は、日本の小説家福岡県福岡市生まれ。6歳より三池炭鉱のある大牟田市で育つ[1]ラ・サール高等学校[2]東京大学工学部卒業。

大学在学中より、新宿ゴールデン街内藤陳が経営する酒場に通い始める[3]。卒業後、労働省に入省。4年で退職してフリーライターになる。1996年、『ビンゴ』で作家デビュー。

文学賞受賞・候補歴[編集]

  • 1996年 - 『ビンゴ』で第15回日本冒険小説協会大賞(特別部門大賞)受賞
  • 2005年 - 『劫火』で第24回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞。
  • 2008年 - 「点と円」で第61回日本推理作家協会賞(短編部門)候補。
  • 2010年 - 『残火』で第29回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞。
  • 2011年 - 『地の底のヤマ』で第30回日本冒険小説協会大賞(国内部門)受賞、第33回吉川英治文学新人賞受賞。
  • 2012年 - 『地の底のヤマ』で第65回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)候補。福岡県文化賞(奨励部門)受賞。
  • 2014年 - 『ヤマの疾風』で第16回大藪春彦賞受賞。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • ビンゴ(1996年8月 講談社ノベルス / 2001年1月 講談社文庫)
  • 脱出(1997年9月 講談社ノベルス / 2002年7月 講談社文庫)
  • ギャップ(1998年3月 角川書店 / 2012年4月 集英社文庫)
  • 突破(1999年8月 講談社ノベルス / 2003年8月 講談社文庫)
  • あぶく銭(2001年3月 角川書店)
    • 【改題】マネーロワイヤル(2011年4月 集英社文庫)
  • 却火(2005年12月 - 2006年1月 講談社ノベルス【上・下】 / 2007年1月 - 4月 講談社文庫【全4巻】)
  • 笑い犬(2006年9月 スパイス / 2008年6月 講談社文庫)
  • ゆげ福 博多探偵事件ファイル(2009年1月 講談社文庫)
  • 任侠スタッフサービス(2010年4月 集英社文庫)
  • 残火(2010年9月 講談社 / 2012年7月 講談社文庫)
  • 地の底のヤマ(2011年11月 講談社)
  • ヤマの疾風(2013年9月 徳間書店)

ノンフィクション[編集]

  • 霞ヶ関残酷物語(2002年7月 中公新書ラクレ)

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞デジタル:炭鉱の警官、父の謎追う 西村健「地の底のヤマ」
  2. ^ 大牟田市立図書館 - 郷土資料:西村健
  3. ^ 炭鉱の警官、父の謎追う 西村健「地の底のヤマ」